チョン・ドンファン

韓国の俳優・韓流スター

チョン・ドンファンについて

チョン・ドンファンは1968年、演劇俳優としてデビュー、1969年にはミュージカルに初出演。1973年KBS特別採用で入社をし、1982年『晩秋』で映画界にデビューした。『ブルーハート』『世界の香り』『二人の女話』『拍手する時に去れ』『セブンデイズ』『君を忘れないよ』『メフィスト』などの出演作品がある。

他にも、1981年のドラマ『約束の土地』を始め『3姉妹』『草原に浮かぶ星』『それは私たちもしれない』『妖婦 張禧嬪』『カラー(グレー:灰色が美しい理由)』『プロポーズ』『Loving you』『冬のソナタ』『不滅の李舜臣』『大王世宗(テワンセジョン)』『グッバイ ミスターブラック』など多数の作品に出演。

1965年演劇コンテスト最優秀賞、1979年百想芸術大賞TV部門男性新人演技賞、1993年百想芸術大賞演劇部門男子最優秀演技賞などの受賞歴がある。

基本プロフィール

芸名 チョン・ドンファン (Jeong Donghwan)
本名 チョン・ドンファン (Jeong Donghwan)
国籍 韓国
性別 男性
血液型 A型
誕生日 1949年08月05日 (71歳)
干支
星座 しし座

所属

デビュー年 1969

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・ドンファンはアメリカ留学時、知人の紹介をきっかけに9歳年下の歌手兼俳優チョン・ユンソンと知り合い1986年に結婚。チョン・ドンファンは40歳を超えてから男の子を授かる。

性格

チョン・ドンファンはドラマ、映画俳優として有名であるが、芯となる部分は演劇俳優であり、演劇に熱意をもっている。7時間もある作品に挑戦したときは、4役を演じて7時間の内5時間以上も舞台に立ったという。その当時彼の年齢は67歳。

本人は子供たちに優しい父親でありたいと願いながらも「強要はしないつもりだが子供たちを傷つけることがあるかも知れない。基本的に平和主義だが刺激を与えるつもりで指摘することもある」とインタビューで語った。

妻はバラエティー番組に出演した際「家ではずっと喋ってるし愛情表現やスキンシップも多い主人だ」と話した。遅く生まれた息子のために家の屋根を紙飛行機の形にしたり、2階の一部に橋を作ったりもしたのだそう。

趣味

孫の育児、舞台鑑賞

特技

ウインドサーフィン

デビュー前の経歴

チョン・ドンファンは経済的に恵まれない家庭の次男として誕生。母親は学費がかからない神学校への進学を願ったが失敗。その後、受験勉強のため図書館に行く途中、偶然演劇部の公演を見たことをきっかけに中東高等学校の受験を決意した。

中東高等学校に進学して演劇部に入部。1年時から舞台に出演した。同年出演した『日の出』で、全国男女演劇コンテスト最優秀演技賞を受賞。その後、ソウル芸術大学に奨学金を受け進学した。

在学中の1969年に『見知らぬ男』で舞台デビュー。ベトナム戦争にも従軍した経験を持つ。卒業後の1973年、第6期声優に選ばれてTBCに入社するが、演劇との両立に悩んで1年で退職する。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1
高校 中東高等学校
大学 ソウル藝術大學校

周囲からの評判

演劇『ゴゴンのプレゼント』の脚本家は「4役もこなし7時間の演技のなか、一人で5時間以上舞台に立つ人はチョン・ドンファンしかいないと思って最初から彼に決めて作品構成をした」という。講演後、欠点がない作品と高い評価を受けている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る