パク・サンミン

韓国の俳優・韓流スター

パク・サンミンについて

パク・サンミンは、1994年ドラマ『若者のひなた』でデビューし、その後『スキャンダル』、『お金の化身』、『武神』、『天使の報酬』、『シティーハンター』、『ジャイアント』、『大王世宗(テワンセジョン)』、『不良カップル』、『そばにいて』、『愛しのおバカちゃん』など数々の作品に出演。

1990年には映画『将軍の息子』にて主人公デビューし大ヒットを記録。立て続けに『将軍の息子2』、『将軍の息子3』まで出演した。その他の作品には、『離婚していない女』、『非常口がない』、『泥棒と詩人』、『男はつらいよ』、『マリアと旅館』などに出演した。

演技力にも定評があり、靑龍映畵賞・人気賞を1990年、1991年と2回受賞している。

基本プロフィール

芸名 パク・サンミン (Park Sangmin)
本名 パク・サンミン (Park Sangmin)
国籍 韓国
性別 男性
身長 177cm
体重 72kg
血液型 A型
誕生日 1970年10月19日 (49歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 起立拍手エンターテインメント、 bobスターカンパニー
デビュー年 1990

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・サンミンの恋人とのエピソードとしては、「ワールドニュース」のキャスターでおなじみのハン・ナレとの結婚が話題となったが、結婚生活2年6ヶ月で離婚してしまっている。

好きなタイプ

パク・サンミンの好みのタイプは、仕事を楽しんでいる女性、キャリアウーマンがタイプであると話した。

性格

パク・サンミンの性格は、富裕な医師の息子に生まれたが、勉強は苦手で、運動神経は高いことで知られる。また、学生時代は、喧嘩や事故なども起こし、カッとしやすい性格であると報じられている。

趣味

パク・サンミンの趣味は、スキー、ビリヤードである。

特技

パク・サンミンの特技は、運動全般で、学生時代は陸上をやっていた。テコンドーは2段の実力を持っている。

デビュー前の経歴

パク・サンミンのデビュー前の経歴としては、ソウル芸大1年生の時にイム・クォンテック監督の映画『将軍の息子』の新人俳優の公開オーディションで合格し、見事主役の座を掴んだ。

映画『将軍の息子』は大ヒットとなり、続けて『将軍の息子2』、『将軍の息子3』と出演し人気を博した。

出身・家族・学歴

兄弟 兄2
高校 廣南高等學校
大学 ソウル芸術大学映画科

周囲からの評判

パク・サンミンの周囲からの評判としては、離婚の裁判が難航し、世間の目も厳しいものとなっていたが、ドラマ『ジャイアント』に出演したことで、イメージが改善されつつあった。

このことについてパク・サンミンは、「自分を信じて起用してくれたイム・クォンテック監督の顔を立てることができて嬉しい。」と喜びを見せている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る