チュ・ジョンヒョク

韓国の俳優・韓流スター 韓国の歌手

チュ・ジョンヒョクについて

2005年、ボーカルグループPARANのメンバーでリーダーとしてデビューを果たし、「ライアン」という芸名で活動していた。

歌手活動の他に、ドラマ『レインボーロマンス』『アイ・アム・セム~I am Sam~』『ハロー!お嬢さん』などに出演。ソロ活動も行った。

2008年、本名であるチュ・ジョンヒョクとして、初ミュージカル『楽しい人生』に挑戦した。2011年に軍へ入隊し2013年の除隊後は、演技を中心とした活動を行っている。ミュージカル『愛は雨に乗って』『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』『アガサ』『シラノ』などの舞台に立つ。

2015年には、8年ぶりに『優しくない女たち』でドラマにも出演した。

基本プロフィール

芸名 チュ・ジョンヒョク (Joo Jong-hyuk)
本名 チュ・ジョンヒョク (Joo Jong-hyuk)
国籍 韓国
性別 男性
身長 181cm
体重 67kg
血液型 A型
誕生日 1983年10月19日 (36歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 ヨルムエンターテイメント

好きなタイプ

チュ・ジョンヒョクは好きな女性のタイプについて次のように語っている。
「僕より自分自身を愛する人がいい。自分自身を愛する人はつまらない失敗もしないし、その人を信じることが出来るから。それに、自分自身を愛することが出来る人は、他人を愛することも出来るから」

性格

チュ・ジョンヒョクは俳優に転向した後も「元PARAN」「アイドル出身」と前置きがつくことについて、「ありがたいことだ。それ以上の表現はない」と謙虚に受け止めている。

インタビューでは「初めてミュージカルをした時は、何も分からず、ただやりたい気持ちだけでやった。以前は50回の公演のうち、満足のいく公演はほんの数回だった。ミュージカルを始めて10年経って、打率は上がったように思う。観客が多くても少なくても、毎日最後の公演だと思って取り組むようにしている」とも述べ、誠実に舞台に向き合う姿勢を見せた。

また、「自分は練習期間を置かずにデビューした。準備期間がないと限界にぶつかるものだが、自分もやはり限界にぶつかった。20代は色々な挑戦をさせてもらった。30代は演技を極めて、俳優として認められるよう努力していくつもりだ」と今後の目標を前向きに語った。このように、インタビューにも彼の謙虚さと真面目さが窺える。

趣味

チュ・ジョンヒョクの趣味は、ドライブ、読書、スポーツである。

特技

チュ・ジョンヒョクの特技として、趣味と同じくスポーツを挙げている。所謂、運動神経抜群なのだ。

デビュー前の経歴

チュ・ジョンヒョクは、デビュー前は大学で演出を学び、テレビ局のプロデューサーかアナウンサーになりたいと思っていたが、知人の紹介で歌手としてデビューすることになった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 中央大学演劇映画科卒業、中央大学芸術大学院公演映像学修士課程

整形

チュ・ジョンヒョクに整形の噂はなし。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る