河原さぶ

日本の俳優

河原さぶについて

河原さぶは、呉市から父の転勤で東京に移り、板橋第二中学校に入学した。広島市に転居し、広島市立国泰寺中学校、広島県立国泰寺高等学校を卒業した。兄は1960年代に活動した男性コーラス・グループ、『フォー・メイツ」の河原茂樹で、兄に憧れて上京。個性的かつエネルギッシュな助演俳優として活躍し、1988年、「母娘監禁牝』で第9回ヨコハマ映画祭助演男優賞受賞した。現在は、映画、ドラマを中心に活躍し、近年は『いい旅・夢気分』、『踊る!さんま御殿!!』などのバラエティ番組への出演も増えた。バラエティタレントとしても活躍している。アニメファンに根強い人気の『ガンバの冒険』の主題歌『ガンバのうた』を本名の河原裕昌名義で歌っている。

基本プロフィール

芸名 河原さぶ (sabu kawahara)
本名 河原裕昌 (hiromasa kawahara)
国籍 日本
性別 男性
身長 170cm
体重 66kg
誕生日 1945年11月10日 (74歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 ホリプロ
デビュー年 1965

好きなタイプ

性格

趣味

ギター 沖縄三味線 剣道 水泳

特技

デビュー前の経歴

河原さぶは、呉市立五番町小学校から父の転勤により東京に移った。板橋区立上板橋第二中学校を経て、広島市に転居した。広島市立国泰寺中学校、広島県立国泰寺高等学校を卒業[。兄は1960年代に人気を博した男性コーラス・グループ、『フォー・メイツ』の河原茂樹。兄に憧れ上京した。1965年、東映演技研修所に入所。2年間大部屋俳優として活動する。しかし、東映本社に直談判に行き東映をクビになる。その時、「スターにしてくれ」と言ったという。森崎東から声をかけられ、1970年、森崎監督の映画『高校さすらい派』の暴走族役でデビュー。森崎の勧めで『劇団雲』附属の演劇研究所に入所し、『劇団欅』に所属した。1975年に劇団欅を離れ、演劇集団 円の設立に参加する。円には10年近く在籍した。その間テレビドラマの悪役や日活ロマンポルノに出演したが、極貧生活に耐えられず退団する。その後は舞台を離れテレビ・映画専門に出演している。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 広島県
高校 国泰寺高校
大学

解散・引退について

周囲からの評判

河原さぶは順調に俳優業を営んでいたが、2011年に腹膜炎を患い、これを機に生まれ故郷の広島県呉市に引っ越した。当時65歳の河原は、半ば引退するつもりだったという。広島県呉市に引っ越した後も芸能活動を続けている。今でもテレビドラマや映画に出演している。河原さぶが生活しているマンションは、9階で家賃11万円の3LDKだそう。呉は東京に比べると家賃が安いので、結構広いところに住めるとのこと。そのマンションで一人暮らしをしている。

整形

好きな食べ物

カキ

好きなアーティスト

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る