パク・シフ

韓国の俳優・韓流スター

パク・シフについて

パク・シフは、2005年のKBSドラマ『快傑春香』でデビューした、韓国の俳優である。

『結婚しよう』、『君はどの星から来たの』、『完璧な隣人に出会う方法』、『一枝梅』、『家門の栄光』、『検事プリンセス』、『逆転の女王』、『姫の男(原題:王女の男)』、『町の英雄』、『黄金色私の人生』などに出演した。

2012年の映画『私が殺人犯だ』でスクリーンデビューし、その後も『香り』、『恋した後』に出演した。

基本プロフィール

芸名 パク・シフ (Park SiHoo)
本名 パク・ピョンホ (Park Pyeongho)
国籍 韓国
性別 男性
身長 182cm
体重 70kg
血液型 B型
誕生日 1978年04月03日 (42歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 フエンタテインメント
デビュー年 2005

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

パク・シフは、バライエティー番組『Happy Tother』に出て、過去の交際経験を明らかにした。

街で通り過ぎた時、理想の女性を見つけて、付いて行ったことがあるという。「時間が有ったら、話したい」と近づいたが、彼女から「12時までには帰らないとだめだ」と言われ、断られた。しかし、また次の日にアタックして、二人はその後、4年間付き合うことになった。

好きなタイプ

パク・シフは、好みのタイプについて「第一印象がいい人で、年上よりは年下の方がいい」と話している。

性格

パク・シフは、自身の性格について、「優しくて、誠実な面を多く持ってる。しかし、実際の性格は恥ずかしがり屋で、いつも役でもらうようなキャラクターとは、違う。ドラマの演技を通じて、これまでやってみたかった、ロマンチックな場面をたくさん経験できて、嬉しい」と明らかにした。

趣味

パク・シフは運動が大好きで、冬になるとスノーボードをしに、よく行っている。

特技

パク・シフは運動好きで、その中でも合気道、ボクシング、剣道が特技である。

デビュー前の経歴

パク・シフは、無名期間が長かった俳優でもある。略歴演劇『十二両人生』でデビューし、入隊前まで、1年6ヵ月程度を演劇舞台で活動した。

SBSで、意欲的に制作したドラマ『白夜3.98』に、エキストラでしばらく出演したのが、初めの俳優活動で、1999年の映画『春香伝』で得た短役で、ブラウンデビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1
高校 扶餘高等學校
大学 漢陽大学校演劇映画科

周囲からの評判

パク・シフについて、ドラマ『黄金色の私の人生』で共演した、シン・ヒェソンは「シフを初めて見た時、ジェントルな方だと感じた。撮影をしてみてもジェントルだったが、どこか抜けてる面があった。初撮影の時から楽だったし、演技の相性もよく合った」と打ち明けた。

また、他の共演者であるイテフヮンは、「シフは、先に笑いながら挨拶してくれる。優しいし、天然なところもあるが、その一面も魅力だ」と、インタビューで話した。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る