チュ・ヒョン

韓国の俳優・韓流スター

チュ・ヒョンについて

チュ・ヒョンは、1970年のKBSドラマ『ベトナム戦争』でデビューした、韓国の俳優である。

俳優歴45年超えのベテラン俳優であり、デビュー当時は、反共ドラマと時代劇によく出演していた。しかし、1990年を前後して、家庭的な役柄を請け負う、俳優のイメージが強まった。

1990年のKBS2ドラマ『ソウル 土鍋』で、独特な口調で言う「コルランヨ~」という方言を流行させ、1991年第27回百想芸術大賞人気賞を受賞する。2004年の映画『ファミリー』での名演技により、第50回アジア太平洋映画祭男優主演賞を受賞し、地道な「父」としてのイメージを大衆に広めた。

その後も、多くのの作品に出演し、活躍している。

基本プロフィール

芸名 チュ・ヒョン (Joo Hyun)
本名 チュ・イルチュン (Joo Ilchun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 100kg
血液型 O型
誕生日 1941年03月01日 (79歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 faith エンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チュ・ヒョンは結婚しており、1男1女の子供がいる。

家庭のお金の管理は、妻に任せているが、妻が高価なものを買ってくると、「どうしてそんなに高いのか」とケンカをすることもあるそうだ。

ヒョンの娘は、漢陽演劇科を卒業し、しばらく演技活動をしていたそうだが、結婚を期に辞めさせたという。ヒョンは、「娘は、才能も実力もあったが、若くして演技をしていると、不満が多くなる。なので、娘に『演技をしたいなら、子育てをした後でも遅くはない』と諭した」と述べている。

息子も、背丈が190cmの良い外見であるが、残念ながら、芸能界には興味はないようである。

性格

チュ・ヒョンは、人と人とのつながりを何よりも大切にする人物である。インタビューで、自身の人生を次のように語っている。「私が今まで生きている中で、良い友達をたくさん作ることが、人生の中の最大のやりがいでした。お金も、一人で使うのではなく、一緒に使って、楽しんでいる時に価値があるのです」と話した。

「自分を分かってくれる人が必要であり、人生は、人に恵まれてこそ価値がある」という、人生観を述べている。良い仲間に囲まれていることが、彼の人生を豊かにしているようだ。

また、「若くして必要であるのは、勉強であり、苦労である」とも述べている。苦労や失敗なしに、成功した人はどこにもいないとして、彼は現在も、作品活動を休むことなく、活発に続けている。

趣味

チュ・ヒョンの趣味は、ゴルフと水泳である。

出身・家族・学歴

大学 建国大学校

周囲からの評判

チュ・ヒョンが、1990年の『ソウル土鍋』で言っていた、「アジョシ~コルランヨ」という京畿道の方言が、流行語として流行った。

当時、コメディアンと人気芸能人たちの間で、「チュ・ヒョン声帯模写」をすることが、流行になった。 彼は、この作品で、1991年第27回百想芸術大賞人気賞を受賞した。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る