チェ・テジュン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・テジュンについて

チェ・テジュンは、20001年SBSドラマ『ピアノ』で演技デビュー。その後、学業に専念するため活動を中断していたが、再び演技に目覚め活動を再開する。

映画『ペースメーカー』(2011年)、ドラマ『ドラマの帝王』(2012年)、『大風水』(2012 年)などで知名度は上がり、ドラマ『愚か者注意報』(2013年)で主演を演じ、その高い表現力で人気俳優となった。

2014年ドラマ『母の庭園』で、MBC演技大賞新人賞を受賞。子役から培ってきた高い演技力に基づいて、無感情、涼しい印象と、気立てが優しい少年のイメージが共存するという評価を受けている。トーク力もあり、2016年芸能プログラム『アンニョンハセヨ』で固定MCとして活躍している。

基本プロフィール

芸名 チェ・テジュン (Choi Taejoon)
本名 チェ・テジュン (Choi Taejoon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 183cm
体重 68kg
血液型 O型
誕生日 1991年07月07日 (29歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 Huayibrothers Korea

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・テジュンの恋人とのエピソードは、2017年4月、女優パク・シネとの熱愛説が報じられた。2人は4月に一緒に海外旅行に行っており、5月には国内の樹木園でのデートが目撃されている。

だが、双方の事務所は熱愛説を否定。パク・シネの所属事務所は、「パク・シネとチェ・テジュンが大学の先輩・後輩の間柄で、古くから親交があった。熱愛は事実無根だ」との立場を明らかにした。

チェ・テジュン側関係者も「二人が大学の卒業生で親交があった。付き合うなどの報道は、事実ではない」と熱愛疑惑を一蹴した。パク・シネとチェ・テジュンは中央大学演劇学科の卒業生の間でも知られている。

しかし2018年に、2人は公式に熱愛中であることを明らかにした。事務所によれば、2人は2017年末から交際を始めたとされており、「最近交際をスタートさせた2人をあたたかく愛情深い視線で見守って下さればありがたい」と述べている。

好きなタイプ

チェ・テジュンの好みのタイプは、ありのままの自分の姿を愛してくれる人が理想であると語っている。

本人曰く、恋愛をすると、相手の性格と趣向に合わせるために、自分の本来の姿を見失ってしまい、後々苦しむことになると過去の経験を語った。

そのため、最初からリラックスができて、会話がよく通じて、共感できる人が理想であると述べている。

性格

チェ・テジュンの性格は、自分に無いものは受け入れようと努力して、アドバイスや助言も謙虚に習得しようとする人物である。

また、本人曰く「自分の性格は、全てにおいて肯定的であること」と語る。ファンたちが残した書き込みや手紙を読み、自分では気づかないことを吸収できる瞬間が最も嬉しいと語っている。

さらに、現場においても、多くの先輩俳優の演技を見て学習し、将来的には誰からも信頼されるような俳優になることが目標であると語った。

加えて、彼は他人を配慮し、誰よりも人間関係を大切にする。そのため、作品に一緒に出演した仲間たちとの縁を大切に思っている。2017年のインタビューでは、「縁を大切に考えています。だから、先に連絡することも気兼ねがない。いきなり電話してご飯食べたのかと聞き。突然会う約束をしたりする。」とフレンドリーな一面を見せている。

趣味

チェ・テジュンの趣味は、サッカーである。2017年の『豆柴脱出カルトショー』では、「私は寝なければいけない時間になっても、サッカーの試合を見て眠れない。眠いのにプレミアリーグを必ず見る」と、サッカー中心の生活を明らかにした。

これに対して、『アンニョンハセヨ』で共演していたチョン・チャンウは、「チェ・テジュンが収録の際に居眠りをしていた。 お互いに居眠りしたら一緒に殴って指摘し合った。」と現場の様子を暴露した。

特技

チェ・テジュンの特技はモノマネである。その腕は芸能界でも有名であり、さまざまな番組でモノマネを披露している。

2016年放送された、KBS 2TV 『ハッピートゥゲザー3』では、イ・ソンギュンのモノマネをして、観客からは驚きの声があがった。

さらに、ユ・アインの授賞式のシーンや、ジコ(ZICO)のモノマネを披露し、本人にそっくりであると称えられた。

デビュー前の経歴

チェ・テジュンのデビュー前の経歴としては、SBSドラマ『ピアノ』でチョ・インソンの子役を引き受けて演技を初めて披露した。

その後『マジックキッドマスリ』などのドラマにも出演し、子役俳優を続けたが、学校の友達から芸能人として扱われていることが嫌で、子役俳優活動を中断する。

しかし、俳優キム・ミョンミンのドキュメンタリーを見たことがきっかけとなり、演技に対する情熱が復活し、俳優の夢を再び見るようになった。

そして、幾つかの企画会社からキャスティングの提案がきていたが、本人の希望に沿うものが無く、断っていた。最終的に、憧れていたキム・ミョンミンの企画会社からラブコールを受けて、キム・ミョンミンの指導の下、再び演技生活を始めることになる。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人
高校 國立傳統藝術高等學校
大学 中央大學校演劇学科

周囲からの評判

チェ・テジュンの周囲からの評判としては、ドラマ『怪しいパートナー』で一緒に出演した俳優チ・チャンウクが彼について幾つか言及している。

二人は仲が良く、お互いに趣味がよく似ており、運動と食べることが好きだと語っている。また、チ・チャンウクが入隊してしまったため、チェ・テジュンは『怪しいパートナー』を見て、寂しさを紛らわすと述べている。

2017年自身のVライブでは、「軍隊に行ったチ・チャンウクに会いたい。チ・チャンウク宛てに陸軍電子手紙を書いたけど、あまりにもファンたちが多くて、無事に届いたか分からない。面会も行きたい。」とチ・チャンウクに対する格別の愛情を表し、注目を集めた。

整形

チェ・テジュンの整形の噂は特にない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る