パク・インファン

韓国の俳優・韓流スター

パク・インファンについて

パク・インファンは1970年の『壬辰の乱』でデビュー。その後1989年『ワンルン一家』で知名度をあげる。2017年には『マッド・ドック』など有名作品に出演してる。その他の出演作には『黎明の瞳』、『英雄時代』、『クッキ』、『商道』、『酒の国』、『太陽に向かって』など数々の作品がある。

その高い演技力が認められ1973年に、百想藝術大償演劇部門・男性新人演技賞を始め、1980年MBC演技大賞・優秀演技賞、1984年百想藝術大償演劇部門・男性再優勝演技賞、2000年SBS演技大賞・男性最優秀演技賞など受賞した。

基本プロフィール

芸名 パク・インファン (Park Inhwan)
本名 パク・インファン (Park Inhwan)
国籍 韓国
性別 男性
血液型 B型
誕生日 1945年01月06日 (75歳)
干支
星座 やぎ座

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・インファンの恋人とのエピソードは、4歳年下だったキム・ギリムとの結婚が話題となった。

当時、映画雑誌記者していたキム・ギリムは、劇団の取材をするためにパク・インファンを尋ねた。その時のお互いの印象がよく、そのまま交際がスタートした。

今では、二人の間に娘二人と息子一人がおり、幸せな家庭を築いている。

性格

パク・インファンの性格は本人曰く、「もともと単純で愚鈍な性格である。人の名前もよく覚えられない。しかし、一つのことにはじっくり取り組み、マラソンランナーのような精神で生きていこうと努力している。」とインタビューで回答している。

特技

パク・インファンの特技は、あまり多くはないが、雄一の特技が演劇だとインタビューで答えている。

デビュー前の経歴

パク・インファンのデビュー前の経歴としては、中央大学1年生演劇を始めたが、1964年当初は演技で家計を支えることは難しく、将来に不安を持ちながらも演劇をやり抜いた。

彼は当時の様子について、収入も無くて苦労したが、自分にとっては黄金期だったとインタビューで回答している。その後1967年劇団「架橋」に入団し演劇デビューした。

出身・家族・学歴

大学 中央大学校演劇映画科

周囲からの評判

パク・インファンの周囲からの評判としては、映画『静かな家族』のキム・ジウン監督が、彼の性格について「作品の中では、強い印象の父親のイメージが強いが、現場ではコミカルな笑いで場を和ませてくれた。」と述べている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る