板尾創路

日本のお笑い芸人・コメディアン

板尾創路について

板尾創路(イタオイツジ)は、日本のお笑いタレント、俳優である。1963年7月18日生まれ。出身は大阪府富田林市である。血液型はA型。177cm。最終学歴は東大阪大学柏原高等学校である。NSC4期生。事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシーである。1985年から活動している。

同期は今田耕司、中山秀征など。お笑いコンビ130Rのボケ担当。シュールなネタで笑いを誘うスタイルが特徴。俳優としても活躍している。相方はほんこんである。

基本プロフィール

芸名 板尾創路 (Ituzu Itao)
本名 板尾 創路 (Ituzu Itao)
ニックネーム イッツジー
国籍 日本
性別 男性
身長 177cm
体重 62kg
血液型 A型
誕生日 1963年07月18日 (59歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ

130R

事務所 吉本興業ホールディングス株式会社
事務所入所年 1985

好きなタイプ

板尾創路は、芸人として軌道にのっていた1994年に、18才以下の少女と淫行が発覚した。

その後逮捕され、罰金30万円を支払い、活動自粛に追い込まれてしまった。

しかし少女は板尾創路に、「自分は18才以上である」と偽って関係を持っていたらしい。つまり、板尾創路は、少女が18才以下で、犯罪になると知らずに行為を行ってしまったことになる。

この事実を知った松本人志は、同情を示し、助けもあって、板尾創路は謹慎という処分にとどまり、芸能界を追放されることがなかった。板尾創路の好きなタイプは年下であろう。

性格

板尾創路の性格は、真面目でまっすぐな性格である。

お笑い芸人に自分はなりたいと強く思っていた板尾創路は、自分の家のケーキを持ってそのとき売れていた紳助・竜介の島田紳助の家に押しかけで弟子入りを志願した。

しかしこのとき紳助はすでに弟子を1人とっており断った。そして吉本の養成所NSCに入所することを進める。

のちにもし自分に弟子がいなかったら根性があったから弟子にしていたかもと島田紳助は語っている。

趣味

板尾創路の趣味は、バイク、乗馬などである。

好きな食べものは、カレーライス、長浜ラーメン、うどん、馬肉、ひょうたん漬け、マヨネーズなどである。好きなミュージシャンは、長渕剛、中島みゆきなど。

毎日大学ノートに手書きの日記を書いている。人の悪口を言うのが好きである。

いきつけのお店は「インディアンカレー丸の内店」。料理が出て来るのを待ちきれずにフランス料理店を出て、向かいにあった中華料理店で焼飯を食べた事がある。

妻がテーブルコーディネートを勉強している。

特技

板尾創路の特技、強みは、天然によって引き起こされるエピソードの数々である。

暖かいソバを半分くらい食べてから、 「オレ冷たいやつ頼んだよな?」と言った。テレビの12chを表示させるのに、1chから12chまで順送りする。千原ジュニアと木村祐一で百貨店の家具売り場を見ていたら、板尾創路が、知らないおばさんとダブルベッドを見ていた。

パイプ椅子に貼られていた「関係者席」の紙を背中につけたまま喫茶店へ行った。仲のいい後輩といても6時間平気で無言である。などがある。

デビュー前の経歴

板尾創路は、1963年7月18日生まれ。出身は大阪府富田林市である。実家はケーキ屋である。姉がいる。

「いつじ」は発音しにくいので母親には「いちろー」と呼ばれていた。子供の頃、女の子によく間違えられた。子供の頃、姉のおさがりの水着を着せられた。

自分が中心にはならず巡ってきたチャンスで一言で笑いを取る事を心掛けていた。小学2年生の時、クラスメイトの女の子に初恋した。

小学生時代、初めて父親にプロ野球観戦に連れて行って貰った時に何を勘違いしたのかグローブではなくバットを持って行った。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 北海道
高校 私立柏原高校

家族のエピソード・詳細

姉がいる。

周囲からの評判

板尾創路は、独特な発想には定評があり、『虎の門』のコーナー「しりとり竜王戦」で最多優勝数を誇るなど大喜利を得意とする。『ケータイ大喜利』では審査委員長の肩書きを持ち、『IPPONグランプリ』の第13回大会では初参戦ながらレジェンド扱いで千原ジュニアや博多大吉からは板尾創路と並んで大喜利に挑むことへの喜びと緊張を語った。

天然エピソードも多くあり、野球ゲームファミスタでコンピューター同士を対戦させ、観戦した。9時間の生番組で勝手に帰った。生放送番組で最後の締めを無言で終わった。などがある。

好きな食べ物

カレーライス、うどん

公式サイト・SNS

130Rのメンバー