中越典子

日本の俳優 日本のタレント

中越典子について

中越典子(なかごし のりこ)は女優、タレントとして活動している人物である。所属事務所はキューブである。

ファッション雑誌でモデルとして活動していたが、1999年に本格的に女優として活動を開始した。またTBS系列の情報バラエティ番組「王様のブランチ」に約2年ブランチリポーターをつとめた。

2003年のNHK連続テレビ小説「こころ」で主演を果たし、世間からも注目を集めて一気にブレイクをした。また中越はNHK連続テレビ小説のオーディションに延べ5回応募し、本作で合格をしなければ実家の佐賀県に帰る決意だったという。このブレイクをきっかけに数々のテレビドラマを中心に女優・タレントとして出演した。

私生活では、2014年12月30日に俳優の永井大と入籍し翌年8月2日に挙式・披露宴を行った。2017年5月3日には第1子男児、2018年11月22日に第2子女児を出産し、現在は二児の母である。

基本プロフィール

芸名 中越典子 (Noriko Nakagoshi)
本名 中越 典子 (Noriko Nakagoshi)
国籍 日本
性別 女性
身長 163cm
血液型 O型
誕生日 1979年12月31日 (40歳)
干支
星座 やぎ座

所属

デビュー年 1998

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

中越典子は1998年にファッション雑誌『ViVi』でモデルとして、翌年にはテレビ朝日の『天国のKiss』で女優としてデビューを果たしている。

2人の出会いは2010年1月から放送されたテレビ朝日の連続ドラマ『サラリーマン金太郎2』で共演したのがきっかけのようだ。

初代金太郎は高橋克典が務めていたが、二代目金太郎に見事抜擢。その時にゲストとして出演したのが妻の中越だった。

その後2013年から同棲を始め愛を育んでいったという。何度も喧嘩し口論があったようだが、その中で永井は「この人と死ぬまで一緒にいたい」と思ったようだ。

好きなタイプ

中越は自身の好きなタイプについて、怖い顔なのに瞳がキラキラしている男性。強引で引っ張ってくれる男性と答えている。恋愛感情を抱く際、中越は性格重視で選ぶと話しており、一目惚れをあまりしないということも明かしている。年齢は自分より年上の男性が好きであるという。さらに九州弁を話す男性に男らしさを感じるということも語っている。

中越は自身の恋愛観については、好きな男性に自分からアプローチするのが苦手であることや、昔の彼氏の想い出の品を取っておきたい性格であるということも公言している。また中越は結婚相手にあまり多くは求めないということを自身が結婚する前にインタビューで答えており「一緒に生きてて楽しいことが重要。そして言葉にしてくれるとうれしい。」と理想の男性像について語っていた。

性格

中越は自身の性格について、優柔不断でマイペースな性格であることや、臆病で落ち込みやすいが一晩寝ると立ち直る性格、喜怒哀楽が激しい、人の目を凝視する癖があるなどを挙げている。

また中越は美しさを保つ秘訣として、「きれいだと思うことは人によってさまざまなので、美というのは本当に深いものなんだと思います。」とコメントし、ここから中越の心の広さをうかがえる。さらに
中越は感謝の気持ちを常に忘れないようにしているとも話しており、中越の謙虚な姿勢がうかがえる。

さらに妊娠と出産を経験した中越は雑誌のインタビューで「私もいつか、太陽みたいに温かいパワーを与えられるお母さんになりたい。“笑う門には……”じゃないけれど、やっぱり笑顔がいちばんですよね。」と理想の母親としての自覚をのぞかせていた。

趣味

中越は自身の趣味について、映画鑑賞、雑貨のコレクション、陶芸を挙げている。

中越が好きな映画は「バックビート」「ベルベットゴールドマイン」「119」を挙げている。特に「バックビート」を観た影響で中越はビートルズのファンになったと話している。

雑貨のコレクションでは、ガラス製品やジャンクおもちゃ、キャンドルが好きである。またパワーストーンが好きで、どの石にどんな力があるのかを調べ、その時の気分やなりたい自分像に合わせてパワーストーンの力を信じて身につけたりすると話している。

中越は2015年11月に恵比寿で陶芸教室に通っていると公言しており、それを趣味にしているという。

特技

中越は特技として絵を描くこと、アクセサリー作り、器械体操を挙げている。

中越は幼少期から絵画が好きで、高校時代には芸術コースで油絵を専攻していた経歴を持っている。中越は将来画家になりたいと思っていたことも明かしている。また画家を目指して高校卒業時に美大を受験したが、不合格だった為東京デザイン専門学校工芸アクセサリー科に進学した。

アクセサリー作りの趣味も、その専門学校時代に身につけた技術と感性で現在も趣味として工芸を楽しんでいると言う。

また中学校時代は器械体操部に所属していたこともあり、器械体操も得意とうかがえる。

デビュー前の経歴

中越は佐賀県の一般家庭に生まれ、8歳年上と5歳年上の二人の姉がおり、末っ子として生まれ育った。中越は幼少期に習字やピアノを習っていた。小学校時代は食べ物の好き嫌いが多い子だったと話しており、給食を食べるのも遅かったという。またブラスバンド部に入り、アルトホルンと指揮者を担当し、音楽に熱心に取り組んでいたという。

高校時代では前述にある通り、芸術コースに進学した。私服での登校ができる学校であったことから中越はそこでおしゃれに目覚め、ファッションに興味を持つようになった。

高校卒業後に東京の専門学校に進学するため上京した中越は、在学中であった19歳で自ら積極的に芸能事務所のオーディションを受け、そんな中ファッション雑誌「ViVi」でモデルとして芸能界デビューを果たした。その後1999年にテレビ朝日系列のドラマ「天国のKiss」で女優デビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 姉がふたりいる
出生国 日本
出生地域 佐賀県
高校 佐賀県立佐賀北高等学校
大学 東京デザイン専門学校工芸アクセサリー科

家族のエピソード・詳細

一般人の母親、父親、ふたりの姉がいる。夫は俳優の永井大で、永井との間に長男と長女が誕生している。

解散・引退について

2019年8月20日現在、引退発表していない。

周囲からの評判

映画「おろち」で共演した木村佳乃は中越について「とてもガッツのある方だと思いました。暴行を受けるシーンでも、嫌な顔一つ見せずに『もっとやってください、もっとやってください』って言うんです。」と中越の女優魂を絶賛していた。

整形

していない。

好きな食べ物

とんこつラーメン、カップラーメン、アンチョビのパスタ、そうめん、フォー、焼肉、カニのキッシュ、フカヒレの姿煮、サザエのつぼ焼き、松前漬け、いも、栗、かぼちゃ、バナナ

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る