イェソン

SUPER JUNIOR K-POP・韓国のアイドル

イェソンについて

SUPER JUNIORではリードボーカルを担当しているイェソン。少し独特なハスキーボイスで優れた歌唱力を持っており、体が強い方ではないが、華麗なダンスも。ソロアルバムも出しており、歌唱力を活かした活動の幅も広げている。

基本プロフィール

芸名 イェソン (Jerome Kim)
本名 キム・ジョンウン (Kim Jong-Woon)
ニックネーム ジョンウン、クルムオッパ、兄さん
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 64kg
血液型 AB型
誕生日 1984年08月24日 (36歳)
干支
星座 おとめ座

所属

参加グループ

SUPER JUNIOR

事務所 SMエンターテイメント
デビュー年 2005

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

同じ指で同じスマートフォンを持っている写真を撮られ、2012年に付き合っていることが明らかになった。

好きなタイプ

イェソンのタイプは、目がキラキラしており、心が暖かい女性だという。女優のムン・グニョン、広末涼子、イム・スジョンがタイプだそうだが、3人の共通点はセクシーと言うより可愛い妹のような純粋な人。イェソン自身も純粋な人なので、相手にもこの点を求めるようだ。

そのため、一目惚れではなく何度も会ううちに恋に落ちていくパターンだと分析している。

女優のムン・グニョンに対しての切ない気持ちをラジオでも語った。一度試写会で彼女を見たがあまりにも人が多くて近づけず、その後駐車場でチャンス!と思ったら彼女のファンがイェソンに気づいて大騒ぎになりそうになり逃げたそうだ。

性格

イェソンは、メンバーの中でも特に真面目な方だ。バラエティ番組に出てもトークを積極的にする方ではないが、独特の味がある天然系ギャグで人気を掴んでおり、4次元的存在とも言われている。

サイン会にサングラスをかけて来たファンにサインの横に「To: 目が4つある女の子」とメモ書きするなど、いたずらっ気もある性格だ。

デビュー当時は一番ダンスが下手で、それが笑いのネタでもあったが練習の成果もあり、今は上手すぎて笑いが取れないのも事実である。

温和な性格に見えても、気に触ることがあると興奮するそうでヒチョルのミニホームページでは、イェソンのあだ名が狂犬となっている。

また自分の健康管理も徹底しており、プロ意識が高いと言えるメンバー。よく顔を腫れる体質で、写真撮影などある前日は絶対に食事をとらないそうだ。番組で料理が出てもほとんど手をつけない方が多く、ファンには心配の種となっている。しかし、ファンが作ってくれるお弁当や差し入りは必ず口に入れるので、ファン思いな彼ならではの行動だろう。

趣味

DVDを集めることが趣味で、イェソンの家には約5,000枚程あるという。そのため練習生の頃から演技にチャレンジしてみたかったと語っており、他のメンバーがドラマで演技をしてる時、自分はミュージカルに出演し、歌いながら演技を磨いた。2015年、初の出演ドラマ『錐』は大型スーパーを舞台に非正規雇用として働いていた労働者のストーリーを描いたドラマで、ついに趣味が仕事へと繋がった。

また、他の趣味としてはペットを飼うことがあげられる。約3万円する亀を飼い始めたのが始まりで、元々は暇つぶしの為に飼い始めたが亀のあまりにも怠慢さに余計暇になった為、もう2匹亀を飼うことにしたという。

その時は、あわせて子犬も購入した。ある日元々飼っていた亀が急成長してどんどん他の亀を追い越し、しまいには犬より大きくなってしまい、これ以上個人で飼うことは無理だと判断したイェソンは、COEX水族館に亀を自分の名前(イェソン)に改名して里親になってもらった。2015年元気な卵を産んだそうだ。

特技

他のメンバーと同様、歌唱力には定評がありイェソンの特技は歌だといえる。2016年MBC『覆面歌王』に出演し、第1ラウンドではチュ・ヨンフンの「私達の愛、このままで」を熱唱し、第2ラウンドでザ・ワンの「I do」、第3ラウンドでアン・チャンファンの「人が花より美しい」と得意のバラードを披露して準優勝に輝いた。

しかし、2ラウンドを勝ち抜いた時、テロップに「一体どうして?」と書かれて一時論争になった。こうして賛否両論があったものの、見事アイドル歌手の域を超えた技術を見せつけることとなった。

またビジネスにも関心があり、弟と共同で経営しているカフェの名前は、「Mouse Rabbit Coffee(ネズミとうさぎコーヒー)」。それぞれの干支を使い、ファンの間では大好評でいつ行っても混んでるそうだ。

デビュー前の経歴

高校生の時、自分の子供に歌の才能があると見込んだ母親がSMオーティションに応募してSMエンターテイメントと契約した。

練習生活が長く続くにつれ未来が見えない不安感から兵役に行くことを決心して、天安に行く。ちょうどその時に練習生活を一緒に送った東方神起のコンサートがあり、それを応援してるイェソンの後ろ姿を見た彼の両親が涙を流したという。

それを見たイェソンはまた一から歌手として頑張ろうと決心したのであった。その後、見事にSUPER JUNIORとしてデビューし、両親をソウルに呼んで家と店をプレゼントした芸能界では指折りの親孝行者だ。

デビュー当初、歌は上手なのに発音についてはあまり評判が良くなかったことから高音パートを任される機会が少なかったが、徐々に上達して2016年にソロ歌手としても華々しいデビューを飾った。

ちなみデビュー曲「ドアを開けてごらん(Here I am)」およびミニアルバムは、歌手ブラダー・スーと共同作業をおこないながら作曲作詞に携わった。曲の内容は、別れた彼女が忘れず彼女の家まで訪ねてしまう切ない男の感情を表したバラードとなり、その音楽性も話題となった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 靑雲大学校

周囲からの評判

メンバー達の鼻の下を触る悪趣味があり、皆に嫌がられている。夜中にメンバーが寝てる最中に部屋に入って無表情で触ると言う。こうした点から、ある番組でシンドンがメンバー中で一番の変わり者だと語った。

そんなシンドンは、ある日イェソンの部屋を覗くと片手に漫画、もう片手にコンピューター、イヤホンで音楽を聴いているという。その後漫画の内容、DVDの内容、全部把握しているということが分かり、天才だと付け加えた。

またイェソンは、ノートに蟻より小さい字で家計簿をつけていたそうだ。よく見るとメンバーの誰々にいくらお金を貸したなどが細かく書かれていた。シンドンは彼について、未来から来た宇宙人のようで掴みどろこがない天才だと褒めた。

整形

整形したことを本人や事務所は認めていないがファンの間では、顎と鼻の整形疑惑が根強く噂されている。

デビュー当時と現在の顔を比べると、潰れた団子鼻は高くなっったと見られている。また顎はエラを切開したせいか、シャープになり顔全体が小さくなっている。

公式サイト・SNS

SUPER JUNIORのYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

イェソンの楽曲

すべての楽曲を見る

SUPER JUNIORのメンバー

関連するアーティストを見る