チョン・スギョン

韓国の俳優・韓流スター

チョン・スギョンについて

チョン・スギョンは、韓国の女優である。

1988年、第11回MBC大学歌謡祭の銅賞、1997年、第3回韓国ミュージカル大賞女優助演賞、1999年、第5回韓国ミュージカル大賞 女優主演賞、2002年、第8回韓国ミュージカル大賞女優主演賞、2002年、韓国基督教大賞ミュージカル女優主演賞、2006年、大邱ミュージカル大賞人気スター賞、2010年、第44回納税者の日誠実納税者賞など、多くの賞を受賞している。

基本プロフィール

芸名 チョン・スギョン (Jeon Su-Kyung)
本名 チョン・スギョン (Jeon Su-Kyung)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 女性
身長 173cm
体重 53kg
血液型 A型
誕生日 1966年07月12日 (53歳)
干支
星座 かに座

所属

レコード会社
事務所 ウィルエンターテイメント
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・スギョンは、1993年に俳優のチュ・ウォンソンと結婚した。その後も、『シカゴ』『キャッツ』などの作品に出演して、「夫婦俳優」としても、有名になった。しかし、最終的に、離婚している。

スギョンの離婚理由は、「双子のように、育んで与えることができる夫が、必要でした。しかし、ウォンソンは妻に無関心で、最終的に傷を受けることになった。私は一人で育児に対処しながら、体はもちろんのこと、心まで痛かった」と語った。

事実、当時のウォンソンは、ミュージカルだけでなく、ビジネスをしていた。その事業が難しくなり、多忙だったという。

チョン・スギョンの所属事務所、メイディンエンターテインメントの関係者は、「スギョンとスワンソン氏が、ミレニアム・ソウル・ヒルトンホテルで、挙式を行う」と、明らかにした。

スワンソン氏は、米国スミソニアン国立自然史博物館のアジア担当学芸員として務め、生涯を観光文化財の回収・保護のために捧げた、故チョ・チャンス氏と米国人の父親の間に産まれた、韓国系米国人である。2006年に、ミレニアム・ソウル・ヒルトンホテルの総支配人として、赴任した。

一方、2008年に離婚したスギョンは、スワンソン氏と2011年から交際をスタートさせた。翌年、KBS2『ハッピートギャザー3』に出演し、交際の事実を明かしていた。

好きなタイプ

チョン・スギョンの好きなタイプについて、関連記事はない。

しかし、過去の結婚歴から見て、離婚の理由は、子どもや妻に対する関心がなかったことである。子持ちであるスギョンを受け入れた現在の夫、スワンソンは、家族のことも考える男性と思われる。

そのため、家族を大切にしてくれる男性が、理想のタイプに当てはまるとみれる。

性格

チョン・スギョンの性格について、関連記事はない。

趣味

特技

デビュー前の経歴

チョン・スギョンのデビュー前の経歴については、不明である。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国
出生地域
高校 利川養貞女子高等学校
大学 漢陽大学演劇映画科卒業

解散・引退について

周囲からの評判

チョン・スギョンは、キム・ジュンスと親交がある。あるインタビュー動画で、ジュンスに対し「トップスターにふさわしくなく、本当に礼儀正しい友人」と話した。

それに続き、「年末のミュージカル授賞式で、ジュンスと共に授賞に参加することになったが、人事上正しい良き友人だ」とし、「名声に合わないように、子供のような純粋さを大事に保管していて良かった」と付け加えた。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る