長山藍子

長山藍子について

長山 藍子(ながやま あいこ、1941年(昭和16年)6月21日 - )は、日本の女優。中国内蒙古自治区フフホト市生まれ、静岡県三島市育ちで、5人兄弟の長女。身長159cm、体重50kg。日本新劇俳優協会理事[2]。夫は俳優の武正忠明(1997年結婚[2])。

基本プロフィール

芸名 長山藍子 (AikoNagayama)
本名 結婚後の本名は不明
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 cm
血液型 O型
誕生日 1941年06月21日 (78歳)
干支
星座 ふたご座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年

所属

レコード会社
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

1997年56歳の時に、16歳年下の「劇団朋友」の後輩である武正忠明さんと結婚されています、TBSの「大岡越前」や「水戸黄門」などにも

出演歴があるので知る人ぞ知る名俳優なのかもしれない。

舞台メインの役者だから公に知られてないだけで演技力はお墨付きかと。
1992年に舞台「華やかな女」で共演していますから、出会いは舞台の共演からのようです。

その時は挨拶程度で終わっているそうですが、長山藍子さんが武正忠明さんの出演する舞台を見たあと、一緒にお酒を飲んで意気投合したといいます。
毎年年末になると、富士山の見える河口湖の別荘で年越しそばを打って2人で食べるのが恒例だそうです。2017年6月26日に放送されたテレビ番組「徹子の部屋」に、長山藍子さんと夫の武正忠明さんがそろって出演されています。夫婦そろってテレビ番組のトークショーに出るのは初めてだそうです。

結婚20周年ということで、結婚当時は年下婚のハシリだと言われて話題となりました。番組では、2人の出会いや、お互いの思いなどを赤裸々に語っていました。

性格

とても優しい性格で面倒見が良い。坂上忍がが子役として活動していた頃のエピソードは有名である。1970年代当時、周囲は子役に厳しく、稽古の時でさえも、台本を持たせてもらえなかった。そのため子役はセリフを全部暗記して、現場に臨まなくてはならなかった。そんな厳しい環境だったが当時9歳だった坂上には、親やマネージャーの同伴はなく、いつも孤独な現場を過ごしていた。そんな坂上を気遣い、優しく声をかけたのが、長山だった。坂上は、当時親から、交通費と予備の100円しかもらっておらず、何も注文することができずに休憩時間は一人で廊下に座っていると、長山さんだけが気づき、注文していたラーメンと餃子を、坂上さんに分け与えた。

坂上は今でも、長山さんの優しさが忘れらないということをテレビ番組で話したことがありその番組内で再開を果たしている。

趣味

・モノをじっと観察するのが好き。

 セミの脱皮、クモの巣作りなどを最初から最後まで見た事がある。
そばちょこを多数持っている。

・自宅の畑でみょうがなどを栽培
河口湖の別荘に行くと自然や昆虫を写真やビデオに撮り近所で山菜を採る。

特技

低血圧なことから健康法に詳しい。取り入れているのはフルーツ&ヨーグルト。ウォーキング。朝食をしっかり食べる。

・お米を炭で炊く。

・全国各地から食材を取り寄せる。

・自家製の梅酒を作る。
から1981年までは『クイズダービー』に5代目2枠レギュラー解答者としても出演した。山崎浩子と並ぶ歴代4位の20連敗を記録したものの、正答率は2割9分9厘、平均2勝6敗 - 3勝5敗ペースとまずまずの成績を残している。

デビュー前の経歴

通信社の記者として父親が赴任していた中国・内蒙古フフホト市で生まれ、幼児期を東北部の新京(現:長春)で過ごした[4]。4歳のとき現地で終戦を迎え、父親と離れてしまい、母・弟とともに引き揚げて、東京に住む[4]。

成蹊小学校・中学校、静岡県立三島北高等学校卒業。小・中学校の同級生に俳優の東野英心がいた。

父親の影響で俳優を目指し、小・中学校時代から演劇部に所属[2]。三島北高等学校卒業後[2]、俳優座養成所に12期生として入所する[注 1]。

1963年に卒業すると同時に劇団新人会に参加した。1970年には前田昌明、山本學らと第二次劇団新人会を発足した(1994年に朋友と改名)。1999年、文化庁芸術祭演劇部門大賞受賞。2007年9月に劇団朋友を退団。 テレビドラマでは『女と味噌汁』シリーズや『渡る世間は鬼ばかり』など、TBS制作のホームドラマ・石井ふく子プロデュース作品に数多く出演した。特に1990年からの『渡る世間』シリーズでの野田弥生役は広く知られており、20数年演じたキャラクターである

出身・家族・学歴

兄弟 妹と弟
出生国 中国
出生地域
高校 三島北高校
大学

家族のエピソード・詳細

解散・引退について

2019年7月現在引退に関する情報はない

周囲からの評判

坂上忍を幼少時から親子役で共演していたことがきっかけでとても可愛がっていた。坂上からは現在も「母さん」と呼び慕われている。

整形

整形に関する情報はない

好きな食べ物

そば(夫が打ってくれる)。白身魚のこぶじめ。納豆。

 ハチミツ(弟が趣味で作っているのを送ってくれる)。

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

長山藍子の楽曲

すべての楽曲を見る

出演映画・ドラマ