パク・クァンヒョン

韓国の俳優・韓流スター

パク・クァンヒョンについて

パク・クァンヒョンは、1997年にSBS7期公開採用で選ばれ、俳優デビューした。

1997年のSBSドラマ『女』でデビューし、同年の作品『カタツムリ』『LAアリラン』から、2017年のSBS『姉は生きている』まで、活発的に活動している。

その他出演作品は、『最高の恋人』『輝くロマンス』『ルビーの指輪』『清潭洞(チョンダムドン)アリス』『輝ける彼女』『ピンクのリップスティック』『太陽をのみ込め』『愛は簡単じゃない』『新・別巡検2』『カップルブレイキング』『あんぱん』『振り向けば愛』『その陽射が私に』『バッドガールズ』『メディカルセンター』『ワンチョ』などがある。

2000年に、KBS演技大賞・新人賞、MBC演技大賞・ラジオ部門新人賞、KBS演技大賞・新人賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 パク・クァンヒョン (Park Gwanghyeon)
本名 パク・クァンヒョン (Park Gwanghyeon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 177cm
体重 67kg
血液型 AB型
誕生日 1977年10月11日 (42歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 FNCエンターテインメント

好きなタイプ

パク・クァンヒョンは、理解心が高く、自分から見て、綺麗な女性がタイプである。

性格

パク・クァンヒョンは、「何よりも、人が一番重要だ」と思う性格で、周りの友達や知人のお世話を進んでよくする。安全不感症で、レーシングする時も、踏む過ぎて何度もケガをした。

クァンヒョン本人は、自身の性格について、「僕の基本的な性格は、明るくて、明朗快活です。家庭にいる時間だけは、最善を尽くそうとします。仕事と家庭、二兎捕まえることは大変ですから、家庭ではもっと熱心に、自分のやるべきことをしようとします。子供がもう大きいので、楽しく遊んでくればいいんですよ。撮影が終わると、子供が眠る前に着くよう、最大限早く帰って、30分でも楽しく遊んでくれると嬉しい」と話し、家庭的な一面を見せた。

趣味

パク・クァンヒョンは、親友リュ・シウォンの影響で、レーシングが趣味である。父の影響でゴルフを始め、今ではプロ級のレベルだという。

他にも、サッカーとスノーボードも好きである。

特技

パク・クァンヒョンの特技は、歌と寝ない事である。

デビュー前の経歴

パク・クァンヒョンは、江原道襄陽郡出身で、ソウル市で育った。

「1997年に、SBSトップタレント先発大会で、芸能人を目指していた友達に付いて行き、友達は落ち、僕だけが受かった。面白そうで、急いでスーツを買って、オールバックにしたヘアで、プロフィール写真を撮った。金賞を受賞して、公開採用タレントとなった。演技の基本も知らなかったので、現場でよく怒られた。だった一度でも、夢見たこともない道だったが、始めるなら、真面目にやると決めた」と、インタビューで話した。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
高校 Baekseok High School
大学 韓国関東大学院・土木工学科修士、韓南大学・体育学科博士

周囲からの評判

パク・クァンヒョンについて、ドラマ『姉は生きていく』で共演したオ・ユナは、インタビューで「クァンヒョンが、泣きながら真剣な表情を用意していたが、その表情が、あまりにも笑えた。それで堪えきれず、泣きながら笑った。笑いすぎるのもいけないと思い、途中で我慢した」と話した。しかし結局、その後にまた笑ったという。

また、「クァンヒョンは、本当に肯定的な性格だ。本当に少年のようだ。撮影の序盤に、おなかが出てきたようで、『ダイエットして』と言ったら、『あなたみたいに細い子は、僕みたいな男性好きじゃないか』と言ってきたので、『いいえ』と返した」と、撮影エピソードを明かし、現場を笑わせた。

整形

なし

公式サイト・SNS

パク・クァンヒョンの楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る