スエ

韓国の俳優・韓流スター

スエについて

スエは、2002年のMBCドラマ『片思い』にて、正式にデビューを果たした女優である。

その清純な見た目とハスキーな声、安定的な演技力で、世間から注目を浴びるようになる。2004年には、『家族』にて映画デビューし、主役を演じている。

受賞経歴は、2003年の「MBC演技大賞」、2011年の「SBS演技大賞特別企画部門女性最優秀演技賞」、2017年の「第1回韓国シナリオ作家協会賞女優主演賞」などがある。

2003年『ラブレター』、2004年『家族』、2011年『千日の約束』、2015年『仮面』、2016年『国家代表2』など、他にも多数の作品に出演している。

基本プロフィール

芸名 スエ (Soo Ae)
本名 パク・スエ (Park Soo Ae)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
体重 46kg
血液型 A型
誕生日 1979年09月16日 (41歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 スタージェイエンターテインメント
デビュー年 1999

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

スエは過去、テウォンエンターテインメントの代表である、チョン・テウォンとの熱愛が噂されていた。 これについて、スエの所属事務所スタージェイエンターテインメントの代表は、「(チョン・テウォン代表とは)制作者と演技者として、もともと親しい間柄だ。スエは仲の良い人が多くはないが、一緒に作品を作っていた制作者と、親しいだけである」と、熱愛説を否認している。

好きなタイプ

スエは、筋肉質な男性がタイプである。

性格

スエは、撮影が始まると、作品に没頭する努力派であるという。

スエの所属事務所の理事である、チョ・ヨンジンは、KBSとの通話で、「実際の性格は、天然キャラとは程遠い。責任感が、非常に強い性格である。作品に出演するごとに、自身が主演として、ドラマを引っ張っていかなければならないという思いで、支えてくれている」と話した。

趣味

スエは、テニスや登山が趣味である。

過去に行われたインタビューにて、「スタイル維持を考えるのではなく、健康のために運動をする方が、簡単だ。私は、活動的なスポーツを楽しんでいる」と話した。加えて、「漢江で、よくインラインスケートやテニスをしたり、自転車に乗ったり、水泳も好きだ」と明かした。

特技

スエの特技は、水泳とポケットボールである。

スタイルと健康を保つために、運動を好んでやるというスエは、運動神経も優れており、様々なスポーツを楽しんでいる。

また、ポケットボールとは、ビリヤードの一種で、キャロムとは異なり、ポケットが6つあるビリヤード台で、1から15までの数字が書かれている球を使用するものである。日本では、これをビリヤードと呼ぶことが多い。

デビュー前の経歴

スエは2009年に、MBC『黄金漁場』に出演し、デビュー前の経歴について、語っている。

スエは、「俳優になる前は、下着モデルとして活動していた」と明かした。彼女は、「高校卒業後、友人が、あるモデルエージェンシーと契約をした。その友人の撮影現場に遊びに行った時に、スカウトされた」と話した。

当時、すぐに6ヶ月契約を結んだというが、契約金をもらうどころか、35万ウォンを払うことになったという。その後、ある広告のオーディションに合格し、下着モデルの仕事を得たとのことである。

また、雑誌モデルとして活躍していたスエに、「歌手としてデビューしないか」という誘いが舞い込み、練習生として、準備していた時期がある。そんなある日、有名なマネージャー(現所属事務所代表)に、「俳優としての可能性がある」と声をかけられ、俳優を目指すようになったという。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人、姉1人
高校 京畿女子商業高等学校
大学 サイバー韓国外国語大学校英語学部

周囲からの評判

スエを知る人物らは、スエの性格について「私が個人的に知っているスエは、本当にとても優しく、明るい子だ。時には、天真爛漫な姿を見せたりもする。親しい友人の前ではおてんばだったが、人見知りをするので、初めて会う人の前では、言葉数はなかった」と話している。

また、「内向的に見えるが、本当に義理堅い。気遣いができ、惜しみなく可愛がってあげたい演技者だ」という声もある。

整形

スエは、歯列矯正をした。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る