キム・ミンソク

韓国の俳優・韓流スター

キム・ミンソクについて

元々は歌手志望であったキム・ミンソクは、2011年、オーディション番組『SUPER STAR K3』に参加した。翌2012年『美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート』で俳優デビュー。その後、ウェブドラマ『後遺症』『恋するジェネレーション(Who Are You 学校2015)』を経て、2016年『太陽の末裔』で注目される。

以降『ドクターズ~恋する気持ち』『被告人』『青春時代2』『この人生は初めてなので』など注目の作品に出演している。また『人気歌謡』ではMCを務め『覆面歌王』『ジャングルの法則』などの歌番組やバラエティ番組にも出演。マルチに活躍している俳優である。

2016年SBS演技大賞のニュースター賞、2017年百想芸術大賞のTV部門新人演技賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 キム・ミンソク (Kim Min-seok)
本名 キム・ミンソク (Kim Min-seok)
国籍 韓国
性別 男性
身長 175cm
体重 58kg
血液型 B型
誕生日 1990年01月24日 (30歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 ウリムエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2017年5月、キム・ミンソクは女優オ・ヨンソと江南の映画館でデートしている姿を報道された。しかし、オ・ヨンソの事務所は「キム・ミンソクとは親交がない。その日は地方でスケジュールをこなしていた」と否定。キム・ミンソク側も同様に否定した。

好きなタイプ

2016年SBSバラエティー番組『花見劫』にて、歌手のジョンヨンのことを「本当にきれいで、すらりとしてます。理想の体型です。」と述べ、注目を集めたことがある。

性格

キム・ミンソクは好き嫌いがはっきりしていて「正しいことは正しい、ダメなものはダメだ」と率直に言う性格のようだ。最初は人見知りするが2、3回会えばたくさん話をしたり、ふざけたりするようになるという。子供のころはやんちゃだったらしく、ケンカが原因で鼻の骨が曲がっている。

祖母曰く「お小遣いをあげても使わないので、キャッシュカードをあげた。たびたび里帰りして顔を見せている」という暖かい心の持ち主。

『被告人』で共演した子役シン・リナとも仲良しで、インスタグラムに仲睦まじいツーショットを載せている。同作出演時は体重が3、4kg落ちるほど精神的にきつかったようだが「ひと皮むけた気がする。今後もいろんな作品に挑戦していきたい」と、演技に対する意欲を燃やしている。

2017年「BizEnter」のインタビューでは、「ドラマでは明るいキャラクターを演じていますが、実際はそんなに愉快な人ではないです。 プライベートの自分は、いらだちも多く、気分屋なところが多いです。」と話している。

趣味

キム・ミンソクは運動が好きで「サンドバッグを1時間ほど叩くとストレスが消える」と話している。オフの日は、スクーターで飛び回ったり、犬を連れて散歩に出かけたりすることが多い。

特技

釜山の刺身店で働いていたキム・ミンソクには、調理師として5年の勤務経験がある。韓国料理、日本料理、洋食の調理師免許を持っている。『太陽の末裔』の最終オーディションでは、スタッフや出演者に寿司をふるまった。

デビュー前の経歴

ミンソクは、もともと料理店の厨房補助として働いており、日本食、韓国食、洋食の調理師免許を取得するほどの腕前であったが、昔からの夢であった俳優を目指し、事務所に所属することになる。ソウルに上京するとき「二度と包丁は握るまい」と決意し、愛用していた包丁を同僚に譲った。

ソウルに来てからは、ウェイター、バイク便などで生計を立て、バイクを走らせながら大声でセリフの練習をした。下積み時代も長く、所属事務所との相性も合わないなど障害も多かったが、粘り強くチャンスを待ち、2012年にtvNドラマ『美男バンド~キミに届けるピュアビート』で、爽やかな印象の演技を見せ、一躍人気俳優の仲間入りを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
高校 不明
大学 グローバルサイバー大学・放送芸能科

家族のエピソード・詳細

小さなころから祖母と二人で暮らしてきた。なかなか仕事が安定せず心配をかけてきたが、キム・ミンソクが『芸能界中継』に出演したのを見て祖母は安心したという。

周囲からの評判

キム・ミンソクは『太陽の末裔』で共演したソン・ジュンギから冷蔵庫を、ソン・ヘギョからは洗濯機をそれぞれプレゼントされた。

撮影時、ソン・ジュンギとチン・グを相手に暴れる演技をしなければならなかったが、ソン・ジュンギに「好きにやれ」と言われて、のびのびと演技することができた。

『被告人』で共演したチソンには、撮影の合間に焼酎をおごってもらったり、相談に乗ってもらったりした。チソンが、シーンの雰囲気に合わせて音楽を聞くのを見て、自分も真似して役柄に合わせた音楽を聴くようになったという。

「芸能界で頼りになる先輩は誰か」と問われた際、キム・ミンソクはデビュー作で共演したイ・ミンギの名を上げた。共演して以来、直接的にも精神的にもたくさん助けてもらっているという。

同じドラマで共演したアイドルグループINFINITEのエルとは、ずっと親交があり、今の所属事務所ウリムエンターテインメントに誘ってくれたのもエルだった。

バラエティ番組『イケメンブロマンス』でも仲の良い姿を披露しているが、苦しい時代には、ご飯をおごってくれたり、服を買ってもらったりしたこともある。デビューして間もないころは二人で屋台に行ったこともあるという。

2017年「BizEnter」インタビューでは共演した子役のシン・リンアとの舞台裏について語っており、「僕は、ドラマの中では、極力相手に感情移入しないようにするが、シン・リンアだけは、愛着をもってしまった。だからお互い撮影が終わっても忘れないように記念にプリクラを撮りました。」と二人の絆について回想した。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る