グンミ

CRAYON POP K-POP・韓国のアイドル

グンミについて

グンミは2012年にCRAYON POPとしてデビューする。メンバーカラーは青で、その為衣装に青色が施されている事が多い。2013年5月に発表した「パパパ」のダンスが注目され人気曲となり、K-POP界に旋風を起こした。

歌手活動の他にも俳優業も行っており、ウェブドラマ『6人部屋』で主演を務め、KBSドラマ『ムクゲの花が咲きました』にも出演した。演技に対する意欲を強く抱いていた為、現在はソン・ボラムとして俳優業に転身している。

基本プロフィール

芸名 グンミ (Geum Mi)
本名 ペク・ボラム (Baek Boram)
国籍 韓国
性別 女性
身長 165cm
体重 49kg
血液型 B型
誕生日 1988年06月18日 (32歳)
干支
星座 ふたご座

所属

参加グループ

CRAYON POP

事務所 Chromeエンターテインメント

好きなタイプ

グンミの好みのタイプは、「口数少なく、背が高くて、頼りになる男性」である。

性格

グンミは、公式リーダーが存在しないグループであったCRAYON POPの中で1番年上であった為、メンバーを引っ張てくれる頼りになる存在であった。年上としての強い責任感を持って行動し、他のメンバーもグンミをリーダーだと思って行動していた。

メンタルが強く、体も強くて力持ち。社交性で活発的な性格で冒険心も強く、なんでも自分で体験しないと気が済まない性分である。

趣味

グンミの趣味は、ショッピング、音楽聞きながら歩く事である。

特技

グンミは、家事、運動が得意である。

デビュー前の経歴

グンミは、歌手を目指し21歳の時にオーディションを受けようとしたが、当時父親が脳出血で入院してしまい、家計を支える為に皮膚科で働いていた。

父親の看病と祖母の介護をしながらダンススクールに通い続けていた。父親が意識を取り戻し、晴れてオーディションを受ける事ができ、デビューすることが出来た。

出身・家族・学歴

高校 サンイル女子高校
大学 信韓大學校

周囲からの評判

グンミは、鈍感な所がありバラエティー番組内で肋骨骨折が見付かった事がある。その骨折は治っていく段階であったが、本人は全然気付いていなかったようで、ダンスでジャンプをする時に呼吸が出来なかった事があると言って周りを驚かせた。

グンミは小顔で目が大きく、ファンからも実物がテレビで見るより美しくて驚いたと評される事が多い。メンバーのソユルは、「会社に入ったら顔の半分が目な人がいた」とグンミの目の大きさを話した。

整形

グンミは目が大きく美しい為、目を整形したのではという噂がある。

公式サイト・SNS

CRAYON POPのYouTube Channel

CRAYON POPのメンバー

関連するアーティストを見る