ソン・ヨンチャン

韓国の俳優・韓流スター

ソン・ヨンチャンについて

ソン・ヨンチャンは韓国の俳優である。舞台をはじめ、ドラマや映画など幅広く活躍する演劇界の重鎮であったが、2000年に未成年買春で逮捕されてからは2010年代後半まで映像作品への出演が激減していた。近年では、時代劇の奸臣や組織のボス、親日派、不正公務員など各種悪役として再び多くの作品に助演している。

基本プロフィール

芸名 ソン・ヨンチャン (Song Yeong-Chang)
本名 宋永彰 (Song Yeong-Chang)
国籍 大韓民国
性別 男性
身長 175cm
体重 76kg
血液型 B型
誕生日 1958年04月02日 (64歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

参加グループ
デビュー年 1980

趣味

趣味はボーリングとビデオ鑑賞である。

デビュー前の経歴

キャリアのスタートはTBC東洋放送の声優としてであり、1984年に演劇俳優として初舞台を踏んだ。1987年には百想芸術大賞演劇新人賞を受賞し、演劇やミュージカルを中心に活動していた。その後、舞台と共にドラマや映画への出演も増え、演劇界では著名な役者となっていった。

出身・家族・学歴

出生国 大韓民国
出生地域 Gyeongsangnamdo
大学 中央大学校演劇映画科(学士、修士)

家族のエピソード・詳細

父は海軍将軍を務めていた。

妻は韓国語版『セーラームーン』でセーラー・ウラヌスの声優を務めたユー・ナム・ホイであり、娘はミュージカル女優のソン・サンウンである。

周囲からの評判

2000年に未成年買春により懲役10ヶ月執行猶予2年を宣告されたことがある。事件直後は地上波放送のある作品に出演することができず、舞台のみでの活動をしていた。この結果、1ヶ月ほど獄中生活を送ったあと、語学研修の名目で家族を連れてカナダへ行っていた時期がある。

上述の事件のため、イ・ギョンヨンと並んで韓国では未成年者買春に関して言及されることの多い俳優となってしまった。映画界で重厚感のある助演男優が不足してくる2010年代後半まで、表舞台に立つことは難しくなっていた。