イ・ジフン(1979年)

韓国の俳優・韓流スター 韓国の歌手

イ・ジフン(1979年)について

イ・ジフンは1996年に、最初のアルバム「RhythmParadise」を通じて、歌手としてデビューした。

厚い唇が魅力的な顔で、多くの人の関心を集め、イ・スンギ級の人気を博した。フジテレビのドラマ『熱き夢の日~日韓ワールドカップ真実の裏側~』に出演し、日本国内でも知名度を上げた。その他ドラマでは、『最高です!スンシンちゃん』『製パン王キム・タック』『魔女宝鑑』『青い海の伝説』などに、出演している。

2000年代に、芸能界の不況を感じ取り、俳優としての活動も開始した。この頃から、マルチエンターテイナーとしての姿を既に見せ始めた。歌手として活動しながら、2005年の『ワンダフルライフ』で、本格的に役者としても、活動するようになる。現在は、歌手よりも、俳優としての認知度が高くなっている。

基本プロフィール

芸名 イ・ジフン(1979年) (LeeJeeHoon)
本名 イ・ジフン (LeeJeeHoon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 183cm
体重 68kg
血液型 AB型
誕生日 1979年03月27日 (41歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 プライトエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・ジフンは、1998年頃から2002年頃まで、ユジンと恋人関係であったとされている。2人は、共にキリスト教の信者であり、お互い良い影響を与えていたようである。

2人が破局した後の2005年に、ドラマ『ワンダフルライフ』で、関係を再開することとなった。関係者によると、「2人が以前恋人関係にあったことから、注意深く撮影を進めていたが、2人はすでに、お互いの感情を整理しており、良い同僚としての関係を保っている」と話した。

好きなタイプ

イ・ジフンは、かわいくて、優しい女性が好みである。また、自分の気持ちをすぐ読んでくれる女性が、良いとしている。

「結婚するなら、子供をたくさん作りたい」と話し、家に居てくれる女性を好む。「教育と家のことなどをきちんとやってくれる女性が良い」と話している。

長身な女性よりも、小柄な女性を好むという。芸能人で例えると、イ・ミンジョンが理想のタイプである。見た目は、清純そうでありながらも、セクシーな女性が良いとしている。外見よりも、内面を重視するタイプのようだ。また、愛嬌のある女性も好みである。

性格

イ・ジフンは、常に笑顔を忘れない性格だが、強情な一面も持ち合わせている。物事に対して、だいたいで済ませる所がある。

趣味

イ・ジフンの趣味は、ボードゲームである。

特技

イ・ジフンの特技は、運動することである。

デビュー前の経歴

イ・ジフンは幼い頃、姉と遊ぶことが好きだったようだ。小学校に進学すると、体は小さかったが、絶対に負けないという勝負欲を見せるようになった。

学生時代は、暴力沙汰で、警察の世話になることが多かったようである。ケンカの実力は、幼い頃から相当なものであったという。ケンカで有名なだけでなく、イケメンであり、バスケットが上手であることでも、有名であった。

ある日、ジフンが血を流しているのを見て、笑っている人物がいた。それが気に入らなかったため、ジフンは「酷い目にあわせてやろうと思った」という。それが、現在親しくしているカンタであった。その時は、その人物が誰かは知らず、芸能界に入ってから知ったとし、2人には、不思議な縁があったようだ。

幼い頃から運動神経が良く、運動が好きであった。幼い頃の夢は、水泳の先生や、講師になることであった。初恋は、中学2年生の頃で、小学校の同級生だった女子である。

学生時代に、不良たちとケンカをした際にできた傷が、左目の下に残っている。小学校3年生の頃、歌手のイ・スンチョルの歌を聴いて、憧れを抱いたことが、歌手を志すきっかけとなった。

歌手になる具体的なキッカケを作ったのは、実の姉である。当時、姉が働いていたカフェの社長が、芸能事務所を立ち上げ、姉はそこで練習生として所属していたが、辛いレッスンに耐え切れず、諦めてしまった。その代わりとして紹介したのが、弟のジフンであった。

その後、約8ヶ月間の練習生生活を終え、「なぜ空は」という曲でデビューし、アイドルグループが多い中、ソロ歌手として活動し始めた。

出身・家族・学歴

兄弟 兄 姉
高校 培明高等学校
大学 東国大学 演劇映画科

周囲からの評判

イ・ジフンは学生時代、町内でジフンのことを知らない人は、いないと言うくらい、注目されて過ごしていた。居酒屋で、暴行事件を起こすなどし、1日の内、2回も警察署に行ったこともある。

日本では、映画『四月の雪』の主題歌を歌った、Sというグループのメンバーとして、知られている。1998年に、肩を怪我したことで、兵役免除の判定を受けた(習慣性脱臼)。

「周り人の多くは、自分に対して『女好きで、遊んでいる』といったイメージを持っている。本当はそうではないのに、そのイメージを変えることが、難しい」と悩んでいる。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る