チ・スウォン

韓国の俳優・韓流スター

チ・スウォンについて

1988年に演劇俳優として、1991年にはKBS13期公開採用タレントで選ばれデビューした。映画での初主演作品は1993年の『トゥ・カップス』。以降『愛するいい日』『ピアノがある冬』『トゥ・カップス2』などに出演している。

ドラマでは1994年『映画作り』でデビュー。以後『COLORカラー-ブルージャズに近いブルー』『会いたい顔』『マイラブパッチ』『百万本のバラ』『妻の復讐-騙されて棄てられて-』『波瀾万丈嫁バトル』『ハッピー・レストラン~家和萬事成~』『黄金のポケット』などに出演、現在も活発に活動している。

1994年百想芸術大賞映画部門女性新人演技賞、2006年MBC演技大賞TV部門演技賞の受賞歴がある。

基本プロフィール

芸名 チ・スウォン (Ji Suwon)
本名 チ・スウォン (Ji Suwon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 170cm
体重 48kg
誕生日 1967年06月18日 (53歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 FEエンターテインメント
デビュー年 1989

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チ・スウォンは、2004年KBSドラマ『百万本のバラ』で共演した俳優キム・スンスと交際した。当時結婚まで考えたのだが、キム・スンスの演劇『カルマン』に出演してから、心理的な圧迫や演技練習の疲れなどの理由で会える時間が少なくなり、2年の交際期間の後別れた。

一般人・不明・該当なし

チ・スウォンは、2006年から2年交際してきた年下の建設関係の一般人事業家と結婚した。「結婚のことはあまり知らせず、親戚と知人だけ集まって静かに結婚したい」と話した。

好きなタイプ

チ・スウォンの好きなタイプは、元気な精神と性格に余裕がある男性。ある程度の経済力があり、かっこいい人よりは魅力的でユーモアのある男性が好きだという。

性格

チ・スウォンはインタビューで自分の性格を「世間知らずでやんちゃだ」と表現した。長女ではあるが二人の妹との年はかなり離れており、一人っ子であるかのように育ったのだという。甘えることが多く子供のような面も多いのだそう。

また、チ・スウォンは「今まで親から離れたこともなく、家庭の雰囲気も保守的な方だから、独立する機会もありませんでした。普段は自分の感情を積極的に出す方です。笑ったり悲しそうにしたりすると周りからはオーバーだと言われます」と話す。

趣味

ビデオ鑑賞、ペットとの散歩

特技

絵を描くこと

デビュー前の経歴

チ・スウォンは1988年、演劇俳優でデビューした。1989年モデル活動を始めた後、ドラマにも出演する。「その時期は俳優の道を歩むことに対して自分でも混乱している状態だったし、決定もなかなかできなかった」と語る。

その後、1991年にKBS公開採用に選ばれ「俳優業について真剣に考えるようになったのは映画『トゥーカップス』の撮影後です。演技に魅力を感じて俳優業を目指すようになりました」とデビューまでの道をインタビューにて答えた。

出身・家族・学歴

兄弟 妹2
大学 嘉泉大學校大学 校衣装学科

周囲からの評判

俳優ハ・ヒラは「チ・スウォンとは家族みたいに過ごしています。一日数十回電話もするし、メールもします」と話した。また「お互いの色は違いますが、純粋で仕事熱心。人生の目指す方向も一緒なので人生相談をたくさんしています」とも話す。

ドラマ『いる時に尽くして』ではチ・スウォンに悪役のキャスティング提案が来た際「(先に出演が決まっていた)ハ・ヒラが出演するから」と即出演を決めたという。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る