パク・クァンジョン

韓国の俳優・韓流スター

パク・クァンジョンについて

パク・クァンジョンは、1992年に映画『ミョンジャ・明子・ソーニャ』で俳優としてデビューし、1994年にはドラマ『愛をあなたの胸に』を最初にドラマにも多数出演している。

ドラマ『白い巨塔』、『ニューハート』や、映画『オーロラ姫』などの作品に出演しながら、数々の演劇を演出してきたパク・クァンジョンは、2008年に肺がんにより他界した。

基本プロフィール

芸名 パク・クァンジョン (Park Kwangjung)
本名 パク・クァンジョン (Park Kwangjung)
国籍 韓国
性別 男性
血液型 B型
誕生日 1962年01月19日 (58歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 なし

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・クァンジョンはチェ・ソンヨンと結婚し、二人の間には二児の息子がいた。

2008年12月15日、パク・クァンジョンは肺ガンのため入院していた病院で、妻のチェ・ソンヨンと当時中学生だった息子たちが見守る中、永眠した。

性格

パク・クァンジョンの演技への情熱は

パク・クァンジョンは、劇団を運営するために家を売るほど、 演劇に熱意をもっていた。

また、あまり他の人を気にせず、熱しやすくて冷めやすいタイプだという。

さらに、パク・クァンジョンが主演を務めた映画『妻の恋人に会う』の試写会では、パク・クァンジョンがマイクを整理して準備をして、謙虚で自ら行動する性格であることを明らかにした。

趣味

パク・クァンジョンの趣味は、演劇である。

特技

パク・クァンジョンの特技は、演劇である。

デビュー前の経歴

漢陽大学の演劇学科に在学していた頃、記者として務めながら学業を没頭した。

元々の夢は演出家で、俳優になろうとは思ってなかった。大学の授業で、俳優が足りなくて演じさせられたとき、俳優で作品に参加したら演出の勉強になると思い、俳優活動を始めた。

1980年、舞台俳優としてデビューし、1982年にはミュージカルにも出演したパク・クァンジョンは、1992年映画『ミョンジャ・明子・ソーニャ』で本格的にデビューを果たした。さらに、その年に舞台『マジックの店』で演出家としてもデビューした。

出身・家族・学歴

高校 光州眞興高等學校
大学 成均館大學校金属工学科、漢陽大學校演劇映画学科

周囲からの評判

映画『妻の恋人に会う』のキム・テシク監督は、あるインタビューで「パク・クァンジョンの顔は、近くで見たらすごく美しい顔で、映画でクローズアップしたシーンが多いのもこの理由だ。繊細なしわと表情は、キャラクターの内面を表現するのに特化している」と話し、パク・クァンジョンを賞賛した。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る