多部未華子

日本の俳優

多部未華子について

東京都出身の実力派女優。重めの瞳と緩い雰囲気が可愛いと人気。

女優の新垣結衣とは同じ高校の同級生で仲が良く、綾瀬はるかとは一緒にご飯を食べに行くほど仲が良い。

女優になるまでは吉本新喜劇にあこがれ、志していた時代もあった。

2007年に二宮和成主演のドラマ「山田太郎ものがたり」(TBS)で民放の連続ドラマに初出演。2009年には、NHK連続テレビ小説「つばさ」でヒロインに抜擢され、知名度を上げた。

現在では映画やドラマ、CMなどに引っ張りだこの個性派大女優である。

基本プロフィール

芸名 多部未華子 (Mikako Tabe)
ニックネーム たべちゃん
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
血液型 O型
誕生日 1989年01月25日 (34歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

参加グループ
レコード会社 ヒラタオフィス
デビュー年 2002

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

窪田正孝と多部未華子が知り合ったのは、2012年TBSドラマ『大奥~誕生(有功・家光篇)』での共演であった。この共演で仲良くなり、交際に発展したとされている。

2013年5月に、『フライデー』でお泊り愛が、報道された。多部のマンションに、窪田が入っていき、翌朝窪田と多部が帰った所を写真に撮られたようだ。

熱愛の報道後も、デートの目撃情報があった。2014年にもデート報道、2015年にもカフェデートが報道され、「結婚も秒読み」と言われていたそうだ。

この時、窪田も多部も人気者同士で、仕事が忙しい中、恋愛も上手くいっていたようだ。しかし、翌2016年に破局報道が出た。振ったのは、多部からだという。多部が、別に好きな人ができたということで、別れたとのことである。窪田が芸能界に入って、初めての熱愛報道であった。

好きなタイプ

以前バラエティ番組「TOKIOカケル」に出演した際にタイプの男性や男性に対する視点が明らかになった。

まず「酔うと甘えてくる男性を許せるか?」という質問には「これはかわいい」と回答。年上の男性や人前でイチャイチャしたいタイプの人でも「大丈夫」と回答し、母性本能溢れる大人の女性の一面を見せた。

また、好みのタイプは?という質問には「飲み会で、隅っこの方に座っている男性が、たまにふっと笑った瞬間が好き」と答えた。

性格

ぼんやりしていてマイペースに見られがちな多部。実際の彼女もそのイメージ通り真面目でマイペース、天然だと言われている。

普段の私生活の中では人の話をあまり聞いていないという。なんでも、人に話しかけられても全然違うことを考えてしまうそうで、いつも一人で笑っているという天然エピソードもある。

また、マネージャーがトイレットペーパーと間違えてキッチンペーパーを買ってきてしまったときには他人事のように大笑いしていたそう。非情におおらかな性格のようだ。

また、おとなしそうに見える多部未華子ですが、とにかく負けず嫌いで熱血な一面もあるそうです。

趣味

読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、写真、カラオケ、ジャズダンス、タップダンス、海外旅行。

旅行が趣味の多部は、普通の一般人が行かないような秘境に興味があり、旅行先の国の伝統料理を食べることが夢なのだとか。

伝統料理の中でも特に、蛇や昆虫や幼虫でも平気で食べられるらしく、その見た目に反して冒険心と好奇心が旺盛。

また、2017年に名作映画・トップハットの舞台版にヒロインとして出演した際、舞台上で初めてダンスを披露した。中学2年生までジャズダンスを習っていた多部は20代の最後の挑戦として挑んだ舞台だったが、見事に踊り切り、今ではダンスが趣味にまでなったと語る。

特技

スプーン曲げ、乗馬、水泳。

また、以前はバラエティ番組で自分の特技を、移動中に寝ることと眠りにつくスピードだとも言っていた。車で移動をする際には必ず車内にベッドのような寝床を作ってもらうそう。

番組内では、車内で実際に眠りにつくまでの様子を身振り手振りを交えて解説するが、その寝付くまでのスピードに疑う声も上がっていた。

移動中は絶対に起きないと言いう多部は、車の移動だけでなく、飛行機に乗っているときでもあっという間に眠ってしまうそう。離陸する前に寝付いてしまうこともあるそうで、国内線だけにとどまらず、国際線の14時間にも及ぶ長旅で一度も目覚めなかったという驚きのエピソードを披露した。

番組の出演者からは「眠り姫」とあだ名をつけられていた。

デビュー前の経歴

小学5年生のとき、ミュージカル「アニー」を感激したことで「自分と同じ年代の子がこんなに輝かしい舞台で活躍することができるんだ」と感動し、同作への出演を目指して中学2年生まで「アニー」のオーディションを受けていた。

2002年にヒラタオフィスにスカウトされて、それまで所属していたムーン・ザ・チャイルドから移籍する。

同年に「Rainy 〜愛の調べ〜」のPVに出演し女優デビューを果たす。

翌年2003年には映画「HIROKI」と「青空のゆくえ」に出演し、2005年の「第48回ブルーリボン賞新人賞」を受賞した。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 日出高校
大学 東京女子大学現代文化学部コミニュケーション学科

周囲からの評判

フジテレビ系ドラマ「ラストホープ」の共演者らによれば、楽屋ではいつも寝ている、とんでもなくマイペースな振る舞いをしていたとか。にぎやかな現場で大先輩にあたる大物俳優や若手もいる状況で、堂々と寝るというのはかなり大胆な性格だと言える。

また、映画「ピースオブケイク」に出演した際には「フラフラした人や、支配欲ある人が好き」と大胆な発言していて、共演者からは奔放な性格の眠り姫だと言われていた。

更に多部は、共演者の間では「思ったことをはっきり言う性格」と評判で、天然の彼女の発言は意外にも好意的に解釈されているようだ。

公式サイト・SNS