チェ・ギュファン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ギュファンについて

チェ・ギュファンは、舞台俳優チェ・ジュボンの息子であり、二世俳優として名前が知られている。現在は、その高い演技力が認められ数々のドラマや映画で活躍している。

1998年に演劇俳優としてデビューし、2年後の2000年に映画『戻る耳』で映画初出演。優れた演技力をベースに、その後KBS『大王の夢』、TV朝鮮『炎の中へ』など数多くの映画やドラマに出演。

映画を学ぶために日本に留学した経験があり、日本映画『黄金を抱いて飛べ』にも出演した。劇中では、東方神起のチャンミンと並んで映画に出演した。

基本プロフィール

芸名 チェ・ギュファン (Choi Kyuhwan)
本名 チェ・ギュファン (Choi Kyuhwan)
国籍 韓国
性別 男性
身長 184cm
血液型 A型
誕生日 1978年06月26日 (42歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 オルバンワークス イーエンティ

好きなタイプ

チェ・ギュファンの好みのタイプは、女優の広末涼子のようなタイプである。

本人曰く、結婚適齢期は過ぎたが、独身主義ではなく、結婚願望はあるという。また、会話のトーンが合う人が理想であるとも語った。

性格

チェ・ギュファンの性格は、演技に対する熱い情熱を持っており、現状に満足せずに努力を積み重ねる人物である。

インタビューでは、「仕事をしながら、疲れてうんざりする時はあるが、一度も演技を放棄したいという気持ちはなかった。」と語っている。

また、「自分の演技を見ながら満足したことは一度もない。 いつも恥ずかしくて不快だった。 将来は、自分の演技を見ながら楽しむことができるようにしたい。」とし、自身の目標を述べている。

趣味

チェ・ギュファンの趣味は、登山である。また、釣りや、ランニングも好きで、よく外に出かけると述べた。

日本に訪問した際には、沖縄にも足を運び、透明な海の中の熱帯魚を見て、感動し、フリーダイビングの練習も始めたほど、アクティブに活動している。

特技

チェ・ギュファンの特技は、年末や年明けに自分の遺書を作成することである。やや不思議な特技ではあるが、自分自身を思い返すいいタイミングだと語っている。

内容には、「一瞬も後悔するような選択をしたことがなく、真っ向から人生を生きたので、あまり悲しまないで。」といった内容を記載している。

また、遺書を書く際には、感謝すべき人々を思い浮かべ、ありがとうと気持ちを込めながら書き綴るという。

デビュー前の経歴

チェ・ギュファンのデビュー前の経歴としては、1978年生まれで、俳優チェ・ジュボンの息子である。もともと演技に親しみやすい環境にいたため、中央大校で演劇映画を専攻し、多くの演劇舞台に上がり、演技力を固めた。

しかし、彼は父の後光に依存せず、自分の努力と演技を展開するため、最善を尽くした。
当時から、「担任の先生にチェ・ジュボンの息子として注目された。幼い頃はそれがストレスであった。同じことを何回も聞いてきたりするのが嫌だった」と語っている。

だが、父親に対しては「俳優になるきっかけは、父親を通じてである。幼い頃から慣れた環境であり、価値観を得ることができた。」とも語っている。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人
高校 宣德高等學校
大学 中央大学演劇学科

周囲からの評判

チェ・ギュファンの周囲からの評判としては、中央大学演劇学科の同期である、映画『ローラーコースター』で監督を務めたハ・ジョンウとの信頼関係が報じられている。

ハ・ジョンウもチェ・ギュファンと同じく父親が有名人であり、二世芸能人である。二人は、日頃から良い映画があれば、互いにおすすめし合うなど、有名になるために切磋琢磨していた。

学校の語学研修でニューヨークへ一緒に行った際も、リンカーンセンターの前でタバコを吸いながら「いつか映画でまたこの場所に戻って来よう。僕たちだけの新しい時代を切り開こう。」という会話をし、お互いに監督、俳優として成功し、夢を叶えようと誓い合った。

整形

チェ・ギュファンの整形の噂は特にない。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る