野田洋次郎

RADWIMPS 日本の俳優 日本の歌手

野田洋次郎について

野田洋次郎は、人気J-Rockバンド、RADWIMPSのボーカル・ギター担当であり、日本のシンガーソングライター、俳優である。ロックバンド「RADWIMPS」の殆どの曲で作詞・作曲を手掛ける。これまでに10のアルバムを発表している。

また、illionとしてソロ活動も行なっている。ソロ活動は2012年に活動を開始した。また、これまでに三度、illion名義でアルバムを発表している。

2013年3月17日にillionとして初のライブを、ロンドン・シェパーズ・ブッシュ・エンパイアで行った。その後も2016年には、FUJI ROCK FESTIVALに出演、2018年には中国の北京と上海で行われるイベント「Strawberry music festival 2018」に出演した。またこの際、上海のメインステージとなる「STRAWBERRY STAGE」に登場している。

また、帰国子女であるため英語が非常に堪能である。

基本プロフィール

芸名 野田洋次郎 (Yoji Noda)
本名 野田洋次郎
ニックネーム 野田さん、洋次郎、のでぃー
国籍 日本
性別 男性
身長 180cm
血液型 A型
誕生日 1985年07月05日 (34歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ

RADWIMPS

レコード会社 有限会社ボクチン
デビュー年 2001

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

RADWIMPSの野田洋次郎とは、2017年2月頃にデートする現場が週刊誌に撮られている。どういうきっかけで交際に至ったのかは不明である。

芸能界では「野田洋次郎がブレイクする前からのファンだ」と公言する人が本当に多く、長澤もその一人で、ライブにも何度か足を運んだことがあるのだという。

2011年、吉高がRADWIMPSのライブ後友人に紹介されたことから知り合い交際に発展した。明るみに出たのは2013年のこと。当時はそれぞれ他に付き合っていた人がいたが、お互い別れて交際に至った。しかし半年後、2人が路上で大喧嘩をしているところがフライデーにスクープされ、破局の噂がたった。

破局したかと思われていたが、2014年にはFLASHが2人のデートをスクープした。しばらく付き合っていたそうだが2015年には破局報道が出た。

臼田あさみと野田洋次郎は何度が写真週刊誌にもスクープされている。付き合ったきっかけは番組での共演だったそうで、臼田がもともとRADWIMPSの大ファンだったことも関係している。

好きなタイプ

野田洋次郎は、これまでに美人女優といくつかのうわさが立っている。時系列順に並べると、臼田あさみ・吉高由里子・長澤まさみなどである。

臼田あさみと野田洋次郎は何度が写真週刊誌にもスクープされている。付き合ったきっかけは番組での共演だったそうで、臼田がもともとRADWIMPSの大ファンだったことも関係している。また、吉高由里子も何度か写真週刊誌にスクープされている。中には、路上での二人の大ゲンカをスクープされたものも含まれている。
長澤まさみのスクープであるが、こちらは双方が否定しているため、定かではない。

また、Twitter上で「やっぱりクラリスにだいぶ自分の恋愛観ゆがめられた というか導かれた というのか機能の結論」という発言を残している。

性格

「一番大事な人と一番近くにいる以上に、大事なことは見つからない」という名言を野田洋次郎は残している。このことから分かるように、とても愛情深い性格の持ち主である。また、穏やかな性格であるといわれている。また、彼の作る楽曲はすべて、彼の経験に基づいて書かれている。RADWIMPS、そしてillionの歌詞の特徴といえば、その精神性の深さと繊細さ、不器用さである。上記のことから野田洋次郎はそのような側面を持っていることが推測できる。

しかしそれだけで図ることができないのが、彼の魅力であり、彼の持つミステリアスな雰囲気の根源であるだろう。

趣味

野田洋次郎の趣味はファッションである。彼の好きなブランドとして、NUMBER(N)INE・KLASICAなどがある。後者のブランドは「絶対延命ツアー」でも着用していた。私服だけでなくPVの衣装も自分で選ぶほどのこだわりを持っている。スタイリストが選ぶ服を着たら「七五三みたい」と断固拒否をしたこともあるそうだ。また昔は黒のハットを常用しており、それが彼のトレードマークでもあった。また、著書「らりるれ論」の中では、古着屋巡りについて記されている部分もある。

また、写真を撮ることも趣味である。どんな写真を撮っているのかはInstagramを参照することをお勧めする。

特技

冒頭でもふれたが、野田洋次郎は英語力が高い。特にillionの楽曲は英語歌詞のものがほとんどである。幼少期をアメリカで過ごしており、俗にいう帰国子女である。しかし本人は、海外にいたころよりも、高校のころの猛勉強の恩恵が強く、自分の英語力をネイティブとはかけ離れていると発言している。

また、ギター・ベース・ピアノ・ヴァイオリンなど多様な楽器を演奏することができる。実際に一回のライブで、これらを組み合わせた演出をしている。

デビュー前の経歴

野田洋次郎は、1985年7月5日に東京都で誕生する。幼少期の四年間をアメリカですごしたのち、2001年、野田洋次郎が桑原彰からボーカルに誘われRADWIMPSを結成。大学は慶應義塾大学環境情報学部に進学するも中退している2002年2月5日、RADWIMPSという名前では初のライブを関内B.B.STREETで行う。

YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL2002に出場し、「もしも」でグランプリを獲得している。その後もRADWIMPSとして精力的に活動しており、2016年には新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は』のすべての楽曲を担当している。

2013年ソロ活動を「illion」名義で開始した。

出身・家族・学歴

兄弟 父、母、兄
出生国 日本
出生地域 東京都
高校 桐蔭学園高等学校
大学 慶應義塾大学環境情報学部(中退)

解散・引退について

周囲からの評判

昨今、野田洋次郎は俳優業も務めている。トイレのピエタでは主演に抜擢された。その際監督は「映画を見ればわかるのですが、園田宏=野田洋次郎という感じなので、しゃべるだけでもう宏。野田洋次郎を想定して書かれた脚本じゃないのに、これほどピッタリなのは本当に驚きです。演じてないけど宏になっている、観客を引き込んでいく、これぞオーラでしょうか。」
というコメントを残している。
また、野田の作詞には多くの芸能人からの定評がある。二宮和也や長澤まさみ、大竹しのぶなどの大物芸能人がRADWIMPSのファンであることを公言している。

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

野田洋次郎の楽曲

すべての楽曲を見る

RADWIMPSのメンバー

野田洋次郎が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

野田洋次郎が作曲した楽曲

すべての作曲した楽曲を見る

関連するアーティストを見る