チャン・ヨン

韓国の俳優・韓流スター

チャン・ヨンについて

1965年、演劇俳優として初舞台を踏む。その後1971年にTBC東洋放送11期公開採用タレントとして正式にデビューした。2016年にはSBS演技大賞功労賞を受賞。デビューから現在に至るまで数多くの作品に出演している。

2000年代以降は、財閥の会長や医者などの役柄を演じることが多かったが、最近では『棚ぼたのあなた』でのパン・ジャンスのような一般家庭の父親役を演じることが多い。出演作は1995年『風呂場の男達』、2004年『フルハウス』、2012年『棚ぼたのあなた』、2015年『女王の花』、2016年『パーフェクトカップル』ほか多数。

基本プロフィール

芸名 チャン・ヨン (Jang Yong)
本名 チャン・ヨン (Jang Yong)
国籍 韓国
性別 男性
誕生日 1945年04月08日 (75歳)
干支
星座 おひつじ座

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チャン・ヨンと夫人イ・サンシンは1985年5月に結婚式を挙げたとされる。イ・サンシン夫人はチャン・ヨンより11歳年下で銀行員として働いていたという。二人は親戚の紹介で出会い、1年の交際期間を経て結婚に至った。二人の間には、息子と娘が一人ずついる。

性格

チャン・ヨンは演技をこよなく愛し、より良い作品を作るためには努力を惜しまない。また、後輩の面倒見も非常に良い。

チャン・ヨンを知るドラマ関係者によると、チャン・ヨンは台本合わせのときに新人俳優らの様子も細かくチェックし、メモをしておいた後、一つひとつアドバイスをしてあげるという。

また、共演シーンがない他の俳優に関しても同様で、新人俳優らはチャン・ヨンの言葉に感動を受けるのだそう。

新人俳優の立場からすると、先輩であるチャン・ヨンの教えは非常に大きな力となる。後輩思いのチャン・ヨンと共演した俳優ハン・ジウは、「自身も将来、新人俳優に対して真心を持って接しなければならない」と感じたという。

デビュー前の経歴

チャン・ヨンは元々劇団市民劇場の団員であった。イ・スンジェ、チェ・ブラム、パク・ウンス、ナム・ヌンミ、キム・ミンジャらと同じ劇団の出身である。劇団の運営を任されたこともあるが、劇団運営には不向きであったという。

しかし演技に関しては、ずば抜けた才能を見せていた。その後チャン・ヨンは、主演よりは、主演を支える役割をすることが多くなった。特に、一般家庭の父親役を演じることが増えるようになってからは、大衆らにとっても親近感を感じさせる俳優となっていった。

出身・家族・学歴

大学 漢陽大学校演劇映画科

周囲からの評判

チャン・ヨンは、何よりも演技を第一に考える俳優として知られている。

後輩俳優であるキム・ソンリョンは、「僕は、ひとつのシーンだけを撮影するために現場に来るように言われると、『一回にまとめたらだめなのか?』と尋ねる。」とし、「しかし、先輩は『当然出なきゃ』とおっしゃる。(先輩が)長い間演技をされているのにはすべて理由があるのだと感じた」と話している。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る