クリスチャン・ベール

アメリカの俳優 イギリスの俳優

クリスチャン・ベールについて

クリスチャン・ベールはイギリスの俳優である。役作りのため、その体型を激しく変化させることで有名である。

映画デビューは1987年の『太陽の帝国』である。デビュー以降、主演や脇役で様々な映画に出演するが、一躍有名となったのは2000年のサイコスリラー『アメリカン・サイコ』である。ベイルは原作小説を読み込み、数カ月間をトレーニングに費やして小説の描写とおりの「オリンピック体型」を作り上げた。また、他のキャストやクルーから距離を置き、陰のあるキャラクターになりきった。

2005年、クリストファー・ノーラン監督の『バットマンビギンズ』のヒーローバットマン役に抜擢される。ベールはこの映画のために6カ月で45キロ以上の増量をしてみせた。キャラクターを理解するため、バットマンの漫画本を何冊も読み「バットマンは主人公の隠された、悪魔的な怒りを持つ一面なんだ」と語る。バットマンを演じる上で一番過酷だったのはバットマンスーツだったそうで「張り付いてきて、暑くて、汗でべとべとで、マスクで頭痛がするんだ。でもバットマンを演じるためなら文句は言わないよ」という。その後、『バットマン』シリーズは更に『ダークナイト』、『ダークナイト ライジング』の2作が作成され、ダークナイト・トリロジーと呼ばれている。

2010年『ザ・ファイター』で主人公の兄ディッキーを熱演してアカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。

2018年コメディ映画『バイス』では副大統領のディック・チェイニー役を演じ、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

基本プロフィール

芸名 クリスチャン・ベール (Christian Bale)
本名 クリスチャン・チャールズ・フィリップ・ベール (Christian Charles Philip Bale )
ニックネーム クリス
国籍 イギリス、アメリカ合衆国
性別 男性
身長 183cm
体重 80kg
誕生日 1974年01月30日 (46歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

デビュー年 1982

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

『デイリー・メール』紙によると、10代の時に1度だけデートしたことがある。しかし、ホラー映画を観に行った結果盛り上がらず、2度と連絡を取ることがなかった。

好きなタイプ

妻のサンドラ・ブラジックとは2019年で夫婦生活19年目となり、これは離婚や再婚の多いハリウッドでは極めて珍しい、おしどり夫婦である。ベールは美しく献身的な妻にべたぼれで、結婚から19年たっても仲睦まじい様子が目撃されている。

2000年1月、アメリカ人の元モデル、サンドラ・ブラジックと結婚し、2005年に娘のエメライン、2014年に息子のジョセフをもうけた。

ブラジックと出会うまでは結婚願望はなかったといい「僕の家族はみんな離婚しているから、結婚がいい事とは思えなかったんだ。でも彼女に出合って急に結婚って素敵だなって思えた」とのろけている。また、自身がカメレオン俳優として活躍できているのはブラジックの功績が大きいといい、「彼女は今までたくさんの違うキャラクター達と結婚生活を送らないといけなかったんだ。彼女なしには不可能だったよ。彼女は強くて素晴らしい女性だよ。何もかも彼女のおかげさ」と絶賛している。

性格

プロ意識の非常に高いストイックな性格であることは、映画の役柄に合わせて体型を変えることからも明らかである。

癇癪持ちであるとの噂もある。ベールの元広報担当者は彼の爆発的な怒りに晒されたことによりPTSDになり、治療が必要だったという。

また、撮影監督が本番中にセットに入ってきたことに対して激怒して4分間もののしり続けたこともある。このテープが流出し、ベールはラジオで「許されない、チンピラみたいなふるまいをしてしまった。信じられないくらいおかしくなっていた。いいわけのしようもない。誤解しないでほしいのは、彼を首にしないと撮影に戻らないぞって僕が言ってるなんてでたらめなんだ。ラフカットを見たんだけど、彼(撮影監督)は本当に素晴らしい、プロの仕事をしてくれているんだ」と真摯に謝罪していた。プロ意識が高い彼だからこそ、他人に対しても厳しくなってしまう面があるのかもしれない。

