ヒラリー・スワンク

アメリカの俳優

ヒラリー・スワンクについて

ヒラリー・スワンクはアメリカの女優・映画プロデューサー。アカデミー賞・ゴールデングローブ賞を二回ずつ受賞する等演技派の女優である。2004年のクリント・イーストウッドの映画「ミリオンダラー・ベイビー」が有名であり、この映画でアカデミー賞・ゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞。「ボーイズ・ドント・クライ」でも同二賞を受賞している。

基本プロフィール

芸名 ヒラリー・スワンク (Hilary Ann Swank)
国籍 アメリカ合衆国
性別 女性
身長 168cm
誕生日 1974年07月30日 (45歳)
干支
星座 しし座

所属

デビュー年 1992

好きなタイプ

映画『クワイエットデイズインハリウッド』の撮影中にチャド・ロウと出会い、1997年に結婚するが、2006年に離婚を発表。離婚協議が終了したのは2009年であり、同年には元テニス選手でファイナンシャルアドバイザーのルーベン・トレースとの婚約を発表。後に婚約は破棄。

2016年に起業家のフィリップ・シュナイダーと再婚する。

性格

水泳の経験から負けず嫌いで、活動的な性格になったと自身で話している。

尊敬しているのは母親と話しており、演技の道に進みたかった彼女を女手一つでサポートしてくれた母親に感謝している。一方で彼女が15歳の時に母親と離婚した父親とも交流は続いており、2014年には彼が肺移植を受けた際に1人住み込みで三年間面倒を見ている。その間女優の活動は控えていたほどの家族思いの性格である。

趣味

家族や友人と過ごす時間を大切にしており、犬とハイキングに行くことが好き。ピアノを弾くためにスタインウェイを飼ったが、これが人生で一番高い買い物だったらしい。悪い癖として唇の皮をむいてしまうこととインタビューで答えている。好きな本はドクター・スースの『きみの行く道』。

特技

ボクサーを演じた映画『ミリオンダラー・ベイビー』からも分かるようにスポーツが得意である。子供の頃は水泳で大きな大会にも出場している。「水泳は大好きだった。今でもスポーツ全般が好きだし、一回始めたら熱中しちゃう。子供の頃は朝学校に行く前も練習していた」と話している。

デビュー前の経歴

ヒラリー・スワンクは1974年7月30日にネブラスカ州リンカーンで生まれた。母親のジュディ・ケイは秘書・ダンサー、父親のステフェン・ミカエル・スワンクはオレゴン州空軍のチーフマスター軍曹であり、後に旅行代理店の営業に転職している。8歳上の兄ダニエルがいる。「スワンク」という名前はドイツの「シュウェンク」が起源である。子供の頃は水泳でジュニアオリンピックなどに出場していた。15歳の時に両親が離婚し、彼女の演技をしたいという願いをかなえるために母親とLAに引っ越す。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 アメリカ合衆国
出生地域 Nebraska
高校 South Rasadena High School中退
大学

解散・引退について

周囲からの評判

1999年の映画『ボーイズ・ドント・クライ』ではアカデミー賞・ゴールデングローブ賞の主演女優賞を始めとする25もの賞を受賞。2004年にも『ミリオンダラー・ベイビー』で二賞を始め20もの賞を受賞。その後も『P.S.アイラヴユー』などで受賞経験を重ねているなど、その演技力は高く評価されている。

整形

好きな食べ物

スコーン・クロテッドクリーム

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/hilaryswank/
Twitter https://twitter.com/hilaryswank
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る