エドワード・ノートン

エドワード・ノートンについて

アメリカ出身の俳優、プロデューサー。

これまでにゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞に何度もノミネートされている実力派俳優。大学卒業後に俳優を目指してニューヨークへ渡る。そこでウェイターなど様々な仕事をしながら、出演の機会を伺っていた。1993年から舞台に立ち始め、1996年にオーディションで2000人以上の応募者の中から「真実の行方」のアーロン役を射止めて映画デビュー。この役で高い評価を受け、アカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞では助演男優賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 エドワード・ノートン (Edward Norton)
本名 エドワード・ハリソン・ノートン (Edward Harrison Norton)
ニックネーム
国籍 アメリカ合衆国
性別 男性
身長 183cm
体重 79kg
血液型
誕生日 1969年08月18日 (50歳)
干支
星座 しし座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年
デビュー年 1996

好きなタイプ

彼は自由で束縛されない関係を好むようである。インタビューで恋愛についてこう語っている。「もし、自分を恋愛のルールに当てはめようものなら、自由に走れなくて息苦しくなってしまうだろうね。」

過去には女優のドリュー・バリモア、コートニー・ラブ、キャメロン・ディアズ、サルマ・ハエックなど数々の女性たちと浮名を流してきた。その後、6年間交際を続けてきたカナダ人映画プロデューサーのショーナ・ロバートソンと2012年に結婚。翌年には長男が産まれた。

性格

とても情熱的で、またサービス精神旺盛でもある。情に厚く、困っている人を見ると助けずにはいられず、周囲からの信頼も厚い。そんな彼の性格をよく表しているエピソードがある。彼は以前インタビューでこう語っていた。「何がクリエイティブなことをやる時というのは、みんながそれについて個人のアイディアを持ち、模索している。誰かと初めて仕事をする時は相手が求めているもの、成し遂げたいことを一緒に作り上げていける方法を見つけなくてはいけないと思っているよ。」

趣味

趣味はウォークアウト、自家用飛行機の運転、ギター演奏、映画鑑賞。

彼は日頃から体を鍛えており、時には役作りのために厳しいトレーニングをすることもある。1999年にブラッド・ピットと共演した「ファイト・クラブ」では格闘シーンの為にボクシングやテコンドー、組討を特訓した。この撮影のために過酷な減量もしていた。

また彼は自家用飛行機の操縦免許を取得している。もし俳優にならなかったら、パイロットになろうと思っていたようだ。

ギターの腕前もなかなかで、1997年にロサンゼルスでバンド「ホール」とギグをしたこともある。

特技

特技は日本語、フランス語、スペイン語、英語の4ヶ国語を話せること。

日本語はイエール大学で学んだ他に、都市プランナーの祖父の仕事を手伝う為に滞在していた大阪で身に付けた。大阪では海遊館の巨大水槽の設置に携わった他、大手英会話学校のテキストに自身が掲載されたこともある。

また俳優だけでなく、監督業や環境問題活動家としての顔も持ち、多岐に渡って活動を行う多才な能力の持ち主でもある。彼の父は環境問題専門の弁護士でその影響を受け、彼自身も環境に興味を持ったようだ。

デビュー前の経歴

弁護士の父と、英語教師の母の間に生まれる。母親は1997年に脳腫瘍で亡くなっている。

5歳の時に劇場でシンデレラのミュージカルを鑑賞し、演技に興味を持つようになる。8歳の時に地元の劇団で「アニー、銃を取れ」で舞台に立ったこともある。

イエール大学では天文学と日本語を学ぶが、俳優になる夢を諦められずにいた。その後ニューヨークに渡り、ウエイターなどのバイトをしながら演技の勉強をしたり、オーディションに励むなどしていた。

出身・家族・学歴

兄弟 弟、妹。
出生国 アメリカ合衆国
出生地域 Massachusetts
高校 ワイルドレイク高校
大学 イエール大学

家族のエピソード・詳細

父、弟、妹、妻、子供1人。

解散・引退について

周囲からの評判

彼の演技は高く評価されており、今後もますますの活躍が期待されている。

整形

植毛の噂がある。

好きな食べ物

情報なし。

公式サイト・SNS

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る