ダニエル・へニー

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

ダニエル・へニーについて

ダニエル・へニーは、最初はモデルとして活躍しており、2005年『私の名前はキム・サムスン』に出演したことで芸能界のキャリアをスタートした。

また、西欧的だが東洋人の情が込められた彼だけの力強い親和力は、ドラマ登場以後、主演であるヒョンビンの人気を脅威するほど魅力的な人物として認知され、彼をスターに作り変えた。

一躍スターになったダニエルだが、韓国語が不慣れであり、現在も前向きに勉強を重ねているとのこと。実際にスキルはどんどん上達しており、彼の演技に対する熱心さが周りからも評価を受けている。

基本プロフィール

芸名 ダニエル・へニー (Daniel Henney)
本名 ダニエル・フィリプヘニー (Daniel Phillip Henney)
国籍 アメリカ
性別 男性
身長 188cm
体重 73kg
血液型 O型
誕生日 1979年11月28日 (40歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 エコグローバルグループ

好きなタイプ

ダニエル・へニーの好みのタイプは、本人曰く、キム・ハヌルが"理想のタイプに近い人"という好感を示している。

また、「キム・ハヌルは美しくて率直、利口な女」や、「特に笑顔と目が魅力的だ」と明らかにしている。

これに対してキム・ハヌルは「ダニエルは、立派な容姿だけでなく、思いやり深くて優しい人」とし、「好きな音楽の好みも似てるから撮影する間、しばしば音楽を一緒に聞いたりした」と言って撮影場の雰囲気を和やかに作ったと当時のことを語っている。

性格

ダニエル・へニーの性格は、とても謙虚であり、周りを立てることできる性格である。実際に、MBCドラマ『私の名前はキム・サムスン』のヘンリー役で、人気は上昇し、ダニエルのそのイメージはパーフェクト・ガイという印象が浸透した。

彫刻のような容姿と、ドラマで見せた彼の誠実で寛大なイメージがあり、「正直言って、本当にあれほど優しく謙虚な性格なわけがあるか?会ってみたら性格は悪いに違いない。」と反論している人がヘニーに直接会うと、全員が完璧なナイスガイである彼を認めざるを得ないほどである。

ダニエル・へニーはこのことについて、「最初はとても重荷でした。僕は実際、完璧な人間ではありません。僕にも機嫌の悪い時や失敗する時があります。でも今は、“パーフェクト・ガイ”をあまり気にしないようにしています。そういう風に見てくださることに、感謝するだけです。」と語っている。

趣味

ダニエル・へニーの趣味は、スポーツ、ギター、読書、旅行などである。

特技

ダニエル・へニーの特技は、ギター演奏とバスケットボールである。

デビュー前の経歴

ダニエル・へニーのデビュー前の経歴としては、ミシガン州カーソン市出身で父親がアイルランド系アメリカ人で母親が韓国人とタイ人のハーフとして生まれた。

2001年にモデルとして仕事を始め(アメリカのアリア(ARIA)エージェンシー所属)、その後、2005年に韓国MBCのドラマ『私の名前はキム・サムスン』に出演し、広く知られるようになった。

このドラマは日本でも放送され、日本にも多くのファンを持つようになる。ダニエル・へニーはアメリカで生まれ育った為、英語は話せるが、韓国語はあまり話せなかった。2006年韓国KBSのテレビドラマ『春のワルツ』でも、台詞の多くは英語で、まれにドイツ語も使った。

現在のダニエル・へニーは、もう勉強の末、日常会話も普通に話せるらしく、両親が訪韓した際、通訳をこなした。

周囲からの評判

ダニエル・へニーの周囲からの評判としては、『ビッグヒーロー』のドンホール監督とロイ・コンレイプロデューサーが彼について言及している。

ドンホール監督は、ダニエル・ヘニのキャスティング秘話について「オーディションの最初のセリフから感動があり、適した人物だと思いました。」と切り出した。

またドンホール監督は、「ダニエル・ヘニーには温かさと感動があった」や「この映画の成功要素であり、キーとなる人物でもあった。」と当時の心境を明らかにした。

整形

ダニエル・へニーの整形の噂は特にない。

関連するアーティストを見る