チェ・ジェファン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ジェファンについて

チェ・ジェファンは、韓国の俳優である。

全羅北道高敞出身で、高校を卒業した直後に、ソウルに上京した。演技学院に通いながら、アルバイトをし、カメラの前に立ってきた。若いころから活動していたため、同年代の他の俳優とは比較にならないほど、多くの出演作を持っている。これまで100編のTVドラマや、映画で、補助出演者や端役、助演を行き来し、キャリアを着々と積み上げてきた。

『魔王』(2007年)、『パスタ-恋が出来るまで-』(2010年)、『ホグの愛』(2015年)、『匂いを見る少女』(2015年)などが、彼が出演ドラマとして挙げられる。

基本プロフィール

芸名 チェ・ジェファン (Choi Jaehwan)
本名 チェ・ジェファン (Choi Jaehwan)
国籍 韓国
性別 男性
身長 173cm
体重 64kg
血液型 B型
誕生日 1983年07月15日 (37歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 J WIDE-COMPANY

好きなタイプ

2010年に放送されたKBS2TV『スターゴールデンベル』の出演者カン・ジヨンが、チェ・ジェファンを理想の男性として挙げている。

ジヨンは、「ハンサムで一緒にいると、楽しい人がいい」と述べた。またその際、KARAのメンバーであるク・ハラもジェファンを理想の男性として挙げ、注目を集めた。

ジェファンは、「賞を受賞したようだ。次は、いつこのような日がいるだろうか」と笑みを浮かべた。続けて「2人の中で、どちらが良いか」という質問に対して、「ク・ハラさんが良い」と答えた。

性格

チェ・ジェファンは、努力家である。「有名な俳優よりも、演技のうまい俳優になりたい」と語っており、演技に対して、努力を惜しまない。

2009年のインタビューでは、「役に、こだわりはないです。 ただし、1%の出演分量でも、一緒に演技する俳優たちと、最上の呼吸を合わせるための努力を怠らないようにします。主演であれ、助演であれ、端役であれ、前座であれ、渾身の演技を尽くして、良い作品を作り出したい、という気持ちがあるからです。私は、いつも配役を十分に全うできる、演技者になろうとします」と語っている。

また、「俳優という仕事に就かなかったら、保険や販売関係の仕事をしているだろう」とも述べている。人と話をするのが好きで、販売しようとする、商品の最大の魅力をすべて表現することができる自信があるそうだ。これは、俳優という仕事にも通じるものがある。観客に、作品の魅力を販売しなければならないためだ。そのような彼の長所が、俳優としても生きているのであろう。

ドラマ『パスタ』で演じた、とんまな役柄は、ジェファンの性格と正反対だという。実際には、無口で無愛想で、誰よりも現実的な人であるそうだ。自分のことを「面白味のない人間である」とも語っている。

趣味

チェ・ジェファンの現在の趣味は、不明である。しかし、幼少時代には、運動をよくしていたという。

小さい頃の夢は、サッカー選手であった。高校に進学すると、運動選手よりも、審判にならなければならないと、考えたこともあったようだ。

特技

チェ・ジェファンの特技は、釣りである。SNS上で、船上の釣り写真が、公開されたこともある。ジェファンが、最上級の赤いホヤを、まだ釣り針も引き出していなかった状態で持ち上げており、生々しい臨場感が表れていた。

2016年のインタビューでは、「今まで釣ったことのない魚種は、スズキだ。今年こそ釣ってみたい。今は忙しくて、釣りにあまり行けてない」と話している。

デビュー前の経歴

チェ・ジェファンは、全羅北道高敞のとある田舎町で、タクシーを運転する父と母の間で、2男2女中の末っ子として生まれた。

両親が、ただ大学に進学して、卒業して、平凡な家庭を築いていく息子であることを望んだため、初めて演技をすると言った時は、両親の反対がひどかったという。そのため、30万ウォンを持って、俳優になるという夢を胸に、ソウルに上京した。

寝ることだけの賃貸の部屋を探して、演技塾に登録し、授業料を工面するため、昼にはタッカルビの家で、夜にはビアホールでと、ハードなアルバイト生活を始めた。

いつも塾には人より2時間早く来て、一人で練習にまい進し、夢に向けた調整を継続していった。 そこで初めて獲得した配役が、2002年の青春コメディドラマ『ノンストップ3』のセリフもない、前座であった。

「自分がTVに出演するという事実だけでも、嬉しかった。演技者として、新しい出発をすることになるんだなと思って、胸がいっぱいだった」と、当時を回想している。その後、何本も映画の前座をするようになったジェファンに、きちんと演技者として、姿を披露できるチャンスが回ってきた。

それが、 2004年に公開された映画『マルチュク青春通り』であった。それ以降、彼は、演技者の道を着実に進んでいくこととなる。

出身・家族・学歴

兄弟 兄2人、姉1人

周囲からの評判

チェ・ジェファンのロールモデルは、俳優兼歌手のイム・チャンジョンである。「イム先輩の「焼酒一杯」のミュージックビデオに、端役で出演する機会があった。当時、撮影場で会ったイム先輩は、コミカルさはなく、強烈なフォースで私を圧倒し、会った瞬間、時間が止まったかのように、周囲にある小さな音も聞こえなかった。その日からイム先輩は、私が最も似たい俳優として、心の中に刻まれた。機会が与えられたら、必ずイム先輩と共に、作品に出てみたい。作品がなくても、お酒を一杯飲んで、飲みながら人生相談をしたい」と語っている。

そのためか、チャンジョンの演技とジェファンの演技が、どことなく似かよっている印象を受けることもある。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る