秋吉久美子

秋吉久美子について

秋吉久美子(あきよし くみこ)は女優として活動している人物である。所属事務所はなく独立しているが、テンダープロと業務提携している。

秋吉は1972年に映画「旅の重さ」で芸能界デビューし、その後「赤ちょうちん」「妹」「バージンブルース」でゴールデンアロー賞映画新人賞を受賞した。国内での映画賞を多数受賞し、1996年には映画「深い河」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した。この他にもアジア映画賞主演女優賞などの国際映画祭でも受賞歴がある。

私生活では1979年に音楽家の岩久茂と結婚、同年に長男を出産し、その後1989年に離婚した。また2006年には映像ディレクターの一般人男性と再婚したが、2014年に離婚した。

基本プロフィール

芸名 秋吉久美子 (Kumiko Akiyoshi)
本名 小野寺 久美子 (Kumiko Onodera)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
血液型 O型
誕生日 1954年07月29日 (65歳)
干支
星座 しし座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年 1972

所属

レコード会社
事務所入所年 1972
デビュー年

好きなタイプ

秋吉は自身の好きなタイプについて明言したことはないが、2007年12月8日放送のテレビ朝日系「オーラの泉」にて、好きになる男性は会ったらすぐにわかると話している。ここから秋吉は、どんなタイプかというよりも第一印象で決めていることがうかがえる。

また同番組内では恋愛観も語っている。秋吉は共演した美輪明宏に自分をいじめずに大らかに愛してみたらと助言した際、秋吉は自分の愛し方を知らないと答えている。これに対し美輪は、自分を愛せなければ、人を愛することはできないと伝えている為、秋吉は離婚歴があるが、本当に人を好きになること自体に壁を感じている人物であるとうかがえる。

性格

秋吉は自身の性格について、2007年12月8日放送のテレビ朝日系「オーラの泉」にて、喜怒哀楽がとても激しいと答えている。またおしゃべり好きで、たくさん話してしまうとも答えている。

また毒舌キャラであることでも有名である。

また同番組内で秋吉は、自分を好きになったことはないと話している。ナルシストになりたくないから自分の良い部分を見つめようとすると、傷つきそうで不安になってしまうと明かした。秋吉はこれまでの女優人生でも「いつも足りていない」と思う気持ちが強いと話し、秋吉の自分に厳しくストイックな性格がここからうかがえる。

趣味

秋吉は釣りを趣味のひとつとして公言している。中でも秋吉はタチウオ釣りが好きであり、休日には静岡県沼津市の港まで自ら移動し、そこから出向する漁船で釣りに行くという。

また多くの習い事に挑戦しており、詩吟、韓国語、生け花などは教室に通って教養を深めている。

また秋吉は音楽も好きで、洋楽をよく聞く。好きなミュージシャンはジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、カート・コバーン、コーディ・チェスナット、グスタフ・マーラーである。また海外のバンドのファンでもあり、レッド・ツェッペリン、サウンドガーデン、オフスプリング、レッド・ホット・チリ・ペッパーズが好きであると明かしている。

特技

秋吉は英会話を得意としている。その為、外人との交流が多いことでも知られている。

そのエピソードとして、かつて恋愛関係にあったアイルランド人のポールは、秋吉がタイに旅行で訪れた際に知り合い、その後沖縄県で同居生活をしていたと明かしている。

また2004年12月に入籍した元夫のグレンは、ハワイ出身の日系二世アメリカ人である。秋吉はグレンについて、彼の話す英語と日本語は独特でよくわからないと話している。

デビュー前の経歴

秋吉は家庭の事情で何度も引っ越しを繰り返し、小学校1年生の時に福島県いわき市に引っ越しをし、その後は高校まで在住していた。

高校時代は文芸部に所属し、当時雑誌やテレビなどでもらした言葉を集めた「つかのまの久美子」(1977年、青春出版社)ではユニークで鋭い感性が注目を集めた。

秋吉が高校3年生の時に、受験勉強中に聞いていたラジオ「吉田拓郎のバックインミュージック」の番組内で募集があった松竹映画「旅の重さ」のヒロインオーディションに応募した。この映画は吉田拓郎が音楽を担当した作品で、秋吉は親には黙ったままオーディションに参加し、見事合格した。1972年にその映画が公開され、秋吉は女優としてデビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟 妹がひとりいる
出生国 静岡県富士宮市
出生地域
高校 福島県立磐城桜が丘高等学校
大学 早稲田大学

家族のエピソード・詳細

父親は福島県水産試験場の職員、母親は看護師である。また父親は2002年に他界、母親は2006年に他界している。

妹がひとりいる。

岩久茂との間に長男を授かっているが、2015年1月に事故死している。

解散・引退について

2019年7月26日現在、引退発表していない。

周囲からの評判

小説家の五木寛之は、秋吉が高校3年生の頃に書いた書籍について「静かな平凡を夢見る卓抜な個性」と評価している。

整形

していない。

好きな食べ物

もりそば、きつねうどん、スペアリブ、豚足、砂肝、焼きうに、アワビの刺身、なまこ酢、なまこのオイスターソース煮、松前漬け、明太子、生山椒入りジャコ、きゅうりの甘酢漬け、ゴーヤ

公式サイト・SNS

公式サイト https://ameblo.jp/akiyoshikumiko
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