ノ・ジュヒョン

韓国の俳優・韓流スター

ノ・ジュヒョンについて

ノ・ジュヒョンは、1968年にTBCタレント5期生公開採用に選ばれた。2年間は、短役で経験を重ね、1970年のドラマ『アシ』で、初めて主演を務め、多大な人気を得た。

2016年『これが人生!ケ・セラ・セラ』まで、絶え間なく、活発に俳優活動をしている。出演作には、『白夜姫』『傲慢と偏見』『みんなキムチ』『じゃがいも星』『 王(ワン)家の家族たち』『スペシャル・マイ・ラブ』『素敵な人生づくり』『スカーレットレター』『美しき人生』『怪しい三兄弟』『糟糠の妻クラブ』『その女が恐ろしい』『タルジャの春』『思いっきりハイキック!』『噂のチル姫』『ガラスの華』『漢江ブルース』『薔薇の戦争』『ソニ&ジニ』『情熱』などがある。

特に、現代総合互助フリードを6年間、第一薬品ケペンテックを5年間、韓国ロシュ診断アキュチェクを7年間、CM出演をした。

基本プロフィール

芸名 ノ・ジュヒョン (No Juhyeon)
本名 ノ・ウニョン (No Unyeong)
国籍 韓国
性別 男性
身長 174cm
体重 76kg
血液型 A型
誕生日 1946年08月19日 (74歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 HICC エンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ノ・ジュヒョンの8歳年下の妻、キョンヒ大学・国文科を卒業したチェ・ソンギョンと、1976年に親戚の紹介で知り合った。その後、1年の恋愛を経て、結婚した。

「静かに家庭生活をする専業主婦だ。それで、僕もそうだが、彼女もメディアに露出する必要性を感じていない」と伝えており、特に情報はない。

性格

ノ・ジュヒョンはインタビューで、自分の性格を「僕が若い頃は、凄く保守的で利己的で、妻に能力があるにもかかわらず、外に出て働かれることが、とても嫌だった」と話した。

また、「僕の顔の表情は、余裕がなく、隙が見えないんじゃないかと思う。これまで、肩に力を入れて、権威的に生きてきたわけじゃないけど、重圧的に見えたり、ちょっと近づき難いイメージだったと思う」と伝えた。

一方奥さんは、「新婚の時には、60代のおじいさんと住んでいる感じがあった。無口で、礼儀正しい夫だった。しかし、シットコムに出演してから、少し性格も変わって、普段使わない言葉を使ったり、軽くなった感じもして、戸惑った」とインタビューで、話した。

趣味

ノ・ジュヒョンの趣味は、ペット飼うことである。

特技

ノ・ジュヒョンの特技は、ペットの訓練である。

デビュー前の経歴

ノ・ジュヒョンは、1946年に、ソウルで生まれた。韓国戦争を経験し、父は戦争中に亡くなった。

幼い頃、避難した場所で、家族と一緒に、ソウルから歩いてアンソンまで行った。戦争中のもかかわらず、アンソンでの思い出は、ふるさとのように、心暖かくしてくれるという。

母は、チョンノで宝石店を開き、父がいない家だったが、裕福に育った。東京留学生出身の父親と梨花女大学校出身の母親、LG電子副会長を務めた兄、ソウル大学校・美術学部出身の画家姉たちと、エリート一家である。

当時、ソウル大学美術学部に通う姉の友達が、「あなたは映画俳優になったらいいよ」と勧められ、ハンヤン大学・演劇映画科に入学した。兄も、大学卒業後、学校に残って学者になる事を望んだ。

大学2年生から、学校生活に不満が積もり、突発口を捜している途中、1965年に演劇俳優としてデビューした。1966年からは、ミュージカル俳優として、活動した。

1968年に、TBCタレント公開採用5期生に選ばれた。始めてから2年間は、短役で出演し、1970年のドラマ『アシ』で、初めて主演を務め、多大な人気を得た。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1姉1
高校 培材高等學校
大学 漢陽大学校演劇映画科

周囲からの評判

ノ・ジュヒョンは、新人時代に映画に出演したが、製作会社の社長が、タレントとして知られた名を捨てて、映画俳優の芸名を持つように要請した。しかし、その要請を簡単には受け入れられず、結局、作名家の判断に決定することにした。

有名な作名家は、ジュヒョンの本名「ノ・ウンヨン」は、結婚を3回する人生だといい、名前を変えた。1980年代のドラマの『ダルドンネ』で、俳優イ・ミスクの夫や、長男で出演する予定だった。しかし、当時ミスクが、他の番組にも出演するようになったため、そのドラマで首になり、一緒に海外出張に行ったという形式で、途中下車することになった。

その問題で、放送会社の高位幹部に、謝罪を要求したが、受け入れてもらえなかった。結局、二人とも血だらけになるく程争い、その後二人共、救急室に運ばれたという。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る