イトゥク

SUPER JUNIOR K-POP・韓国のアイドル

イトゥクについて

SUPER JUNIORのリーダーであり、サブボーカルを担当しており、メンバーの中でも練習生としての期間が長い。その為、歌手になれなかった時も想定しており、MCとしての実力もあるそうだ。

現在でも数々のMCに出演し、ラジオなどでトークを披露している。そのため、アイドルとしてより、トークショーやバラエティでの賞を数々受賞している。

基本プロフィール

芸名 イトゥク (Dennis Park)
本名 パク・ジョンス (Park Jung-Su)
ニックネーム トゥギ、ハラボジ、じぃじ
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 59kg
血液型 A型
誕生日 1983年07月01日 (37歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ

SUPER JUNIOR

事務所 SMエンターテイメント
デビュー年 2005

好きなタイプ

イトゥクは好きなタイプについて、メンバーの中でも一番うるさい人だという。タイプには10以上条件があり、メンバーからも呆れられている。礼儀正しくフレンドリー、理解があり、可愛い人、正直、利口、スレンダー、自分だけを見てくれる人、笑った時目がタレ目になる笑顔がチャーミングな人が条件だという。

しかし、芸能人でファンといえばチャン・ナラと語っており、理想はそれほど厳しくない様子である。しかし兵役任務の終了後には、上記の条件もすっかり変わり、今は「一つだけ未来の彼女に要求することは、自分の話をいつも真剣に聞いてくれる人」だそうだ。

性格

イトゥクは、『週刊アイドル』にてアイドルが選ぶカリスマリーダー1位と言われるくらいリーダーの素質が十分な兄貴的存在だ。有名な話では交通事故に遭った時、自分が傷を負っているのにもかかわらず、キュヒョンを先に救急車に乗せて面倒を見たという。

リーダーとして常に責任感を感じながらメンバーのことを考えるている、メンバー想いの性格。ある放送で「13人のリーダーとして相当なプレッシャーはあるし、アイドルグループの運命でもある解散という言葉の重荷を背負っている。仕事でも、愛でも永遠ということはあり得ないと思うが、SUPER JUNIORだけは永遠に守っていきたい」と語った。

1週間に2、3回も掃除を徹底的にする程の綺麗好き。マットレスカバーとピロケースは必ず1週間に1度は洗濯して、トイレは最低でも1週間に2回掃除する。掃除には相当なこだわりがあり、洗濯剤の種類や柔軟剤まで細かくチェックが入るそうだ。

リーダーだが小心者であったり、すぐに拗ねる可愛らしい面ある。

趣味

イトゥクの趣味は、ピアノや作詞作曲、音楽鑑賞、歌を歌うこと、サックスフォン演奏など多数あるが、1番の趣味は運動(筋力運動)だそうだ。初めはメンバーに見せつけたかった為に始めたが、今は自分の健康管理の一環として習慣になっている。

また仕事とファンが自分の趣味だとも語っている。仕事をしている時が一番楽しいし、ファンと会う前の緊張感や期待感なども非常に刺激になって良いとのことだ。

また香水を集めるのも好きなようで、特に愛用しているのが、シャネルの「Allure Sports」やジョーマロンの「ブラックベリーアンドベイ」だ。これらの香りは番組で隣の席に座る芸能人からも好評のようだ。

特技

イトゥクは、アイドルとしてだけでなくMCとしての能力を買われている。ある信頼できる先輩から歌手という職業は長く持続できる場合もあるが、出来ないケースも多いから今から何か歌以外に身につけておいた方が良いと助言を受けたことがきっかけだ。

それから積極的にイトゥクは、MCのノウハウを学ぶなど努力をした。途中、「自分は歌手なのにMCに行っても良いのか」などと悩んだ時期もあったが、今ではプロ意識も強くなり、MCとして業界で引っ張りだこだ。

実際「ドリームコンサート」では単独MC、「アジアソング・フェスティバル」2年連続MC、「ゴールデンディスク」2年連続MCを務めるなどイベントでも大活躍だ。

デビュー前の経歴

イトゥクは幼い頃、エキストラとしてドラマ『イブの全て』に出演。練習生の時期、デビューが遠のくたびに不安で苦しい時期を経験した。

その思いはイトゥクとドンヘがデビュー話が消えたことで強くなった。それは、東方神起に対抗する「スマイル」というグループが結成され、デビュー直前まで話しが進んでいたことに起因する。しかし、当時ワールドカップで国中が盛り上がっていた為、新人がデビューしても注目されないと判断された。デビューを延期され、挙げ句の果て取り消されてしまった。

デビュー前の芸名は「カンス」という別の名前だったが、結局この(=イ)世で特別(=トゥク)な人になれという願いを込められイトゥクとつけられた。

またデビュー前からイトゥクにはメンバー想いのところがあった。練習生の頃、カンインがデビューを控えてストレスで太ってしまった時期があったそうだ。関係者がカンインをメンバーから外そうとした時に、カンインと一緒に話し合いに行き、少し時間をくれるよう頼んだそうだ。

もしこの期間にカンインが痩せなければ自分もチームから抜けると言い、結局カンインは死に物狂いで努力して、2人一緒にデビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 靑雲大学校

周囲からの評判

あるトークショーに出演していたヒチョルのコメントによると、ヒチョルの少し冷たいイメージの為、人から誤解を受けることが多々あったが、その後始末をイトゥクがしたという。

リーダーとして挨拶一つも疎かににせず、会う人全員に親しみのある挨拶をする姿を見たメンバーがお手本として見習ったそうだ。もちろん、こうした姿はメンバー全員から尊敬されている。

MBC『ラジオスター』に出演した時、舞台に上がる直前にヒチョルとの掴み合いをしたことを公表した。普段からお互い仕事のやり方についての違いに鬱憤が溜まっており、それが爆発して控え室から廊下まで、そして警備員を巻き込んで取っ組み合いになったそうだ。しかし、イトゥクはリーダーらしく10年チームワークを保ってきた秘訣について、「お互いの相違点を認め合うことだ」とまとめた。

整形

リーダーのイトゥクも、過去に整形手術を受けたことが噂されている。ヒチョルのように本人が認めた訳でないので、憶測でしかないが、過去は団子鼻であったが、現在の顔を見るとプロテーゼを入れたのか鼻筋が通っている。

また目の二重もクッキリとなっており目元の印象も違う。Super Juniorの中でも、最も過去との顔が違うと言われることもあり、整形疑惑が絶えない。

公式サイト・SNS

SUPER JUNIORのYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

SUPER JUNIORのメンバー

関連するアーティストを見る