チェ・ミンシク

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ミンシクについて

チェ・ミンシクは、1986年演劇俳優としてスタートした。以後、数多くの作品に出演し人気を集めた。1999年映画『シュリ』では、国内600万人の観客数を動員し、2002年カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した映画『酔画仙』に出演。

翌年2003年『オールド・ボーイ』では、第56回カンヌ国際映画祭、審査委員大賞を受賞する快挙を達成した。海外でも演技力を大きく認められたこの作品によって、国内外多くの賞を総なめにし、彼は大韓民国を代表する演技派俳優の一人となった。

2014年の主演映画『バトル・オーシャン 海上決戦』では、韓国歴代最多となる1900万人の観客動員数を記録した。

基本プロフィール

芸名 チェ・ミンシク (Choi Minsik)
本名 チェ・ミンシク (Choi Minsik)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 男性
身長 177cm
体重 80kg
血液型 B型
誕生日 1962年05月30日 (57歳)
干支
星座 ふたご座

所属

レコード会社
事務所 C-JES エンターテイメント
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・ミンシクの恋人とのエピソードとしては、バレリーナ出身のギム・ファルランとの結婚が話題となっている。

その反響は大きく、2010年に放送された『一夜のTV芸能』では「スターよりもスターのような配偶者」の第1位に選ばれた。

2004年の映画『オールド・ボーイ』でチェ・ミンシクがカンヌ国際映画祭に招待され、ギム・ファルランが同行して注目を集めた。このように チェ・ミンシクとギム・ファルラン夫婦は、公式の場にしばしば同行して、格別な夫婦愛を見せている。

好きなタイプ

チェ・ミンシクの好みのタイプは、少女時代であり、熱血的ファンであると述べている。

2012年に放送されたSBS『ヒーリングキャンプ』では、イ・ヒョリ、ハン・ヘジンなどを押しのけて最終的には少女時代を選択した。

本人曰く、「少女時代は本当に健康的だ。9人が出てきてくれて良かった。」と述べ、少女時代を見ていればハッピーになると、おじさんファンであることを公表した。

性格

チェ・ミンシクの性格については、俳優業にプライドを持ち、熱く行動力のある性格である。

スクリーンクォータ闘争当時、彼は20カ所の講演に通いながら、人々と論争を繰り広げ、1人でデモを繰り広げることもあった。また、政府からもらった勲章を返上し、話題になったこともある。時には、記者会見場のカメラの前で鬱憤を吐き、感情的になる場面もあった。

このように、なぜあんなに損をする行動をするのかと思わせるほど、彼は行動主義者である。同時に彼はミスについてもしっかりと反省する。

あるインタビューで彼は、一時、大衆の非難を受けた広告出演について「よくよく考えて見ると、私が悪かったのだ。俳優が広告一つの選択においてどれほど慎重に判断すべきかを悟るきっかけになった。」と述べている。

彼は、「演技は人間を表現するものであると考えている。演者とは、人間の暮らや人生を表現するということだ。」と自論を語っている。

趣味

チェ・ミンシクの趣味は、人に会うことである。特にお気に入りのアックジョンロデオ通りのケーキ屋で、知人とあって時間を過ごすことが好きだと述べている。

2013年のインタビューでは、「ここで人と会って一日を送っていると、時間が過ぎていくのにも気が付かないくらいだ。多様な人々と会って、話を交わしてみると、心配事が消える。」と語っている。

特技

デビュー前の経歴

チェ・ミンシクのデビュー前の経歴としては、高等学校3年生の時、劇団「根」に研究団員として入団。ハ・ギルジョン監督の映画にひかれて俳優を夢見ていた。

その後、東国大学演劇映画科に進学して本格的に演技の勉強を開始し、「その時、演技の基本だけではなく、演者としての人格も同時に学んだ。私は演劇によって人格を学んだのだ。演者としてどのような態度や資質を備えなければならないかを習った。」と当時を回想をしている。

そして大学時代の師匠であるアン・ミンス教授は、主に演技するにあたって、精神的支えとなってくれた。時にはお酒を飲みすぎて肺炎になってしまったチェ・ミンシクに、「まるで俳優の資格がない。」とこっぴどく叱り、涙を流したという過去もある。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1人
出生国
出生地域
高校 大一高等學校
大学 東國大學校演劇映画科

解散・引退について

周囲からの評判

チェ・ミンシクの周囲からの評判としては、映画『沈黙』で同じく主演を演じたパク・シネ、リュ・ジュンヨルがお互いの撮影時の様子について語っている。

撮影当時、チェ・ミンシクはリュ・ジュンヨルの演技を見て、感動に満ち溢れたと述べ、「彼は、枠組みにとらわれずに、柔軟性を帯びている。自分が彼と同じ年であったときには、あれほど柔軟だったかと思うほどうまい。」と賞賛を惜しまなかった。

整形

チェ・ミンシクの整形の噂は特にない。

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る