パク・サンミョン

韓国の俳優・韓流スター

パク・サンミョンについて

パク・サンミョンは、1999年『ワンチョ』でデビューし、その後、『男三人女三人』、『バッドボーイズ』、『俺たち3人組』、『星を射る』、『花より美しい』、『グリーンローズ』など数々の作品に出演している。

また、最近では『ノーウェアー~情け容赦無し~』、『花嫁はギャングスター』、『7番部屋のプレゼント』、『老いた自転車』などにも参加し、ジャンルを問わず、高い演技力で人気を博している。

基本プロフィール

芸名 パク・サンミョン (Pak SangMyeon)
本名 パク・サンミョンパク・サンミン (Pak SangMyeon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 180cm
体重 90kg
血液型 A型
誕生日 1968年01月27日 (52歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 imagineasiaエンタテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・サンミョンの恋人とのエピソードは、彼が無名時代から付き合っている1歳年下のチェリストのキム・スギョンさんとの結婚が報じられている。

二人は、1993年に出会い交際をスタートさせ、1995年11月に結婚。現在では娘1人を持ち幸せな家庭を築いている。

好きなタイプ

パク・サンミョンの好みのタイプに関する報道や記事は特にない。

性格

パク・サンミョンの性格は、本人曰く、「私は、感情移入しやすく涙もろい性格である。ドラマや映画でもよく泣くし、音楽を聞いても泣いてしまう。そのため、よく妻に注意される。」と述べている。

趣味

パク・サンミョンの趣味は、映画鑑賞、音楽鑑賞である。

特技

パク・サンミョンの特技は、モノマネである。特にエルビスプレスリーのモノマネが得意で、バラエティ番組で披露したこともある。

デビュー前の経歴

パク・サンミョンのデビュー前の経歴としては、1986年に演劇『ハムレット』の端役出演を通じて演劇俳優デビューをした。しかし、そのまま俳優業の道には進まず、1992年から翌年1993年まではソウルの公演企画会社の一般社員を経験する。

その後、再び俳優を目指し、会社を退職。1993年にミュージカル『お嬢さんと、ごろつきたち』の助演を通じてミュージカル俳優デビューを果たす。1996年には映画『ボス』の端役出演を通じて映画俳優デビューした。1999年以降には、テレビタレントとしても活動した。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1、姉2
高校 普成高等學校
大学 ソウル芸術大学演劇学科 演劇学科

周囲からの評判

パク・サンミョンの周囲からの評判としては、パク・ジュンミョンとの兄妹説が噂されたことがある。

これはあるバラエティ番組にて、「二人とも名前にミョンが付いていて、顔も似ており、実際に映画にも兄妹役でキャスティングされたことがあった。」とし、兄弟なのではと発言したことがきっかけで広まった。

実際のところは似ているだけで兄妹ではないが、一緒にお酒を飲む仲間でもあり、共通の酒の場でのエピソードがあることで有名だ。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る