パク・チョルミン

韓国の俳優・韓流スター

パク・チョルミンについて

パク・チョルミンは、2004年ドラマ『愛してると言ってくれ』でテレビデビュー。2017年『びょんヒョクの恋』までたゆまず、俳優活動を続けている。1995年に『美しい青年ジョン・テイル』で映画デビューも果たす。

主なテレビ出演作には『デュエル』、『君主~仮面の主人~]』、『恋愛マニュアル~まだ結婚したい女』、『不滅の李舜臣』、『アイルランド』、『愛してると云って』、『サンシャイン・オブ・ラブ』がある。

主な映画出演作には『花びら』、『パクボンゴン家出事件』、『窓』、『キスしましょうか。』、『キムグヮンジャン対キムグヮンジャン対キムグヮンジャン』、『モンタージュ』、『ヒーロー』、『仁川(インチョン)上陸作戦』、『帰れ釜山港愛』がある。

基本プロフィール

芸名 パク・チョルミン (Park Cheolmin)
本名 パク・チョルミン (Park Cheolmin)
国籍 韓国
性別 男性
誕生日 1967年01月18日 (53歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 ThePiumエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・チョルミンは1988年に劇団に入団して、数年を演劇界で活動する時、劇団の仲間だった喜劇作家イ・ミヤンと出会い結婚した。

好きなタイプ

パク・チョルミンの好みのタイプは、優しくて模範的な落ち着きを持つ女性。

性格

パク・チョルミンは1987年、社会学部の学生会長だったが、不名誉で当時の総学生会長が退陣すると、総学生会長を任命されリーダーシップをみせた。

パク・チョルミンは主役より助役を中心で活動しているが、それに関して、「主演を輝かせて作品を輝かす助演の役でも真面目にしたい。」と胸の内を明らかにした。

趣味

パク・チョルミンは「似合わないが、長い間、野球とヨガを趣味として続いている。」とインタビューに応えている。

特技

パク・チョルミンは、ユーモアがあり、機知に富んだ話で周りの人を笑わすのが上手だ。

デビュー前の経歴

パク・チョルミンは、高校時代演劇部で演技者の夢を育み、中央大学経営学科に入学したが、俳優だった兄の影響で、大学生活の間中、演劇サークルで遊んだ。

1988年労働演劇団「現場」で入団して『殻を脱いで』、『大韓民国のキム・チョルシク』などの労働者の人生と闘争を描いた演劇に参加した。結婚後、子供が生まれて生活が困難になり、劇団をやめて果物売りをしていたが、1年後に再度、演技界に復帰した。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人
出生国
出生地域
高校 朝鮮大學校附屬高等學校
大学 中央大学校・経営学科

解散・引退について

周囲からの評判

パク・チョルミンは、いつも愉快で面白い演技を見せる。現場でも面白いアドリブ満載で、相手役は笑いを我慢するために苦労するほどだという。

またパク・チョルミンは、後輩たちのために無料で映画に参加し「芸術分野の特性上、独立映画、芸術映画が丈夫になってこそ、商業映画も堅固になる。 ノーギャランティーだからこそ、楽に参加することができた。」と明らかにした。

整形

パク・チョルミンの整形の噂はない。

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る