パク・コニョン

韓国の俳優・韓流スター

パク・コニョンについて

パク・コニョンは、映画、ドラマ、舞台と、幅広く活躍する韓国の俳優である。

2004年に、SBSドラマ『波瀾万丈ミスキムの10億作り』でデビューした。その後、『風の国』、『火の女神チョンイ』、『ワーキングママ育児ダディー』に出演した。2004年に、映画『DMZ 非武装地帯』でスクリーンデビューした。その後、『ダンサーの純情』、『生、ナル先生』、『トゥクバン伝説』に出演した。

ミュージカルでは2001年に、『ザ・プレイ』でデビューした。その後、『ザ・リハーサル』、『サタデー・ナイト・フィーバー』、『ココビーチ』、『土手伝説』、『モーツァルト』、『若きウェルテルの悩み』、『ヘドウィグーヘドウィグ』、『「スカーレットピムポネル-』、『デセンバー』、『フランケンシュタイン-』、『インタビュー』出演し、ミュージカルを中心に、幅広く活動している。

基本プロフィール

芸名 パク・コニョン (Park Geonhyeong)
本名 パク・コニョン (Park Geonhyeong)
国籍 韓国
性別 男性
身長 183cm
体重 72kg
血液型 O型
誕生日 1977年11月01日 (42歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 Namooactors Entertainment

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・コニョンは、2012年に11歳年下の女性会社員と初めて出会い、2年の交際を経て、2014年10月20日に結婚した。

好きなタイプ

パク・コニョンの好みのタイプは、目が綺麗で、よい香りのする女性が好みだそうだ。

性格

パク・コニョンは、学生時代は恥ずかしがりで、口数も少ない内向的な性格だったそうだ。先生達とは親しく、学級委員として活動するなど、模範生に近い学生だった。

自分の内向的な性格を変える為に、江南(カンナム)駅の前で、化粧品販売のアルバイトをし、通りがかった女性に、無料で皮膚診断をしたりした。深夜には、焼肉屋で接客したりと、積極的にいろいろな経験して、性格を変えていったという。

ラジオに出演した時に、「普段はイタズラが好きで、よくイタズラをしています。演劇の舞台の上でもイタズラするし、相手の人がびっくりするのを、計算してイタズラをする。」と、イタズラ好きである事を明かしている。

趣味

パク・コニョンの趣味は、格闘技だという。

特技

パク・コニョンの特技は、舞台で磨いた、歌とダンスである。

デビュー前の経歴

パク・コニョンは、高校の1年生の時、アカペラ合唱団クラブで活動していた。祭りの舞台などで、数多くの観客の視線を受け、内向的な性格の自分が心配する事なく、心が開放的になる様な感覚を持つようになって、舞台に対する憧れが始まった。

高等学校3年生の時、ナム・ギョンジュと、チェ・ジョンウォンが、主演を務めたミュージカル『愛は雨に乗って』を見て、俳優の道に進む事を決めた。

除隊してから、ミュージカル『crew』で仕事しながら、俳優のオーディションを受けていた。その後、ミュージカル『ザ・プレイ』でデビューする事になった。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1
高校 中央髙等學校
大学 ソウル芸術大学演劇科

周囲からの評判

パク・コン二ョンは現在、韓国でミュージカル中心に、主役として活躍している。肯定的で愉快なイメージが有り、皆から愛される、俳優のユ・ジュンサンと似ている点が多い。

実際二人は、プライベートでもスポーツを楽しんだりと、とても親しい関係である。ライバル意識もすごく、スポーツをする時でも、真剣に対決し、試合を行っているという。仕事でもプライベートでも、お互いが磨きあえる、いい関係である。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る