チェ・ウヒョク

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ウヒョクについて

チェ・ウヒョクは、韓国のミュージカル俳優である。2015年11月に、ミュージカル『フランケンシュタイン』のアンリ・ デュプレ役で、デビューした。

1000倍にもなる、熾烈な競争を勝ち抜いて『フランケンシュタイン』のオーディションに合格したため、「怪物新人」と呼ばれた。その後、2016年『ALL SHOOK UPオール・シュック・アップ』、2017年『どん底』、2017年『ベンハー』などの演劇作品に、休むことなく出演している。

2016年には、日本でのコンサートも開催した。国内外で、将来が期待されている、大型新人である。

基本プロフィール

芸名 チェ・ウヒョク (Choi Woohyeok)
本名 チェ・ウヒョク (Choi Woohyeok)
国籍 韓国
性別 男性
身長 182cm
血液型 A型
誕生日 1993年06月11日 (27歳)
干支
星座 ふたご座

性格

チェ・ウヒョクは、はっきりと物事を言う性格である。いやならいやだ、良ければ良いと表現する。それで時々誤解を受けるが、ミュージカルをしてから、もっと深刻になったようだ。

『ALL SHOOK UPオール・シュック・アップ』で、ワン・ヨンボム演出家は、当時のウヒョクに向かって、「新人らしくない度胸と歌唱力が、ただの生まれつきのものではなかった。努力派である」とし、「面倒なくらい粘り強く質問して、分析する。演出家として、このような俳優と一緒に作品を作るのは、とても大きな幸運である」と喜んでいた。また、「新人であるから、もう少し見守らなければならないが、新人だが根性が並はずれており、毒気もある」と、ウヒョクを賞賛した。

『フランケンシュタイン』のオーディションに合格した当初は、歌を始めて約1年ほどで、踊りはまったく踊れなかったそうだ。デビューした後も、「韓国には、歌が上手な人が、こんなにも多いとは知らなかった。今は、学ぶことがたくさんある」と話した。今の自分に満足せず、歌やダンス、演技の勉強を惜しみなく行っている、努力家である。

趣味

チェ・ウヒョクの趣味は、ミュージカル公演観覧である。

特技

チェ・ウヒョクは、父親の勧めでボクシングを始め、中高校生時代は、ボクシングに熱中していた。高校時代は、プロボクサーを目指していたが、先輩であり、ロールモデルであった、チェ・ヨサム選手が、試合中に脳死状態に陥り、心が揺れたという。

訓練中にもあちこちに負傷を負い、結局ボクシングは止めたそうだ。『フランケンシュタイン』のオーディションで、ダンスを踊ってみなさいという指示を受けたが、踊りを踊ることができないので、歌に合わせてボクシングの動作をしたというエピソードがある。

デビュー前の経歴

チェ・ウヒョクの幼い頃は、姉と2人で絵を描いたり、お菓子を作るなど、おとなしい姿を見せていた。そのため、父親がボクシングを学ぶようにさせたという。

高校時代はプロボクサーを目指していたが、結局その夢は諦め、体育教師を目標にして、体育大学入試の準備する。しかし、ホン・サンス監督のもとで働いていた、親戚のお兄さんの勧誘で、東国大演劇映画科に入学する。

2013年、ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』で見た、イ・ゴンミョンに衝撃を受け、ミュージカル俳優を目指すようになった。彼の夢を母は応援していたが、父親は、不満に思っていた。デビュー作『フランケンシュタイン』初演の時も見に来なかったそうだが、実は密かに、遠い所で見ていたという。

様々なバイトを転々としながら、歌を習いに通い、2014年の『フランケンシュタイン』の初演映像をYouTubeで見て、演技の訓練を欠かさず行った。紆余曲折の末、1000倍にもなる倍率をかいくぐり、『フランケンシュタイン』のオーディションに、見事合格する。

この当時、歌を始めて約1年ほどで、踊りはまったく踊れなかったそうだ。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1人
大学 東国大学校演劇映画科

周囲からの評判

チェ・ウヒョクのボイスは、とても魅力的である。幼い年齢と外見で、当然より明るいトーンの声を考えていた観客が、思ったより声が低く、重厚であり、その新鮮さに衝撃を受けたようだ。

また、「ハン・ジサン俳優の声と似ている」という評価も多数あり、ジサン俳優に沿って練習した影響が、大きいのではないかという推測も出回った。ところが彼は、「俳優になる前は、自分の声が嫌だった」と告白している。低い声のために、生意気という声をたくさん聞いたそうだ。

俳優になった後は、むしろ自分の声に助けられており、年に合わない役割も、声の雰囲気がカバーをしてくれる所があるようである。

整形

なし

関連するアーティストを見る