ソ・ドヨン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

ソ・ドヨンについて

ソ・ドヨンは、モデル出身の俳優である。モデルとして、デビューするきっかけとなったのは、軍生活中に出会った友人が、モデルの仕事をしていたこと、そして彼との会話を通じて、自信を得たことだという。

除隊後、モデル事務所のオーディションに合格し、デビューを果たす。モデルとして活動中、知人の誕生日パーティーに参加し、そこで偶然『このろくでなしの愛』の監督である、キム・ギュテに出会い、彼の勧めで演技を始めたという。主な出演作品は、2013年『いばらの花』、2015年『美しいあなた』、2017年『逆流』などである。

基本プロフィール

芸名 ソ・ドヨン (Seo Do Young)
本名 ソ・ドヨン (Seo Do Young)
国籍 韓国
性別 男性
身長 187cm
体重 75kg
血液型 A型
誕生日 1981年04月14日 (39歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 GNGプロダクション

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

ソ・ドヨンと相手女性は、知人の紹介によって出会い、2年あまりの交際期間を経て、2012年にゴールインした。同12月22日に、ソウル驛三洞にて、結婚式を挙げた。

式は非公開とされ、ハン・ヘジン、オム・ジウォン、ハン・ゴウン、キム・ミンジュン、ユ・イニョン、パク・ジョンア、ユン・ジョンヒ、カン・ギョンジュンらが、参列した。

好きなタイプ

ソ・ドヨンは、2009年のKBS2『天下無敵イ・ピョンガン』の制作発表会にて、理想のタイプを問われ、「実は、チェ・ミョンギル先生の姪御さんに少しお会いしたが、知的で美人だった」と答えている。

性格

ソ・ドヨンは、冗談好きの明るい性格である。また、努力家で、根性もある。

以前行われたインタビューにて、「今まで演じていた役柄が、少し静かなキャラクターだったために、そういう風に考えられることが、多いと思う」と話した。続けて、「大事に可愛がられて、大きくなったエリートの姿とは、かけ離れている」と付け加えた。

また、軍隊でモデル出身の後輩に出会い、「大きな舞台に立っていた」という話を聞いて刺激を受け、「僕も出来ないことはない」と考え、モデルになることを決心するなど、負けん気もある。

そして、俳優を目指すことを両親に反対されると、1日11時間もアルバイトをしてモデルのレッスン代を稼いだという。

趣味

ソ・ドヨンの趣味は、映画や演劇、ミュージカルの鑑賞である。演技に対する愛情と、あらゆる作品を観て、自身の演技に生かそうする努力がうかがえる。

特技

ソ・ドヨンの特技は、スノーボードである。落ち着いた役柄を演じることの多いドヨンだが、運動神経も良いようである。

デビュー前の経歴

ソ・ドヨンは、1981年4月14日に生まれ、幼い頃から、芸能界に対する憧れがあったという。学生時代から、整った顔立ちと、高身長を誇っていたドヨンは、周囲から「俳優や、モデルをやってみたらどうか」という話を何度も聞いてきた。

以前、体型管理の方法について、質問されたドヨンは、「いくら食べても、太らない体質である」と明かしている。しかし、『チュノ』に出演した、チャンヒョクの体を見て、大いに反省したことがあるという。

そんなドヨンが、芸能界に入る大きなきっかけとなったのは、軍隊で出会った、友人の話である。その人物は、「モデルとして活動しており、大きな舞台に立ったこともある」と話していたという。その話を聞いたドヨンは、自分にも出来るのではないかと考え、本格的に芸能界入りを目指すようになった。

出身・家族・学歴

大学 檀国大学校演劇映画学科

周囲からの評判

ソ・ドヨンは、『友へ チング』で共演した、キム・ミンジュンと友達である。『友へ チング』の制作報告会にて、ドヨンは「釜山で、合宿をしながら、一緒によく酒を飲んだ。宿舎の前に日本料理屋があり、そこで一杯やりながら、いろんな話をしている内に、仲良くなった」と話した。

また、ミンジュンは「事前制作ドラマであるが、高校の部分を一番後で撮っている。高校の部分は、本当に仲の良いシーンが多く、監督が、私たちの仲が良くなることを計算していたようだ。今では本当に仲良くなった」と語った。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る