クォン・ギソン

韓国の俳優・韓流スター

クォン・ギソンについて

クォン・ギソンは1978年に、KBS公開採用タレント第5期でデビューしている。映画では、1980年『冬の愛』、1982年『傘の涙』に出演している。

『オー・マイ・ビーナス』『離婚弁護士は恋愛中』『ロマンスタウン』『お嬢さまをお願い』『タルジャの春』など、数多くのドラマにも出演し、主に母親のような役柄を多く演じた。

大学は、衣類学科を卒業している。家族は夫と娘が1人いるが、詳細は明らかになっていない。1982年には韓国日報新人演技者賞、第18回百想芸術大賞テレビ女性新人演技賞をそれぞれ受賞している。趣味はゴルフで、特技は古典舞踊である。

基本プロフィール

芸名 クォン・ギソン (Kwon KiSeon)
本名 クォン・ギソン (Kwon KiSeon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 161cm
血液型 B型
誕生日 1960年05月10日 (60歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 ハイシーシー

性格

クォン・ギソンは、かっと燃えやすく、熱い性格である。また、竹を割ったように、キッパリとした一面もあるようだ。

趣味

クォン・ギソンの趣味は、ゴルフである。

特技

クォン・ギソンの特技は、古典舞踊である。

出身・家族・学歴

高校 安養芸術高等学校
大学 漢陽女子大学

周囲からの評判

クォン・ギソンは、1982年には韓国日報新人演技者賞を、第18回百想芸術大賞テレビ女性新人演技賞をそれぞれ受賞している。

関連するアーティストを見る