チョン・ドヨン

韓国の俳優・韓流スター

チョン・ドヨンについて

チョン・ドヨンはソウル出身で、ソウル芸術専門大学放送演芸科卒業し、個性派女優として数々作品に参加している。主な映画出演作品には、『ハッピーエンド』(1999年)、『ユア・マイ・サンシャイン』(2005年)、『シークレット・サンシャイン』(2007年)などがあり、カンヌ国際映画祭女優賞をはじめとする数々の映画賞を受賞し、その知名度はワールドクラスである。

基本プロフィール

芸名 チョン・ドヨン (Jeon To-Yeon)
本名 チョン・ドヨン (Jeon To-Yeon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 165cm
体重 48kg
血液型 O型
誕生日 1973年02月11日 (47歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 soopマネジメント
デビュー年 1990

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・ドヨンの恋人とのエピソードとしては、一般人のカン・シギュさんとの出会いが報じられており、彼は現在の旦那でもある。

二人は、2007年11月に出会い、翌年3月6日に結婚を公表した。当時チョン・ドヨンは34歳だった。

その後、2008年3月11日に新羅ホテルで挙式を行なった。2008年7月25日には妊娠を公表し、2009年1月13日に長女を出産した。

映画『素晴らしい一日』とドラマ『オンエアー』が終わった後、育児に専念する。女優業を再開してからは主に映画の出演だけの活動となっている。

-

-

好きなタイプ

チョン・ドヨンの好みのタイプについては、関連記事や報道はほとんどされていない。結婚相手のカン・シギュは、米国留学を経て投資会社などを運営しているため、仕事ができる男性が好きなのではないかと一部で報じられている。

性格

チョン・ドヨンの性格については、とても謙虚な性格である。トップ女優と言えば、態度が大きくて近寄りがたいイメージがあるが、彼女においてはそのような事は全くない。

そのため、映画の撮影現場でも、スタッフたちと撮影用の車で食事を共にし、親しみやすい雰囲気を持っている。人間的にも尊敬される人柄であり、彼女を慕っている業界人は数知れない。

趣味

チョン・ドヨンの趣味は、音楽鑑賞と映画鑑賞である。

特技

チョン・ドヨンの特技は、水上スキーである。

デビュー前の経歴

チョン・ドヨンのデビュー前の経歴はあまり詳細が出ていない。しかし、1990年にジョンソン&ジョンソンのCMで芸能界デビューした。

1992年のドラマ『われらの天国』で女優としてのキャリアをスタートし、映画初出演となった1997年『接続 ザ・コンタクト』での演技が評価され、韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞と青龍映画賞の新人女優賞を受賞している。

その後、2007年には映画『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞するなど、数々の栄光を手にしている。

出身・家族・学歴

兄弟 兄2人
高校 チャンドク女子高等学校
大学 ソウル芸術大学放送芸能科

周囲からの評判

チョン・ドヨンの周囲からの評判としては、同じ業界人なら彼女と一緒に仕事がしたいと口を揃えて発言するほど、人気と人望に満ちている。

『グッドワイフ』の制作では、出演俳優たちも口を揃えて「彼女が出演する予定なら、私も出演する」と、彼女の魅力で人が集まったほどである。しかし、チョン・ドヨンはそれに驕る事なくあくまで謙虚に仕事をしており、そのような姿勢が高く評価されている。

整形

チョン・ドヨンの整形の噂は特にない。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る