ソ・ジソブ

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル 韓国の歌手

ソ・ジソブについて

ソ・ジソプは歌手兼俳優、モデルである。芸能界デビュー前は、水泳と水球の選手であり、平泳ぎで全国大会に出場した経歴を持つ。

芸能界へは1995年、ジーンズブランドのモデル選抜大会で1位を獲得しデビューを果たした。新人時代は明るいキャラクターの役を演じたりもしたが、2002年『ガラスの靴』では長身とセクシーな魅力を生かしたチョルン役を演じて人気が出て、徐々に男性的なイメージを構築していった。

2004年に『ごめん、愛してる』で悲運の男の役を演じ、同年にKBS男性優秀演技賞、人気賞、ネチズン賞、ベストカップル賞などを総なめにした。

基本プロフィール

芸名 ソ・ジソブ (So Ji Sub)
本名 ソ・ジソプ (So Ji Seob)
国籍 韓国
性別 男性
身長 183cm
体重 73kg
血液型 O型
誕生日 1977年11月04日 (42歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 51K

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ソ・ジソプの恋人とのエピソードとしては、元AFTERSCHOOLのメンバーであるジュヨンの熱愛説が浮上し話題となった。

ある女性誌によると、2013年頃共通の知り合いを通じて出会い、1年4ヶ月の熱愛中であるとした。

だがこれに対し、ソ・ジソプの所属事務所はこの熱愛説が事実無根であると明かし、事態は終結した。

ソ・ジソプのその他のエピソードとしては、キム・ヒョンジュと、何度も熱愛と決別が噂されていた。

以前、二人は両家に反対されながら1年以上恋愛をしていると報道された事があり、キム・ヒョンジュがソ・ジソプの事を「私の最後の男」と話したとされていた。しかし、両家の猛烈な反対によって、別れざるをえなかったとされている。

好きなタイプ

ソ・ジソプの好みのタイプは、2017年に行われた雑誌のインタビューで「今はただ話の合う女性であれば良い。」と答えている。

また、「世代の違いとは関係なく、埋められないギャップというのがある。」とし、「僕が当たり前だと考えることを、この人が知らないってことがあるし、また逆の場合もあるだろう。」と付け加えた。

性格

ソ・ジソプの性格は、非常に内向的な性格である。あるインタビューで「ドラマ『幽霊』に出演した際のキム・ウヒョン役は、自分とは合うタイプではなかった。私は内向的で、人の前に立つ事をあまり好まない性格だ。」と回答している。

さらに、「私が演じたウヒョンやギヨンといった人物は、いつも前に出ており、自己主張をしっかりし、人々を引っ張っていくタイプである。しかし、私はそうではない。いつも後ろで見ているタイプだ」と加えた。

趣味

ソ・ジソプの趣味は各種スポーツ、音楽・映画鑑賞である。音楽鑑賞に関しては、特にラップやヒップホップを好んで聴くという。また、このような趣味が高じて自身のアルバムも発表している。

特技

ソ・ジソプの特技は、水泳と水球である。芸能界デビュー前は、水泳と水球選手として活動していた経歴を持ち、その実力は相当なものである。特に、水泳においては平泳ぎで韓国ランキング3位を記録するなどの実力者である。

デビュー前の経歴

ソ・ジソプのデビュー前の経歴としては、中学から高校、大学まで水泳の特待生として通っていた。韓国体育学校に水泳の特待生として入ったソ・ジソプは、入学後水球の選手としても活躍した。

大学1年の時に、断続的に芸能活動を行っていたが、学校側から運動と芸能活動、どちらかを選ぶように言われ、学校を自主退学したという。

その後、様々なモデルの仕事しながら、1994年に衣類ブランドの専属として活動し、芸能界への一歩を踏み出した。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1人
高校 光星高等学校
大学 韓国体育大学校競技指導学(自主退学)、青雲大学校放送演技学科

周囲からの評判

ソ・ジソプの周囲からの評判としては、彼をインタビューした記者らが、「ソ・ジソプは静かだが強いという印象を受けた。」と話した。

また、ソ・ジソプは俳優ソン・スンホンと親しい友達であり、二人で撮った写真をSNSでアップされ話題となった。

整形

ソ・ジソプの整形の噂は特にない。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る