クリス・タッカー

クリス・タッカーについて

アメリカ出身の俳優、スタンダップ・コメディアン。

1990年代初期から、コメディアンとして活動を開始する。1994年に公開された映画「クレイジー+ファンキー+ハイパー+パワービート」でデビュー。日本では、俳優ジャッキー・チェンと共演した「ラッシュ・アワー」シリーズのジェームズ・カーター刑事役でお馴染みである。他にも「フィフス・エレメント」や「ジャッキー・ブラウン」「世界にひとつのプレイブック」等にも出演している。

基本プロフィール

芸名 クリス・タッカー (Chris Tucker)
本名 クリストファー・タッカー (Christoper Tucker)
ニックネーム
国籍 アメリカ合衆国
性別 男性
身長 185cm
血液型
誕生日 1971年08月31日 (48歳)
干支
星座 おとめ座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年
デビュー年 1988

好きなタイプ

好きなタイプについては、メディアで言及していない。

彼はこれまでに女優のニナ・ロング、ヴァネッサ・メンドーザ、インディア・アリー、プロデューサーのジリア・アズレスらと交際の噂があった。彼はアジャ・プライヤー(詳細不明)と結婚し、長男を授かるも離婚。ティーンエイジャーになった息子とは良好な関係を築いており、定期的に訪ねては親子の時間を楽しんでいるようだ。

2018年にはテレビリポーターのシン・シンプソンとの婚約を発表した。

性格

彼は創造性と自己表現力に非常に長けており、タレント向きの性格といえるだろう。さすがはコメディアンだけあり、ウィットやユーモアのセンスは抜群。聞き手を引き付ける話術は、彼が持つ素晴らしい才能であり、常に世間から注目を浴びている。

彼は自分の仕事にも、当然ながら誇りを持っている。「人を笑わせるということは与えること、そして癒すことだ。みんな映画を観ているときは嫌なことを忘れられる。僕はそれはとてもいいことだと思ってる。だから僕はこの仕事がしたいんだ。」とインタビューで語っている。

趣味

旅行が大好きで、時間を見つけては世界中を旅しているようだ。彼は「僕は旅行が大好きで、あちこち出掛ける。現地での体験が役作りに生かされることもある。それに僕自身も成長することができるんだ。」と語っている。

またコメディアンらしく、ネタを考えるのも好きでネタ帳専用のクローゼットを持っている。デスクの脇にもネタ帳が常に山積みなのだとか。彼は完璧主義者のため、満足いくまで考え続けた結果どんどん溜まっていってしまうようだ。

特技

彼はお笑いだけでなく、ダンスも上手い。映画「ラッシュ・アワー」ではマイケル・ジャクソンのダンスをキレのある動きで披露している。

実は彼はマイケル・ジャクソンとは仲が良く、マイケルの30周年のお祝いの席でもダンスを披露し、ミュージックビデオ「ユー・ロック・マイ・ワールド」にも出演している。彼は自分のキャリアを築く上で、マイケルに大きな影響を受けたとコメントしており、友人であると共に、マイケルのことをとても尊敬していた。

デビュー前の経歴

実業家の父と、母の間に6人兄弟オ末っ子として生まれる。

幼いころからコメディアンになる夢を抱いていた。アトランタのコメディクラブに忍び込んでは舞台に立ち、彼のパフォーマンスは観客からスタンディングオベーションが起こるほどの人気ぶりで、あっという間に地元の有名人になった。コロンビア高校に在学中は、学費を稼ぐために、バーガーキングでアルバイトをしていた。高校を卒業後、コメディアンと俳優としてのキャリアを積むためロサンゼルスへ移住し、本格的にキャリアをスタートさせた。

出身・家族・学歴

兄弟 5人の兄弟がいる
出生国
出生地域
高校 コロンビア高校
大学

家族のエピソード・詳細

両親、5人兄弟、子供1人。

解散・引退について

周囲からの評判

とても才能がある彼だが、お金の使い方には問題があったようだ。「ラッシュ・アワー」では一つの作品につき約20億円の出演料を受け取っていたようだが、現在の彼の資産は-11億5000万円だそう。これに関し、世間からは同情や呆れたとの声が上がっている。

整形

していない。

好きな食べ物

情報なし。

公式サイト・SNS

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る