チェ・スジョン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・スジョンについて

チェ・スジョンは、韓国の俳優である。1987年、KBS韓国放送公社 TVドラマ『愛が花咲く木』で、KBS特別採用演技者としてデビュー。1988年には映画『青春パンチ』の主演を務め映画俳優としてもデビューした。

1996年に主演した『初恋』では最高視聴率65.8%を記録し、トップスターへの道を一気に駆け上がっていく。2000年に出演した『太祖王建』は最高視聴率60.2%を記録する大ヒットドラマとなり、2001年KBS演技大賞を受賞する。2000年代は時代劇で活躍をし「韓流時代劇王」と評されるほどである。

基本プロフィール

芸名 チェ・スジョン (Choi Sujong)
本名 チェ・スジョン (Choi Sujong)
国籍 韓国
性別 男性
身長 174cm
体重 68kg
血液型 B型
誕生日 1962年12月28日 (57歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 The Pro Actors

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ハ・ヒラとチェ・スジョンは、ドラマでの共演も多く仲が良かったため、交際の始まりがいつかは不明だが、「大学卒業時は交際していると感じた」とインタビューに答えた。二人は1993年結婚した。

チェ・スジョンは長年の恋愛の末、1993年に女優ハ・ヒラと結婚。二人の間には一男一女が誕生しており、妻のハ・ヒラとは現在もおしどり夫婦として有名である。記念日ごとに、いつもイベントを開催するほどであり、愛妻家の模範となっている。

番組で妻を大切にする理由の一つとして、ハ・ヒラの4度の流産を挙げた。また、夫婦円満でいる秘訣は「互いに配慮する心である」と述べている。

その一つの例として、夫婦の間ではお互いに敬語を使っているらしく、社会人としてお互いに尊重し合っているそうだ。自身のインスタグラムでも変わらぬ愛情を誇示し続けている。

好きなタイプ

チェ・スジョン自身の理想は不明だが、チェ・スジョンは、数多くの女性から理想の男性として挙げられることが多い。女優ミン・ジヨンは「鹿のような瞳が魅力。赤銅色の肌が本当にセクシーである」と述べている。

また、歌手ワックスは「一人の女性だけを見つめてくれる素敵な男性は、女性たちは皆好きだ」と、女優キム・ハヌルは「どこにもとどまらない俳優」、歌手パク・チョンアは「チェ・スジョン先輩がいい。本当によくしてくださるともっぱらの評判だ」と、多くの女性からの支持を得ている。

妻を一途に思い大切にしている彼の態度が、女性たちの高い評価を得ている理由の一つであろう。

性格

チェ・スジョンは、常に撮影現場のムードメーカーであり、時代劇という重いジャンルを撮影するときでも、現場の雰囲気は和気あいあいとしている。初めて共演する後輩がいるときは、できるだけ楽にしてあげようと努力しているそうだ。

普段は、あまり怒ることはないが、サッカーをするときだけは、勝負欲が強くなることを本人も認めている。息子と一緒にサッカーするときは息子も勝負欲を見せ「親子とも本当に似ている」と言われたそうだ。

チェ・スジョンは、ドラマ『野望の伝説』を撮るときに閉所恐怖症のため、長い期間苦労したという。映画館に行っても、まともに映画を見れないほどなのだそう。

苦労した甲斐もあり『野望の伝説』を通じて、1998年演技大賞、1999年百想芸術大賞最優秀演技賞を受賞する。

また、チェ・スジョンは奉仕精神の強い人物であり、ボランティア活動に多く参加している。「演技者になって、誰かを助けることができるようになったのがとても良かった。何百ウォンのお金すらなく、食事をできずに餓死する子供たちが世界のあちこちにあまりにも多い。そのようなことを知って欲しい」と語っている。

趣味

チェ・スジョンとハ・ヒラ夫婦の共通の趣味がボーリングである。仲間の俳優と共によく小規模でボーリングをしていると明言している。SNSを通じて、ボーリングデートの様子が度々公開される。

2016年のチェ・スジョンのインスタグラムには「ボーリングの定期会合」という書き込みとともにチェ・スジョンと妻ハ・ヒラ、仲間の俳優たちが、ボーリング場で明るい笑みを浮かべて記念写真を撮っている姿が載っている。共通の趣味も幸せな夫婦生活に必要な要素なのであろう。

特技

「チェ・スジョンの運動神経は良い」というのは広く知られている。運動神経が卓越している点も、彼が時代劇で将軍役によくキャスティングされている理由の一つである。

若いころサッカー選手を夢みており、芸能界のなかでもサッカーの実力が突出している人物として知られている。チームを組んでサッカーをする姿がよく見られる。

「サッカーが信じられないほど好きである。午前4時までの撮影後、ぴったり1時間だけ寝て、すぐに練習着を身に着けてサッカーをするほどだ」とチェ・スジョンは述べている。

優れた運動神経を持つため、韓国俳優のなかでも、乗馬の実力が五本の指に入るレベルであるという噂もある。

デビュー前の経歴

チェ・スジョンの父はパク・チョンヒ大統領時代に大統領府で働いていた高級公務員であり、チェ・スジョンは子供のころからかなり裕福であった。両親とも仲が良く、父がいつも家事を手作って、母とよく抱擁する姿を見ていたことから、両親を人生のロールモデルにしたという。

彼の父は公務員を辞めた後、パラグアイで事業を開始する。仕事のために、家族全員が現地へ行く予定だったが、当時高校生だったチェ・スジョンと姉は学業のために韓国に残った。その後チェ・スジョンは、米国の大学に留学に行く機会を得て、米国で生活をしていた。

しかし、父親の事業が詐欺に遭い、大きな借金を負うこととなる。その衝撃で、父も亡くなってしまう。すべてを投げ出して帰国することとなったチェ・スジョンは、生活のために片っ端から仕事をし、女子高生の課外バイトもした。

驚くべきことに、その女子高生の父親がKBS芸能局局長であった。チェ・スジョンの外見に目を付けた芸能局局長は、チェ・スジョンに俳優を勧めた。そのデビュー作が1987年の『愛が花咲く樹』だ。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人、姉1人、弟1人
高校 培明高等學校
大学 米国 コロラド州州立大学経営学科短期属性コース修了(1982)/米国カリフォルニア州立サンノゼ大学電算工学短期属性コース修了(1983)延世大学校行政大学院行政政策過程修了(1994)/高麗大学コンピュータ科学技術大学院上級科学政策過程修了(1995)

周囲からの評判

2007年8月にドラマ『大祚榮』を撮影中だったチェ・スジョンに、学歴偽造疑惑が報じられ、ネットユーザーたちは怒りをあらわにした。チェ・スジョンは1981年に韓国外大貿易学科を卒業したことで知られていたが、学校側に確認した結果、実際にはその事実がなかったことが明らかになったのだ。

事態が深刻になると、2007年8月、所属事務所ソフトランドは「チェ・スジョンは、韓国外大貿易学科に受験して合格をしたが、家庭の事情により登録していなかった」とし、「チェ・スジョンは、これまで学歴で恩恵を得たこともなく、外大を卒業したと直接言及をしたこともない」と釈明した。

続けて「チェ・スジョンの学歴を正しく確認せずに、各ポータルサイトに一方的に登録記載されたことに対応していなかった」と言及した。

整形

チェ・スジョンには目の整形の噂がある。

関連するアーティストを見る