チェ・ジェソン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ジェソンについて

チェ・ジェソンは、1982年演劇俳優としてデビューをし、1983年KBS韓国放送公社公開採用タレント10期として正式デビューした。

以後、MBC『黎明の瞳』、SBS『勝負師』など複数のドラマに出演。1986年の『恐怖の外人野球団』で映画デビューした。その後、大鐘賞新人賞、百想芸術大賞TV部門演技賞を受賞した。

2010年KBS『キム・マンドク』、2012年KBS『大王の夢 王たちの戦争』、2014年KBS2『朝鮮ガンマン』などの時代劇にも多く出演しており、重厚で存在感のある演技を見せている。

基本プロフィール

芸名 チェ・ジェソン (Choi Jaesung)
本名 チェ・ジェソン (Choi Jaesung)
国籍 韓国
性別 男性
身長 175cm
体重 68kg
血液型 O型
誕生日 1964年11月18日 (55歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 R'S COMPANY

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・ジェソンの恋人とのエピソードについては、歌手のファン・セオクとの結婚が報じられている。

現在では、2男1女の子宝にも恵まれ、2009年のインタビューでは、「怖い父親ではないです。 少しずつ良い父親になろうと努力しています。子供たちと旅行に行く時間や、子供たちを思う気持ちが必要である。」と子育てについて語っている。

また、「子供が思春期を過ぎ、成人になって自らの判断で演者になりたいとすれば、積極的に後押しするつもりだ。」と話している。

性格

チェ・ジェソンの性格は、「タフガイ」の代名詞とも言われるほど、気持ちの強い俳優である。

そのため、アクションシーンや個性の強い役が多く、そのほとんどが自分と類似していると語っている。

jTBC水木ドラマ『天地人』の製作発表会では「強さは、力や腕力を意味するわけではない。自分の中に軸があることが真の強さだと思う。 」自分なりの強さについて語っている。

また、2009年のインタビューでは「年を取るにつれて自らの判断が100%正しい訳ではないと気付いた。他の人たちの意見も聞くことが必要である。」と他人と協同する事の大切さを述べている。

趣味

チェ・ジェソンの趣味は、ボクシングであり、日頃からジムに通っている。

しかし、毎日撮影のスケジュールに追われ、なかなか好きなボクシングをできない時は、体がむずむずして耐えられないと明かしている。

特技

チェ・ジェソンの特技は、趣味と同じくボクシングであり、アマチュアボクシング選手の資格を有するほどの実力の持ち主である。

また、2014年MBC『黄金漁場-ラジオスター』では、「芸能界のファイターランキング」で4位にランクインした。

さらに、ボクシング界の著名人と厚い親交があり、ペク・インチョル、ユ・ミョンウ、ピョン・ジョンイル、チェ・ヨンスなど往年や現役プロボクシング世界チャンピオンと交流関係もある。

デビュー前の経歴

チェ・ジェソンのデビュー前の経歴としては、中高等学校時代に運動のためにボクシングを始め、次第にボクシングが好きになり、将来は選手を夢見ていた。

その結果、ドラマ『高校生日記』ではボクシング選手の役で注目を浴びるなど、80年代半ばから90年代半ばまでの約10年は、アクションシーンを中心に演技を磨き、若い頃のボクシング経験が役に立ったと後に語っている。

また、彼の経験からボクシング体育館の社長を務めたこともある。現在も暇さえあれば体育館に行って、後輩たちを励ましている。

出身・家族・学歴

高校 尙文高等學校
大学 ソウル芸術大学 放送芸能学科卒業/江南大学 図書館学科卒業/嘉泉大学 経営大学院卒業

周囲からの評判

チェ・ジェソンの周囲からの評判としては、1980年代のドラマ『黎明の瞳』を通じて最高のタフガイとして称されている。

若い頃は、ハンサムながらも強い個性で注目を受け、同ドラマの視聴率は58%にも昇った。 本人曰く、「『黎明の瞳』という作品を通して、自分に自信を持つことができた。」と話している。

また当時は「韓国のジェームズ・ディーン」と称され、青春スターの一人として活躍した。

整形

チェ・ジェソンの整形の噂は特にない。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る