伊藤淳史

日本の俳優

伊藤淳史について

伊藤淳史は、日本の俳優。もともと子役として数多くの番組に出演していたが、バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』の「仮面ノリダー」のチビノリダー役でブレイク。2000年秋から放送されたテレビCM「カロリーメイト」のワカゾー役でユニークなキャラクターを確立した。

映画やドラマでは、温厚でのんびりとした役柄を演じることが多かったが『チームバチスタシリーズ』(2008年〜)では主演の田口公平役を務め、がらっと雰囲気を変えた。

2000年映画『独立少年合唱団』で、ベルリン国際映画祭のアルフレート・バウアー賞、2015年映画『ビリギャル』では日本アカデミー賞優秀助演男優賞など、数多くの賞を受賞している。

基本プロフィール

芸名 伊藤淳史 (Atsushi Itoh)
ニックネーム あっくん
国籍 日本
性別 男性
身長 162cm
血液型 A型
誕生日 1983年11月25日 (39歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ
デビュー年 1986

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

2010年5月1日、1歳年上の一般人女性と結婚。1歳2015年10月29日には、第1子女児が誕生している。2006年、2人は伊藤淳史の親友の紹介で知り合い、すぐ交際に発展した。

性格

普段からよく喋る。控え室でヘアメイクさんから「ひとりでしゃべっているよね」と言われたこともあるほど。また、酔うとテンションが高くなり、話す量がいつもの1.5倍ぐらいに増えるという。

趣味

伊藤淳史の趣味は、飛行機を間近で眺めること。特に好きなのは、ボーイング747。旅行で飛行機を使うことが決まると、シートの種類や機内食まで調べるという。

特技

小学生から高校生までサッカーをやっており、将来はJリーガーになりたいと思っていた。中学生の時には、本気でサッカー選手になるために一度劇団を辞めたこともある。しかし、映画『独立少年合唱団』(2000年)の主演の話をもらったことをきっかけに、俳優として芸能界に留まることを決意した。

デビュー前の経歴

祖母に「あっちゃん、テレビ出たいの?」と聞かれ、「うん」と答えたことがきかっけで3歳の時に劇団に応募。もともと両親は、伊藤淳史を劇団に入れるつもりはなかったという。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 千葉県
高校 千葉県立国府台高等学校
大学 法政大学経営学部

家族のエピソード・詳細

弟は、俳優の伊藤隆大。ドラマ『電車男』やNHK大河ドラマ『義経』で共演している。2009年3月8日、弟の伊藤隆大が停まっていた乗用車の中で死亡しているのが発見された。警察により、自殺と断定されている。伊藤淳史はこれに対し、「今でも信じられません」とコメントしていた。

周囲からの評判

ドラマ『破天荒フェニックス』で共演した俳優の勝地涼は、伊藤淳史について「現場では、どんな球を投げてもリアクションしてくれます。すごく助かりますし、さすがですね」と話している。

また、『ドラマW 今日、帰ります。』で共演した女優の木南晴夏は、「パブリックイメージそのままって感じ」「優しいし、気配りができて、お兄さんっぽくもあって、頼りになるところがありつつ、柔らかい空気のある方でした」とコメント。

好きな食べ物

大好物はイカ。幼少期の時に好きだった食べ物は、焼きそば。家族全員で食卓を囲んで食べていたお好み焼きも好きだという。