キム・ヨンジェ

韓国の俳優・韓流スター

キム・ヨンジェについて

2001年のデビュー後、映画『シングルス』『スパイダー・フォレスト 懺悔』などでは端役を経験。2005年チョン・ジウ監督の『親知らず』で、キム・ジョンウン演じる主人公の男友達を独特の存在感で演じ、注目を浴びた。

主な出演作に、映画『シークレット・サンシャイン』『ワンドゥギ』『戦場のメロディ』、ドラマ『このろくでなしの愛』『魔王』『マイ・スウィート・ソウル』『キレイな男』『最高です!スンシンちゃん』などがある。

基本プロフィール

芸名 キム・ヨンジェ (Kim Young-jae)
本名 キム・ヨンジェ (Kim Young-jae)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 64kg
血液型 A型
誕生日 1975年10月05日 (44歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 ULエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ヨンジェは2010年、4歳年下の某企業で映画マーケティングを担当しているヤン・ユンソンと結婚した。知人の紹介で出会い、2年の交際を経て愛を実らせた。

結婚式の司会は、俳優キム・ヒョンボムが務め、チョン・ドヨン、シン・ハギュン、チョ・ユミら、歴代の共演者や関係者が多数出席した。

性格

キム・ヨンジェは大学での専攻は演技ではなかったため、たくさんの短編映画に出演し、経験を積んだ。演技の先生からの「いい俳優になるには、多くを見て感じることが必要だ」という言葉に従って、安東から釜山、海南を経由して甫吉島まで旅行したこともある。

演技に真摯に向き合い、一歩一歩努力を重ねてきた。特別ハンサムでも、強い個性があるわけでもないことを悩んだ時期もあったが、監督や俳優仲間に「それがお前の魅力だ。悪人も善人も、近所のお兄さんにもなれる。むしろ多様なキャラクターを演じることができる強みだ」と励まされたという。

その言葉どおり、多様な役柄で映画でもテレビドラマでも存在感を増しているが、今は「華やかでかっこいい役柄ではなく、日常を表現できる俳優になるのが目標だ」と語っている。

特技

ゲーム

デビュー前の経歴

キム・ヨンジェは高校時代に、ビデオデッキを使って映画を編集し、学園祭で放映したことがある。その作業が本当に面白いと感じたそうだ。

映画はそれなりに好きだったが、除隊後、映画『シュリ』を見たとき「僕ならあそこはこうするのにな」などど考えている自分に気づいたという。そのときから、演技の道を考え始め、サークルで演技を少しずつ学び始めた。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 中央大学新聞放送科

周囲からの評判

映画『善惡の刃』で共演した女優イ・ジョンウンとは、大学で演劇をしていたときから縁がある。彼女は、キム・ヨンジェが「演技をやめようか」と悩んでいた20代のころに、やめないようと励ましてくれた恩人でもある。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る