キム・ヨンチャン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ヨンチャンについて

2001年、映画『ベサメムーチョ』でデビュー。2004年のドラマ『パリの恋人』でテヨン(キム・ジョンウン演)のおませな甥っ子カン・ゴンを演じ、視聴者の人気を集め、SBS演技大賞子役賞を受賞した。

『太祖王建』『ピアノ』『王の女』『愛していると言って』『ファッション70s』『愛には奇跡が必要』など多くの作品に出演した。映画では『11番目のお母さん』でキム・ヘスと共演。2008年には『少年監督』で単独主演したが、現在は演技活動を中止している。

基本プロフィール

芸名 キム・ヨンチャン (Kim Young-chan)
本名 キム・ヨンチャン (Kim Young-chan)
国籍 韓国
性別 男性
身長 0cm
体重 0kg
誕生日 1994年09月27日 (26歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 なし

性格

2008年のインタビューでキム・ヨンチャンは「複数の事務所から移籍のオファーがあったが、全て断った」と明らかにした。

「理由は学業か」と聞かれると「勉強はそんなに好きではない。毎晩友だちと集まってバスケやバドミントンをして遊ぶことのできる毎日が楽しいから」と答えた。

将来的な計画については「しっかり演技をしてみたいという気持ちもある。だが、もう少し背が伸びてから、また挑戦したい」と述べた。「社会生活を早く始めるのは、必ずしもいいことではない気がする」と、活躍の裏にある苦労が推測されるような発言もしていた。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 養正高等学校
大学 不明

周囲からの評判

映画『少年監督』のオーディションでは、監督はもちろん、全スタッフが満場一致でキム・ヨンチャンを選んだ。

映画『最後の約束』で継母を演じたキム・ヘスは「非常に演技がうまい。それも、加工された大人の演技ではなく、本当に心で感じたとおりに純粋に演じている。その姿を見て、知らず知らずのうちに、私も助けられた」と感想を述べている。

同作品のキム・ジンソン監督は「感受性が鋭く、暴力シーンなど激しいシーンが予定されている場合、前日から顔色が悪くなり、撮影直前には目が涙でうるんでいる。一度感情移入すると、12時間はそこから抜け出せないでいる。そんな姿を見ていると、体は子供でもプロの俳優としか思えない」と褒めたたえた。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る