チソン

韓国の俳優・韓流スター

チソンについて

チソンは、漢南大学の哲学科に入学するも、俳優への夢が諦めきれず、芸能プロダクションに自身のプロフィールを送付した。そして、1999年ドラマ『カイスト』でデビューすることになり、俳優の夢を叶えた。

2001年には、ドラマ『華麗なる時代』で主演を演じ、2005年には論山陸軍訓練所に入隊した。入隊後はパク・クァンヒョン、ホン・ギョンイン、ムン・ヒジュンらと共に国軍兵務広報大使を務め、2007年除隊した。

除隊後、すぐにドラマ『ニューハート』で主演を務め、俳優として復帰した。

基本プロフィール

芸名 チソン (JiSung)
本名 クァク・テグン (Gwak Tae Geun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 70kg
血液型 A型
誕生日 1977年02月27日 (43歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 NAMOOACTORS
デビュー年 1999

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チソンとイ・ボヨンは、2004年にドラマ『ラストダンスは私と一緒に』で共演したことがきっかけとなり、恋人関係となった。

2人は、ドラマ出演当時までは先輩と後輩の間柄であったが、ドラマ放送終了後にチソンからのアプローチで交際に発展することになったという。

最初は、芸能人と交際することを考えたこともなかったイ・ボヨンは、チソンの突然の告白を断っが、チソンはイ・ボヨンのハートを掴むために手段を選ばなかった。

チソンは、イ・ボヨンに「僕は演技をやめたい」と爆弾宣言をしたり、イ・ボヨンを配慮して先にイ・ボヨンのマネージャーに、「僕はボヨンが好きだ。ボヨンが好きになっても良いか」と許可をもらったという。

しかし、イ・ボヨンはチソンとの交際を公開した後、約2年間芸能活動ができなかった。その理由に関してイ・ボヨンは、「(交際を認めたことで)CMの再契約が取れず、収入もそれまでの10分の1に減った」と明かした。さらに、作品ではイ・ボヨンの相手役を断る俳優もいたという。

チソンとイ・ボヨンは、6年間の交際を経て、2013年に結婚し、2015年に長女を出産した。

好きなタイプ

チソンは、理想のタイプについて「本を読んでいる女性をセクシーだと感じます。知的な女性が好きです」 と語っている。

性格

チソンはtvNのバラエティ番組『朝奇迹』にゲストとして出演した時、皿洗いから掃除まで完璧にこなして、注目を浴びた。

特に、チソンは料理をする途中に洗い物が出ると、すぐに洗い物をし、周辺をきれいに保った。これに対してチソンは「きれい好きの性格ではないが、料理する時はきれいにするのが習慣となったようだ。妻が料理していれば途中で自分で片づけている。きれいに片付けておけば、妻が喜ぶから」と明かした。

また、ユ・ジェソクはチソンについて「チソンは普段何事にも真面目で、没頭すると一生懸命だ。一緒にSBSバラエティ番組『ランニングマン』に出演した時も、自身の名札を死守するのに集中しすぎて、名前を呼んだだけでビックリしていた」と話した。

また、シン・ソユルは「チソンはとても繊細だから、たまに大変な時もある」とし、カン・ギョンジュンは「チソンは普段からあまりにも真面目すぎておもしろくない。以前、チソンが演技について語り始めて、寒い橋の上で1時間半も話を聞かされたこともある」と明かし、チソンの真面目さを裏付けた。

趣味

チソンの趣味は運動と旅行である。

チソンはあるインタビューで、「旅行は多くの人と一緒に行くより、一人で行くのが好きです。冒険心が強い方です。ドバイ砂漠に一人で行ったこともあります。あと、あまり運動神経はよくありませんが、ダンスが上手になりたいです。クラブに行ってみると、ダンスこそが、若さを保てる一番の秘訣だと感じます。ダンスを踊りながら、活気に満ちたエネルギーを得たいのに、上手に踊ることができません」と話している。

特技

チソンの特技は歌を歌うことである。

チソンは、ドラマ『キルミーヒールミー』のOSTに参加し、「スミレ」という曲を歌った。他にも「嵐が丘」、「告白」、「Show Me Your Panty」など、自身が出演したドラマのOSTに参加して甘い歌声を披露している。

妻のイ・ポヨンにプロポーズをする時も、エルトン・ジョンの「Your song」を歌い、話題となった。

デビュー前の経歴

チソンが俳優を夢見たのは高校2年生の時からである。

当時、1993年の映画『レインマン』に出演した「ダスティン・ホフマン」という米国の俳優を見て、俳優になろうと思った。

以後、親の反対にもかかわらず、高校3年生の時、演劇科の大学に志願したが、不合格となった。

しかし、俳優への夢を諦められなかったチソンは、演技をするために上京してホームレス生活ながら、放送局にこっそり入って撮影現場を見たり、積もっている脚本を密かに見たこともあると語っている。

そんな中、ある制作会社に頼み込んでオーディションを受けることになったドラマが、チソンのデビュー作『カイスト』である。

チソンは、一生懸命に演技を準備し、オーディションを受け、このオーディションを見守っていた『カイスト』のソン・ジナ作家の目に留まった。その結果、ソン・ジナ作家はチソンのために本来の脚本にはなかった新しいキャラクターを作り、これによってチソンは俳優デビューすることになった。

出身・家族・学歴

高校 漢永高等學校
大学 水原大学校演劇映画科

周囲からの評判

オ・デファンは、チソンに関して「チソンは育児に関心が多く、一緒に子育ての話をしながら親しくなった」とし、「チソンは娘に対する愛情が格別で、実際に娘の写真を見ながら、演技したこともある」と明かした。

オ・デファンは「今は妻イ・ボヨンの代わりにチソンが育児に専念している」とチソンの日常について伝えた。

さらに、チソンを俳優として尊敬していることも明かした。オ・デファンは「これまで最善をつくす俳優は初めて見た」とし、「セリフがあってもなくても、つねに悩んで、相談して、練習する俳優だ」と賞賛した。

オ・デファンは「泣くシーンでは、撮影開始早々、涙を流すことを見ると感嘆する」と、チソンの演技について褒め言葉を惜しまなかった。

整形

チソンは、目と鼻を整形したのではないかと噂されている。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る