趣味

趣味はテレビゲーム、水泳、サーフィン、スノーボード、乗馬である。

スポーツや体を動かすことが好きなようだ。『バットマン』シリーズに出演した際の鍛え上げられた肉体はスポーツ習慣があったからこそ実現できたのかもしれない。

11歳のポルトガルに住んでいた頃に乗馬を覚えたという。2017年、『荒野の誓い』では陸軍大尉の役を演じ、西部の荒野や高山で馬を乗りこなして見せた。

特技

ベールの特技はなんといっても役者としての体型作りに他ならない。これまで役柄に合わせて、その体型を自由自在に変化させてきた。時には、やせ細った姿を見せた直後の作品で筋骨隆々な姿を披露して世界中を驚愕させている。

まず、2000年に『アメリカン・サイコ』でナルシストな快楽殺人鬼を演じた際は、腹筋が6つに割れた筋肉質な姿だった。次に、2004年の『マシニスト』では精神的に追い詰められた不眠症の男を、28キロ以上も減量しガリガリにやせ細った姿で演じて見せた。この時について「痩せすぎると階段が一段も上れなくなるんだよ。体を捨てたようで、禅の心境だったね」と語る。翌年の2005年『バットマンビギンズ』ではなんと45キロ以上の増量をし、分厚い筋肉でマッチョなヒーローを演じた。その後の映画でも役柄に合わせて増量や減量を繰り返し話題となっている。

デビュー前の経歴

ウェールズやイングランドのサリー、ドーセット、ポルトガルで子供時代を送った。頻繁に引っ越しをしたことが後の職業選択に強く影響していると語っている。ボーンマススクールに入学するが、16歳で中退している。

1983年に柔軟剤のCMに出たのがデビューである。シリアルのCMなどにも出演していた。舞台デビューはローワン・アトキンソンと共演した1984年の『The Nerd』である。

ゲイリー・オールドマンの演技を研究し学んでいたといい「彼は僕が演技をする理由だ」というほど尊敬している。

出身・家族・学歴

兄弟 異母姉(エリン)、姉(シャロン、ルイス)
出生国 イギリス
出生地域 Pembrokeshire;Sir Benfro
高校 ボーンマススクール
大学

家族のエピソード・詳細

父デイビッド・ベールと母ジェニーのもとに生まれる。父は企業家、パイロット、タレントマネージャーなどをしていた。母はサーカスの団員でピエロもしていた。異母姉のエリン、姉のシャロンとルイスがいる。

両親は1991年に離婚した。母と姉のシャノンはイギリスに残ったが、17歳だったベールは父とロサンゼルスへ引っ越している。

2008年、母と姉のシャロンに対する暴行の容疑で逮捕された。ベールは暴行の容疑を否認し、証拠不十分で起訴は取り下げられた。

2000年1月、アメリカ人の元モデル、サンドラ・ブラジックと結婚し、2005年に娘のエメライン、2014年に息子のジョセフをもうけた。2019年、ゴールデングローブ賞の授賞式で子供達を「バナナとブリト―」と呼び、セレブが子供に風変わりな名前を付けることを揶揄したジョークを飛ばした。

解散・引退について

周囲からの評判

2018年コメディ映画『バイス』の監督であるアダム・マッケイは、これまでのベールのイメージとは異なるコメディ映画への出演につて「彼は愉快なんだよ。素晴らしいコメディ俳優だ。僕もこの映画を撮るまで気づかなかったんだけど、彼はとても地に足がついていて才能があって真剣な俳優であると同時に、めちゃくちゃ面白いんだ。だから、この映画にピッタリなんだ。」と語った。

整形

クリスチャン・ベールに整形の噂はない。

好きな食べ物

インド料理

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る