パク・シニャン

韓国の俳優・韓流スター

パク・シニャンについて

パク・シニャンは、1996年のドラマ『りんごの花の香り』でデビューした、韓国の俳優である。

『愛するなら』、『私のハートを奪って』、『パリの恋人』、『銭の戦争』、『風の絵師』、『サイン』、『町の弁護士チョ・ドルホ』などに出演した。1996年の映画『ユリ』で、スクリーンデビューし、その後も『手紙』、『モーテルカクタス』、『プアゾン』、『ホワイト・バレンタイン』、『約束』、『キリマンジャロ』、『達磨さん、遊ぼう』、『インディアンサマー』、『4人の食卓』、『ビッグ・スウィンドル!』、『霊媒ヤクザ(拍手ごろつき)』、『町の弁護士チョ・ドゥルホ』などに出演した。

SBS演技大賞・最多受賞者でもある。

基本プロフィール

芸名 パク・シニャン (Park ShinYang)
本名 パク・シニャン (Park ShinYang)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 68kg
血液型 B型
誕生日 1968年11月01日 (51歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 シナジーインターナショナル
デビュー年 1996

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・シニャンは、2002年に13歳年下の女子大生と結婚した。妻のぺク・へジンは、ハーゲン・ダッツ韓国企業オーナーの孫だと事で、更に話題になった。

好きなタイプ

パク・シニャンは、優しくて綺麗な女性がタイプである。

性格

パク・シニャンにインタビューした記者は、「シニャンが毎日朝に目覚め、する考えはたった一つ『今日一日も、後悔はしないように』である。記者が『生きてみて、後悔することが本当に一つもなかったか?』という質問に、シニャンは『そうだ』と答える。これが、シニャンの生活信条だ。 選択する前には沢山悩むが、選択した後には振り返り、未練を持たないということ。そのせいか、シニャンは質問に、簡単には答えなかったが、いざ返事をし始めれば、最後まできちんと終了する習慣を見せた。選択したことについて、たとえ体が辛くても、苦労と考えないというシンャン。自分に対し、無限の確信を持って、いつも最善を尽くしたと信じる人。どうしたら、そんな自身を持つことができるのか?パク・シンャンの答えは、意外に簡単だ。『信条を忘れなければいいです。今日一日も後悔はしないように』である」と、記事を出した。

趣味

パク・シニャンの趣味は、アイスホッケーとジャズダンスである。

特技

パク・シニャンは、舞台のために習ったバレエと器械体操が、特技である。

デビュー前の経歴

パク・シニャンは1986年に、演劇『ハムレット』という作品を通じて、演劇俳優としてデビューした。

東国大学卒業後は、ロシアに渡り、スェプキン演劇大学とシュキン演劇大学で修学した。留学後、ヤン・ユノ監督の誘いで、映画デビューをする。

短編映画へ出演をしながら、本格的に俳優の道を歩み始めたシニャンは、1996年に映画『ユリ』に出演し、映画俳優としても正式にデビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1
高校 光成高等學校
大学 東国大学演劇学科、ロシアシェーフキン演劇大学、シューキン演劇大学

周囲からの評判

パク・シニャンについて、俳優キム・グァンシクは、ドラマ『銭の戦争』でのエピソードを公開した。

グァンシクは「悪役なので、気力でも主人公に耐えなければならないと考えた。『あなたを押してしまう』と心の中で言っていた。その後、「10億ウォンの俳優を演技で押さえる」というインタビュー記事を見て、シンャン先輩が誤解をしたようだ。それなのに、変わらず、優しく接してくれた」と愛情を伝えた。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る